【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ
2012年05月05日 (土) | 編集 |
ガサゴソ……音がすると思うと案の定"こうめ"がココにいました。
最近、"まーふぃー"に取られることがあるコレ(何という物か分かりません)。
"まーふぃー"が顔を入れてみたり(身体は入りませんから)、振り回してみたり。。。

で、取られないように抑え込み。

 ume@20120505bokuno01.jpg

視線の先には"まーふぃー"が。。。
で、"こうめ"は……。

 ume@20120505bokuno02.jpg

ちょっと移動して、上に乗って「ぼくのだよ~」。
しばらく"こうめ"と"まーふぃー"の睨み合いが続きます。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】東京都の尖閣購入
2012年05月05日 (土) | 編集 |
発表から時間が過ぎましたが、石原都知事は「よく言った!」と嬉しく思います。
色々なマスメディアで言われるように、普通に考えれば、確かに東京都の財源で購入すべきものではないのかもしれません。
あくまでも国境の問題と密接に関係することなのですから、国が対応すべきことであるというのは正論です。
また、ここ数年の情勢を考えれば、国は早急に対応すべきでしょう。
しかし何もしないどころか、弱腰で相手に譲ってばかりで国益を損なっているのが民主党政権です。

この状況を打破するには……と考えると、東京都の購入以外に方法はないのでしょう。
他の自治体は、基本的に地方交付税を貰っているので、国が「イヤ!」ということには抵抗できません。
抵抗できても、どこかで弱腰になってしまい、条件付きになるかもしれませんし、押し切られてしまうでしょう。
対して東京都は、交付税をもらっていませんから、国に対して強い態度で対応できます。

また東京都を支えているのは、地方から出てきた人だったりモノだったりします(電気もそうでしたし……)。
その地方を支えるための出費と考えても良いのかもしれません。
一方で、東京都を首都としていることから、東京都へ流入する財は多大なものでしょう。
それは全国一律の税率で……では、公平ではないとも言えます。
そういう視点からすると、東京都には別の形での支出はあっても良いのかもしれません。

まあ、現実的なことを考えると財源的には国を除けば東京都しかないでしょう。

そもそも領土なしには国は存在できないのですから、領土を守ることは国を守ることの第一条件と言っても過言ではありません。
一体、国は何をしていることやら……。
テーマ:お知らせ
ジャンル:ブログ