【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ
2012年06月07日 (木) | 編集 |
"まーふぃー"の散歩から帰ると、チリチリチリ……と鈴の音をさせて颯爽と玄関に出てくる"こうめ"。
毎日、「おかえり~」と"まーふぃー"をお出迎えします。

 ume@20120607genkan01.jpg

そして……。

 ume@20120607genkan02.jpg

ゴローン。

毎度毎度のお決まりごとですが、どういう意味なのでしょう。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【Risk Management】#25_Risk Managementの段階
2012年06月07日 (木) | 編集 |
気が付いている方はいるでしょうが……ここで書いているRisk Managementは、広義のRisk Managementです。

Risk Managementは、3つの段階に分けることができます。
その第2段階が狭義のRisk Managementです。

広義のRisk Managementを考える上で段階を追っていくと……。
【第1段階】
 ・リスク・アセスメント(Risk Assessment
 ・最初にするべきことは、リスクを評価することです。
 ・この段階では、ハザードや危険性、発生確率などを科学的に分析します。
【第2段階】
 ・リスク・マネージメント(Risk Management
 ・これが狭義のRisk Managementで、第1段階のリスク・アセスメントに対して対応していく段階です。
 ・具体的には、
   →どうすればハザードを小さくでるのか?
   →ハザードの危険性を小さくできないか?
   →発生確率を小さくできないか?
  などを考えていきます。
 ・また、そのための基準を形成し、実行します。
【第3段階】
 ・リスク・コミュニケーション(Risk Communication
 ・リスクが「確率」である以上、発生するかどうかは不明ですし、感情的にリスクを大きく見積もってしまうことがありますので、このリスクを正しく理解してもらう必要があります。
 ・これが第3段階です。

広義のRisk Managementは、この段階を行ったり来たりしながら実施します。

(続く)

 Risk Management(S)
 (この絵については、こちら
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記