【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ
2012年08月06日 (月) | 編集 |
エアコンをかけて、アイスクリームを食べて、そしてチョットうたた寝しようと膝掛けを足に乗せて横になったのですが。。。
膝の間にジャンプしたのがコウメ。
チョコチョコ動いてようやく落ち着いたのが、このポジションです。
そして出遅れたマーフィーは、弁慶の泣き所を顎枕に。。。

 mfy-ume@20120806issyo01.jpg

アップにすると、こんな感じです。

 mfy-ume@20120806issyo02.jpg

チョットうたた寝……と思っていたのですが、何とも寝にくい。。。
私より先にマーフィーandコウメが眠りに入りました。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【仕事】いつまで……太平洋戦争時の発想から抜け出せないのか?
2012年08月06日 (月) | 編集 |
色々な意味で……日本という国で上層部とか管理者とか指導者と呼ばれる側の人は、「いつまで……太平洋戦争時の発想から抜け出せないのか?」と思います。
オリンピックを見ていても……あまりにも精神論が多すぎます。
私は精神論そのものを否定するつもりはありませんが、何でも精神論で片付けようとする発想には疑問を抱かざるを得ません。

「いつまで……太平洋戦争時の発想から抜け出せないのか?」
こういう抽象的な言い方をよくするのですが、どういうことか???
色々な面で「竹槍で戦闘機を落とせ!」という発想で何とかなると思っているということです。
その辺りは別項の【Risk Management】【組織】で書いていることと重複する部分があるのですが、結局は「何かをするにはキチンとManagementすることが必要」であるという当たり前のことがクリアされていないという話でしかありません。
では、何が欠けているのか?といえば、「何かを動かすためには、それに必要な要素を揃えることが必要」という発想です。
竹槍では戦闘機は落とせません。
戦闘機を落としたかったら、それが可能なものを揃える必要があります。
しかし……それを精神論で何とかなると思っているから、ジリ貧になっているのではないでしょうか?

オリンピックで勝ちたいなら、不足しているものを補うことに特化した練習を取り入れる必要があり、精神論で何とかなる!と言っていてもダメだろうと思います。
これは組織も同じです。

そもそも上層部とか管理者とか指導者と呼ばれる側の人の仕事は、何かを動かすために必要となるものを揃えることです。
それがManagementの基本です。
しかし……それが出来ていない。
出来ていない上層部管理者指導者は、精神論に向かいます。
そうすれば自分たちの責任ではないというポーズができるからです。
要するに責任逃れのための手法の代表が、精神論です。

その精神論で動かそうとすると無理が発生します。
そして、しわ寄せによる障害は弱いところに出ます。
強いところに負荷が掛かっても、マイナス面が出るのは弱い(弱っている)ところです。
こんなこと……当たり前のことなのですが、これでは現場や選手は育っていきません。
育たないどころか、芽を摘んでしまう……。

こんなことが一体いつまで続くのだろう???と思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記