【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ
2012年08月24日 (金) | 編集 |
窓際の特等席。
占領したのはマーフィーです。
しかも……枕にしているのはコウメのクッション。

 mfy-ume@20120824issyo01.jpg

「それ、僕のだよ~」と言いたげな顔で見つめるコウメ。

 mfy-ume@20120824issyo02.jpg

体勢を変えながらも、クッションから離れないマーフィー。

 mfy-ume@20120824issyo03.jpg

マーフィー、そろそろクッションから離れないとコウメの猫パンチをくらうよ。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【整体日記】ちょっと怖い???
2012年08月24日 (金) | 編集 |
整体と聞いて「ちょっと怖い」と言われる方がいます。
知人の中でだけ……と言ってはいますが、知人の話を聞いて「お願いしてみたい」という話になり、知人から「ごめん。でも、みてあげてほしい。」と言われては断るのも……ということで、知人の知人(親類縁者)の辺りまで対応することになります。
そういう時に「整体って受けたことがありますか?」と問うと「ボキボキいう音が……」とか「テレビで見たことがあるけど、痛そうで……」とか……。
結局、『怖い』というイメージが強い人が少なくありません。

でも施術が終わってから聞くと「イメージと違っていた」と言われます。
私の施術の全てが痛くないわけではありませんし、ボキボキ鳴らないわけではありません。
別にソフトに……と意識しているわけでもありません。
ただ、『多分、この施術は痛いだろうなあ』と思う時には先に「痛いかもしれませんよ」と告げてから施術するとか、「こうなっているから、こうする」という方針を告げてから施術するという当たり前のことをしているだけです。

結局、メディアに振り回されているのだろうと思っています。

また初めて施術を受けた方の中には「ボキボキ鳴っていないが???」と言われることがあります(と言うか……多いです)。
どうも……ボキボキ鳴ることが矯正できたことの証のように考えられているようで、ボキボキ鳴っていないのは矯正できていないということだと思われているようです。

では……そもそもボキボキ音は何か?
ボキボキ音は、正式には『クラック音』と言い、諸説ありますが最も支持されている説が「関節内にできた気泡が弾ける音」というものです。【注①】
これにはメリット/デメリット、ベネフィット/リスクがあります。

話を戻しますが、実は『ボキボキ鳴るということ』と『矯正できている』ということは、別問題です。
ボキボキ鳴らなくても矯正できていることは多々あります。
で、「何かあったら、またお願いしたい。」という話になりますから、整体についての「ちょっと怖い」といイメージはなくなっているのでしょう。

結局、「整体は怖い」というイメージの多くは、メディアが面白おかしく番組を制作しようとして大袈裟なリアクションというネタによって作られたものなのでしょう。
そういうイメージ作りは止めてほしいと思います。


 seitai@oshicon・buruburu(S1)


------------------

【注①】
 詳しくはこちら(クラッキング (関節))@Wikiをお読みください。
テーマ:日記
ジャンル:日記