【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ
2012年08月18日 (土) | 編集 |
留守番がストレスなんだろう……とは思っていましたが、今日はかなりのストレスだったようで、帰ってみると2階が散らかっていました。

マーフィーとコウメは、留守番中は2階にいて、1階に降りないように柵(子どもが階段から落ちないようにするゲージです)がしてあります。
で、その柵が……。

 mfy-ume@20120818sutoresu01.jpg

見にくいかもしれませんが、ガジガジしてボロボロになっています。
周囲には木くずが……。

 mfy-ume@20120818sutoresu02.jpg

こんなことなかったのに……何があったのだろう???と思います。

で、コウメのゲージは、こんな状態に。。。

 mfy-ume@20120818sutoresu03.jpg

コウメも2階でフリーになっていますから、この中で過ごしているわけではありません。
ですから「外に出して~」というわけではありません。
荒れ方から考えると、多分、マーフィーに仕業だろうと思うのですが……。
何がストレスだったのか……。

確かにコウメが来る前は、マーフィーは一人で留守番だったので、寂しかったんだろうと思います。
でもコウメが来てからは、一緒に留守番する相手ができたので、ストレスが小さくなっているのでは……と思っていました。
コウメが小さい時から、こんなに仲が良かったので……。

 mfy-ume@20120818chibi.jpg

週末だから一緒にいるんじゃないの???ということなのか……。
いつもになく荒れていた2階を見て、そんなことを思いました。



【帰省中のハクトくんandアンナちゃんの一枚】

ハクトくんandアンナちゃんが帰省中の写真。
今日はコレです。

 mfy-hkt@20120813kisei01.jpg

ダイニングテーブルの上を陣取って寝るマーフィー。
そしてコウメのクッションで気持ち良さそうに寝るハクトくん。
この微妙な距離が埋まらないんですよね……。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【医療】脳死
2012年08月18日 (土) | 編集 |
一時期、マスコミを騒がせていましたが、最近はマスコミに出てこない言葉になってしまいました。
この言葉が世間を騒がせていた理由は、『人間の死をどう考えるのか?」という定義を誰もキチンとしない(できない)』からです。

前にも書いた【注①】とおり、脳死は『ヒトの脳幹を含めた脳すべての機能が不可逆的に回復不可能な段階まで低下した状態』を指します。
わかりやすく言えば、「人間の生命活動を司っている部位が機能しなくなった状態」と言い換えることができます。
これを死んだ状態とするかどうかは、前に書いたように「社会制度上のルール」としてどう決めるのか?ということに他なりません。
ところが……各々の育った環境(当然、宗教を含みます)の違いによって価値観は異なりますし、他の物事と比較すると人間の死については各々の価値観を譲れないという気持ちが大きく、「社会制度上のルール」を決めかねる状況にあります。

脳死判定という制度は、実際には「3兆候による死亡確認」と同じ『社会制度上の死亡』の基準です。

脳死を「ヒトの死」とすることが受け入れにくいのは、人工心肺等の機器に接続しておけば、他人からは眠っているように見えるという点です。
機器に接続することで、人生を送ることができる……これを否定すると線引きが難しい……。
「ペースメーカーは?」、「義手・義足は?」……「透析は?」……果てには「眼鏡は?」と言うことになってしまいます。
意志の表明を基準にすると「ロックド・イン・シンドロームは?」ということになりますし……キチンとした線引きができないわけです。

そもそも生物の状態について、キチンと線引きできるわけではありません
ある状況を想定して、その周囲にある概念を含めて状態を切り分けて言語化しているだけです。
「走る」と「歩く」をキチンと線引きして定義できるか?
「寝転ぶ」と「寝る」は、どこで線引きされるのか?
そういうことを考えると、「死ぬ」という言葉の意味をどう定義するのか?という言葉の問題になっていきます。

脳死を考える時、色々なものをゴチャゴチャにしたまま話をすると終わりがありません。
どこかで線引きが必要なのであれば、「死ぬ」という言葉の定義をするのが先なのではないか?と思います。【注②】
そうなると……多分、人間とは?」と定義しなければならなくなるのではないか?と思いますが……。

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】死ぬということ
【注②】
 ・それでキチンと解決できるかどうかは、「感情論を排除するかどうか?」や「個別の事由を勘案するかどうか?」で異なります。
 ・言葉の定義をそのまま社会制度に適用するのであれば、制度上は可能でしょうが……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記