【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー
2012年06月09日 (土) | 編集 |
どうでも良いようなことですが……。
その体勢は大丈夫か???"まーふぃー"。

 mfy@20120609agonose01.jpg

ちょっと顎が上がりすぎてないかい???
ちょっと疲れないかい???


 mfy@20120609agonose02.jpg

そう思うのですが、"まーふぃー"は大丈夫そう。
こういう体勢でもワンコって大丈夫なんだと思いました(このままスヤスヤと眠りに入ってしまいました)。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】倫理
2012年06月09日 (土) | 編集 |
人間の倫理はアテにならない例は、戦争を考えるまでもなく幾つもありますが、これを実験で証明しようとした人がいます。
名前をスタンリー・ミルグラム(Stanley Milgram)と言い、アメリカの心理学者です。
この実験をミルグラム実験と言います(俗称としてアイヒマン実験(アイヒマンテスト)と言うこともあるようです)。
この実験は人間の行動原理を調べた実験です。

実験の内容ですが、
 (1).被験者の前にはスイッチがあり、それを押すと壁の向こう側にいる人に電気が流れる仕掛けになっている。
 (2).スイッチは1回押すごとに電圧が上がる。
 (3).この状態で被験者に大切な実験であると知らせ、壁の向こうの人がクイズに間違えたら罰として電気を流すよう指示を出す。
というものです。

しかしながら実際には電気は流れおらず、苦しんで演技をして声や音を出しているだけです。
この実験の主旨は「どのタイミングでスイッチを押すのを止めるか」でしたが、死の危険があると警告された電圧まで上がっても2/3の人はスイッチを押すのを止めませんでした。
つまり人は「その場の雰囲気に行動を支配され、例え相手に死の危険があってもそこから逃れることはできない」と言うことを証明したものとされています。
これから考えると、人の倫理観(感)は何か(悪いこと)をする場合のブレーキにはならないことがわかります。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記