【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ
2012年03月05日 (月) | 編集 |
「お風呂~」っと嬉しそうに侵入した"こうめ"。
蓋の上が暖かいのか……蓋の上をウロウロして。。。

 ume@20120305furo01.jpg

蓋の上でゴロゴロしてしまいました。
「早く蓋を開けて~!」

 ume@20120305furo02.jpg

お風呂でウロウロしてもゴロゴロしても良いけど、落ちないようになあ~。

 ume@20120305furo03.jpg
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【医療】医療ミス・医療訴訟 #00-01(序)
2012年03月05日 (月) | 編集 |
以前、奈良県で起きた妊婦転送死亡の賠償訴訟の遺族の請求棄却の報道を見て思ったことを書いた【注①】のですが、その後に知人と話をしていて「医療ミスや医療訴訟について、まとめて書いて……」と話がありました。
色々と書くことがあるので、すぐには無理……と言っていましたし、それ以上に立場によって色々な思いがあると思い、気分を害される方もいるだろうと思いますので、あれ以上は書きたくないというのが本音でした。
その後、医療制度【注②】や医療崩壊【注③】の項を書きました。
そんな中、複数の知人から「医療訴訟は、このままの方向で進んで大丈夫なんだろうか?」という話をされ、色々と話をする機会がありました。
ここから書くのは、それを整理したものですので、別項で書いたものと重複する部分があると思います。

この話については、
 ・医療は不確実性を内包したもの
 ・医療は個人のものであると同時に社会全体のもの
という立場で書きます。
これは特別な視点ではなく、本来は当たり前のことなのですが、各々の立場によっては気分を害されることがあると思いますので、それを前提に読んでいただけば……と思います(気分を害すると思う方は読まない方が良いと思います)。


以前【注①】で参照している項を書いた時と同じなのですが、立場によっては「かなり冷たい」ことを書きます。
それは、別項で書いたこと【注④】を前提としているからで、単純化すれば「誰も他人のことを理解できる者はいない」ということで、そういう内容のこと(あなたには私の気持ちはわからない等)を口にすること自体が「他人のことを考えていないからできること」だということです。

では、読まれる方は次回以降、そういう前提で読んでください。。。

(続く)

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】医療訴訟をみていて思うこと
【注②】
 ※参考:【医療】医療制度
【注③】
 ※参考:【医療】医療崩壊 #02-01
 ※参考:【医療】医療崩壊 #02-02
 ※参考:【医療】医療崩壊 #02-03
 ※参考:【医療】医療崩壊 #03-01
 ※参考:【医療】医療崩壊 #03-02
【注④】
 ※参考:【社会】卑怯な論理
 ※参考:【社会】感情論
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記