【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ
2012年07月31日 (火) | 編集 |
懐かしい写真です。

 mfy-ume@20120731ume-chibi.jpg

"こうめ"が我が家に来て、少し大きくなった頃です。
今と比べると、"こうめ"の色が少し薄い気がします。
この頃から"こうめ"が甘えると、あきるまで好きにさせていた"まーふぃー"。
"まーふぃー"がどこかに行くと、その後を付いて回る"こうめ"。
"まーふぃー"が穏やかな性格だったから、今の状態があるのだろうと思います。

いつまでも仲良くなあ~。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【武道日記】オリンピックの柔道を見ていて気になること
2012年07月31日 (火) | 編集 |
今回のオリンピックだけではないのですが、ここ数年の柔道の国際大会をみていて気になることがあります。
それは……。

解説者の「●●選手は、キチンと組めれば一本を取れる技がある」という発言です。
確かにそうなのでしょうが、国際大会がテレビ中継されるたびに、この発言を耳にします。
試合を見ていて組み手争いで、もっと優位になれば……と思うことはあります。
強い人同士の試合だからなあ~と思いながら見ています。
でも……この発言を毎回聞くと……オイオイと思ってしまいます。

毎回、同じ発言が出ると言うことは、ここが日本柔道のウィークポイントなのでしょうか?
そうなると日本柔道に必要なのは、組み手争いで勝つ技術、相手の襟や袖を取る技術ということになります。
もし、そうであるなら試合の時ではなく、普段から徹底的に相手の襟や袖を取る稽古をするようアドバイスするべきだろうと思います。

私が武道を学んだ当初、相手の袖や襟を取るのが苦手でした。
そこで先生から、その稽古ばかりを繰り返しするように言われました。
それに特化した練習も……。
ある時は、打撃のみを放ってくる相手の袖や襟を取る練習(もちろん打撃の直撃を避けながらです)、ある時はボクシングのようなフットワークで動く相手の袖や襟を取る練習……そういうことを繰り返していました。
時には、本当にボクシングをしている人(先生の知人です)に来てもらい、稽古着を着てもらっての練習もしました。
ボクシングをしている人のフットワークは速く、対応するのが大変です。
また手の動きも速く、掴みに行った手を払われたり、ブロックされたり……。
パンチを出されることがなくても、なかなか袖や襟を掴むことはできません。
これがとても良い練習になりました。

そんなことがあったので、試合の時に「●●選手は、キチンと組めれば一本を取れる技がある」という発言するなら、普段そのため(キチンと組むため)の練習を何かアドバイスするべきだと思うのですが……。
国際大会の中継を見る度に繰り返されるこの発言。
なんなんだ~?とスゴく気になります。


 budo.jpg
 (この絵については、こちら
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記