【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー
2012年07月01日 (日) | 編集 |
暖かくなって来ているのですが、それでも引っ付きたいのが、"まーふぃー"。
今日も顔を見るとダッシュして抱っこをねだります。
そして……。

 mfy@20120701dakko01.jpg

この写真だと、まあ……それなりなのですが、全身を見てみるとこんな格好です。

 mfy@20120701dakko02.jpg

本気で犬であることを忘れているとしか思えません。
大丈夫か???"まーふぃー"。。。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #02-17(マニフェストと政権交代)
2012年07月01日 (日) | 編集 |
またも政界が騒がしい。
そもそも民主党が、寄せ集め集団であることを考えれば当たり前なのでしょうが、あまりにも騒動が多すぎます。
騒動の先端に立っているのは、やはり小沢氏
グループを引き連れて離党の構えを取っています。【注①】
発端は、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案
口だけの民主党にすれば、ここまで貫いてみせるのは何か裏がありそうと感じるのは、私だけでしょうか???
国民との契約であるマニフェストは貫かず、マニフェストに書いてないことを貫く……。
理解できません。
その意味では、小沢氏の主張は間違っていないように思いますが、この人のこれまでの動きから考えると純粋に「国民との契約」を考えているようには思えません。

小沢民主党元代表
・今の事態を解決する妙案は互いにまだ見つかっていない。私自身も多くの同志に一切を任されている立場なので、週明けの月曜日には、結論を出さなくてはならない。
輿石幹事長
・結論は週明けまで持ち越した。
【注①】


だいたいにおいて、「週明け、月曜日には結論を出さなければならない」と問題を先送りにしていることが分かりません。
主義主張によるのであれば、先送りにできる話ではありません。

さて一方の民主党

・党のルールにのっとって厳正に対処することが基本的な方針だ。来週早々にもその役員会を開き、私も出席して方向性を出す。
・公党間の合意を踏まえて対応したことを変えることができるはずもない。ありえない。
・分党なんてありえない。同じ党で別の会派もありえない。そういう提案も(小沢氏側から)来ていないし、(提案が来ても)のむはずもない。
【注②】


これまでとは違って、徹底抗戦の構えです。
数の論理だけで今までグズグズしていた民主党
今回はどういうわけか本気モードのように見えます。
しかし……どこまで本気なのか?と思ったりします。
今のところ三文芝居の可能性は否定できません。
まあ、小沢氏輿石氏が会って何かを協議していること自体が不自然です。
その不自然さが疑惑になり、自民党の反発を強めています。

茂木自民党政調会長
・民主党の輿石幹事長が(社会保障・税一体改革関連法案に反対票を投じた)小沢一郎元代表と3度会ったが、党議違反を犯した人に処分をどうするか聞くのは、裁判長が被告に『罪はどうしましょうか』と相談するようなものだ。
石原自民党幹事長
・(社会保障・税一体改革関連)法案を衆院で通す前に、私と輿石(民主党幹事長)さん、井上(公明党幹事長)さんがサインしたが、この契約書は見事に破られた。契約違反だから机をひっくり返してもいいが、参院でも早く審議しようと言っている。
【注③】


今の情勢、今後の予測から考えれば、消費税の増税は仕方ないと思います。
その意味では、自民党公明党の動きは理解できます。
嫌われても必要であれば動くこと、それは政治家にとって必要な素養でしょう。
しかし一方で政治家には、口にした言葉に対する責任を果たすことも必要な素養です。
したがって民主党のやり方は、正当性を欠きます

さてさて……。
小沢氏は本気なのか?
民主党執行部は本気なのか?
それともどこかで幕を引くように筋書きが書かれている三文芝居なのか???
しかし……民主党にとってマニフェストとは何だったのでしょう???
国民との契約とは???
政権交代の意味は???
どれも理解不能です。

そんな民主党ですから、今回の状況も……。
まだ状況は流動的な要素を持っています【注④】が、これだけ騒がせたのですから三文芝居で済ませてほしくないものです。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記