【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】Twitterにて
2012年11月27日 (火) | 編集 |
Twitter文字制限がストレスです。
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。


▼国民と住民は区別すべきです。国の基本は国民。それを守るのが国政。住民については、その後の話し。住民を守ることが国益に繋がる場合、守るための対応すれば良い。そう考えると立候補する資格審査があっても良いと思います。


これは国のあり方についてのものです。
あくまでも国民を守るのが国の役割です。
国民でなくても税金を支払っている……という意見もありますが、それは別問題です。
税金は、その国の制度下で何らかのサービスを受けるために支払うものであり、受けるサービスは国民とそうでない者が同じである必然性はどこにもありません
また何らかのメリットがあるから他国に居住しているのですから、あとは何を選択するかの問題でしかありません。
そこを国民でない者の視点が中心になるとおかしくなってしまいます。
あくまでも国益に繋がる場合にのみ、国民でない者を守る施策を行う、それが政治の考え方です。
そういう基本的なことを知っているかどうか?それが政治家として相応しいかどうか?の基本です。
国民は、それを知る権利があると思います。


▼どこかでも書いたかもしれませんが、公共性が高い職種もサービスとしたのが間違いだった思います。そうであれば対価を保証しなければならないのですが、サービスの名のもとに負担だけを増やす。議員という職種が人気取りのためにスケープゴートとしたとしか思えません。
▼サービスは「もの」や「こと」を対象として行われる社会科学的なものです。対して医療・介護は自然科学的なものであり、教育は両者を繋ぐ分野です。それはサービスの対象ではありません。公共性が強い業界は、労働に対する対価が支払われていないと思います。


これが現状の医療、介護、福祉、教育等の分野が疲弊している原因なのだろうと思っています。
何でも「サービス」という言葉で括ろうとした結果、招いたのが現状です。
何度でも書きますが、生物学的な意味での人間……すなわちヒトを相手にする職種を、社会科学的な業種と同じ扱いにしているのが問題の根にあります。
ヒトを相手にする場合、常に「個体差」を考えておかなければなりません。
それは施す側も施される側も……です。
これを「もの」や「こと」と同じに考えるから、おかしなことになるのです。
このことを社会全体が理解しなければ、崩壊とか疲弊という表現からは逃れられないでしょう。


▼看護師給与の引き下げの話でも書きましたが、実際には「公務員が恵まれている」のではなく、「民間がおかしい」のだと思います。比較論で書かれているとは思いますが、「公務員が恵まれている」という言葉は、全体レベルを引き下げることにしか作用しませんから。。。
▼だろうとは思いましたが、「公務員は恵まれている」という言葉だけが世の中で踊ってしまうと、全体の水準を下げることにしか働きませんから。政治家は、この言葉を上手く使ってスケープゴートを作り、人気を取ろうとし、結果として公立の医療や保育が崩壊していますから。


これは公務員と一般企業の育児休業を比較しての発言に対するものです。
書かれた方とは何度かTwitter上でやりとりをしていますから、あくまでも比較論として提示されているとは分かっていました。
ただ読んだ方がどう思うのか?は別問題と思い、発言したものです。
私は「公務員は恵まれている」という言葉の危険性を知っておかなければならないと思っています。
公務員の中にはダメな人間がいるのは事実でしょうが、それを全体論としてしまっては……と思います。
実際、公務職場の多くはサービス残業で支えられていたりします。
時給換算するとどれぐらいになるのか???
それは事務効率の問題と言いながら、民間のように効率だけを求めると困るのは間違いなく住民でしょう。
例えば銀行の多くでは、勤務時間は公務員と同じでしょうが、窓口を開いている時間は9時から15時ぐらいです(全てが……とは言いません)。
勤務時間内に業務を開始する準備時間も、業務を終了させるための残務処理時間もあります。
でも役所の窓口は、勤務時間いっぱい開かれています。
ということは準備時間や残務処理時間は、全てサービス残業によって為されています。
まあ……サービス残業の中身は、それだけではないのでしょうが……。
「公務員は恵まれている」その言葉は、政治家のスケープゴートでしかないと思っています。
この言葉が、公立の医療や保育、教育の現場に影響しています。
その結果、医療や保育、教育の現場全体が疲弊しているのだろうと思います。
本来、政治家が為すべきは、民間の引き上げです。
それが出来ないからと言ってスケープゴートを作っていることに騙されてはいけないと思います。


▼私もお叱りを覚悟の上で書きますが、脱原発は今衆院選の大きな争点ですが、最大の争点か?というと、立ち位置によっては経済の立て直しや領域(国防)問題も大きく、どの政策を主に考えるか?で投票先が変わる選挙だと思います。
▼エネルギー問題は大きなテーマです。代替エネルギーの問題もですが、産業(雇用)の問題、医療分野も電気に支えられていますし、生活スタイルの選択……等。原発推進派ではありませんが、色々なことが関係してくるので、簡単に「脱原発」という候補者を信用できませんね。
▼生活スタイルでいえば、先の話で核家族化を解消すれば消費エネルギーは縮小できますが、それも難しい。結局、何を選択するか?によって方向性は変わると思います。なくなるに越したことはないでしょうし、原子力に変わるものが見つかれば良いと思いますが……。


これは、もとは政治ネタで、「ツイッター内で脱原発支持者同士が争っており、今選挙では脱原発が最大の争点ですが、二番目がそれぞれ違うから」というものについてのツィートです。
まあ……今衆院選の争点であることは間違いないのですが、書きたかったのは後の話です。
脱原発」というと良いことに聞こえますが、エネルギー問題ですから実際には色々な影響を考えなければなりません。
陸続きの国があれば、電気を買うこともできますが、日本は島国です。
化石燃料が大量にあれば良いのですが、日本にはありません。
そうなると現状の産業構造をどうするのか?という問題が出てきます。
また医療の現場では、電気が必ず必要ですから、それを確保できるのか?という問題もあり、これは直接的に人の生死に関係します。
そして現状の生活スタイルをどうするのか?という問題。
Twitterにも書きましたが、核家族化を止めるなら消費エネルギー料は小さくなります。
物理的な移動を少なくすれば、消費エネルギー料は小さくなります。
暗くなってからは外を出歩かないとか……。
そういう生活スタイルそのものを考えれば、消費エネルギー料は小さくできますが、それをしてでも脱原発に向かうのか?
そういうことを考えなければなりません。
確かに原子力に代わる代替エネルギーが発見されたり、エネルギー効率が今の1/100とか1/10000になったりすれば話は別ですが、そういう空想をもとに語るべきことではないと思います。


▼その違う環境の中で育った子どもに色々なことを教え育てなければならない学校の先生って、大変だと思います。教えるのが勉強だけでも大変でしょうが、他のことまで求められますから、先生のストレスってどれぐらいなのか?と思います。


これは学校の先生に対する正直な感想です。
大変だろうなあ~と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 腕枕
2012年11月26日 (月) | 編集 |
相変わらず……。
大胆な寝方をしているマーフィー。

 mfy@20121126udemakura01A.jpg

ちょっと退いてみると見事に腕枕です。

 mfy@20121126udemakura01C.jpg

しかも乗っかっているのは頭ではなく、胸。
かなり重い。。。
でも……。

 mfy@20121126udemakura01B.jpg

こんな寝顔されると……怒れないんですよね~。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】Twitterにて
2012年11月26日 (月) | 編集 |
Twitter文字制限がストレスです。
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。


▼まず国を運営していく能力の有無の問題と思っています。それがあれば、世襲でもそうでなくても、老若男女……などは関係ないと思います。
▼女性の感覚を政治の場に……というのは分かりますが、それは能力があっての話であって、女性であれば良いというわけではないはずですから。同じような話では「最年少」とかもあります。そういう話ではなく、どういう能力を持っているのか?の方が大切だと思います。
▼台所と国政では、考えなければならないことが違い過ぎますから。まあ……どういう視点で問題を切り分けたり考えたりするのか?という問題ですから「女性の台所感覚」が全くダメとは言いませんが、そこで止まっているようではダメでしょうね。


これは内閣に女性がx人とかを報道していることについてのものです。
女性の社会進出が増えて、女性の登用という話をよく聞きます。
でも女性を登用すればそれで良いのか?そういう話です。
結局は能力がある人をそれなりのポジションに付けるかどうか?の方が大きな問題だと思います。
それを考えないでポジションを与えてしまうと混乱が生じます。
まず、そのポジションが務まるのかどうか?を判断しなければならない
そして任命したことに対して責任を負わなければならない。
しかし……それがされていないから、それをしなくても良いような雰囲気だから、こんなことが繰り返されているのでしょう。
無責任すぎですね。


▼囲碁や将棋を嗜むとよく耳にするのが「部分的には最善」という言葉。でも盤面全体では悪手だったりします。そういう視点を色々と考える時に忘れないようにしなければ……と思います。


これは勝手につぶやいたものです。
この状況ですから政治ネタが多いのですが、各政党の主張に一貫性がありません。
まさに「部分的には最善」。
でも全体としては一貫性がないので、多分、悪手になるだろうと思うようなことを主義・主張にしているように思います。
特に小政党は、立党から時間がなかったのか?それとも優秀なブレインがいないのか?……そういう面があります。
まあ……前衆院選の民主党のマニフェストも「部分的には最善」の集合体のようなもの(実際には、それ未満)ですから、もう誤魔化されないだろうとは思いますが……。


▼政策の良否は、手を付けてから5年とか先になってみないと判断できません。民主党が言っている功績は、実際には過去の政策の結果が出たものである可能性もあります。その辺りは有権者がキチンと判断しなければならないと思います。
▼民主党が経済成長が……とか年金の調査を……とか言っていますが、それらは民主党の手柄ではない可能性の方が大きいということを書いたまでです。
▼制度は落ち着いてみないと良否は分かりませんし、玉突き式で影響するものもあります(経済のテコ入れではない経済政策はそんな感じです)から、5年ぐらい見て判断しないと分かりません。
▼民主党がお嫌いなようですね。私もですが。功績について言っているのは、「あなたが」ではなく「民主党が」です。書いているのは、民主党は年金対応について自分たちの功績だと言っていますし、GPDギャップの縮小も同様です。でも、そうではないということです。
▼5年というのは、中長期的な経済政策の話です。中長期的な政策は、5-10年とか5-20年で考えますから、GDPギャップの縮小は政権交代前の政策による可能性があります。それを年金対応と同様に民主党の功績だと言っているのが腹立たしいのです。


これは民主党が主張する功績に対するものです。
民主党は年金対応について自分たちの功績だと言っていますし、GPDギャップの縮小も同様に言っています。
しかし中長期的な政策は、5-10年とか5-20年のスパンで考えます
そして、それぐらいの期間を目標に実施します。
その意味ではGDPギャップの縮小は、民主党政権の功績ではなく、その前に実施された政策の功績である可能性があります。
それを横取りしようとするのは……あまりにも無茶な主張です。


▼目標として脱原発を掲げるのは悪くないと思いますが、エネルギー問題は生活スタイルや社会構造に大きく影響しますから、そんなに簡単な話ではないと思います。それを簡単に言ってしまう人を信用することはできません。
▼日本は地震大国ですから、原発の地震対策や脱原発については政権に関係なく考えることだと思います。ただ産業構造や生活スタイルに影響しますから、それと考え併せなければなりません。簡単ではないはずで「脱原発!」と叫ぶだけではダメです。でも脱原発派は叫んでいたりします。
▼「脱原発!」と叫んでいる候補者の多くは、そう叫んでいれば良いと思っているのではないか?と思います。でも代替エネルギーとかエネルギー効率とかで転換が起きなければ、生活スタイルや産業構造を変えるしかないように思います。それをセットで提示しなければ無責任だと思います。


これは「脱原発」をあまりにも軽く論じる候補者がいることに対するものです。
脱原発はエネルギー問題ですから、原発なしで必要となる電気量を確保できなければ、産業構造とか生活スタイルとセットで論じられるべきテーマです。
例えば核家族化を禁止すれば、消費エネルギーは少なくて済みます。
全業種で電気の使用量を制限すれば、消費エネルギーは少なくて済みます。
必要となる電気量は確保できる場合でも発電コストが上がれば、各産業に影響します。
そういう話とセットの話です。
ところが錦の旗のごとく「脱原発!」を掲げる候補者がいます。
それは……考えるのに必要な情報を開示しないで、賛成か反対かを問っている民主党政権のTPPの話と同じです。
それは信用できる話ではありません。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsこうめ : 一緒だよ~
2012年11月25日 (日) | 編集 |
毎日毎日……引っ付いているマーフィー。
今日もベッタリです。
この写真では分かりませんが、実は身体は膝掛けの中に入り込んでいます。

 mfy-ume@20121125issyo01.jpg

でも……マーフィーがいるスペースをコウメが狙っていたり……。
ゴソゴソと近づいてくるコウメ。
上の写真では、保護色なので分かりにくいかもしれませんがマーフィーの左上にボディが写っています。
下の写真は、テーブルの影になって見にくいかもしれませんが、コウメの横顔~肩の辺りが写っています。

 mfy-ume@20121125issyo02.jpg

しかし……何度見ても保護色で分かりにくいコウメ。
マーフィーは完全におやすみモードです。

 mfy-ume@20121125issyo03.jpg

寒くなると暖かくて良いのですが……重くて足が痺れるのが難点です。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】官公庁と民間
2012年11月25日 (日) | 編集 |
官公庁でも「民間の考え方を取り入れて……」という話をよく聞きます。
多くの人は、これを良いことだと思っているようです。

でも……本当に良いことなのでしょうか???

官公庁と言えば税金ですが、官公庁からは税金関係の書類が多く送られてきます。
民間では封筒詰め等の単純作業を正規社員にではなく、一時的にアルバイトを雇ったり、外部に発注したり……という形で行う方向にシフトしています。
これは正規社員の給料で封筒詰めのような作業をされては、コストに見合わないからです。
しかし、官公庁で同じようにすることがベターなのでしょうか???
官公庁が抱えている情報には、個人情報の類のモノが多くあります。
これが大前提です。
この個人情報を一時的雇用したアルバイトの目に触れさせること、また外部業者に渡すこと……これを是認できるのかどうか?という問題があります。
民間でも同じではないか?と思われるかもしれませんが、そもそもの個人情報の量・質が異なります。
そのような多量で質の高い情報の取り扱いについて、どう考えるのか?これが是認できるかどうか?の基準となります。

また、そのようなところから個人情報が流出したとしても、責任は官公庁に戻ってきます。
そうなると、個人情報を管理・監視するためのコストが発生します。
これらを考えると……そのようなRISKを背負ってまで外部委託のような形態にシフトすることがベターな選択であるとは思えません

さらに言えば、民間であれば、あまりに酷いクレーマーとは能動的に縁を切ることができます。
何らかのRISKがあっても、それは可能です。
しかし、官公庁はそうはいきません。

これらは例の一部にすぎませんが、「官公庁に民間の考え方を取り入れて……」と言う場合に『場の論理』を無視した意見が多いと思います。【注①】
要するに民間と同じような考え方で業務を行えば、RISKを高めるモノやコストを高めるモノが多々ある……と言うことです。
確かに官公庁にも民間と同じような意識を持った方が良いこともあるでしょう。
ただし、それは官公庁の業務を理解した上で口にしなければなりません。【注②】
そうでなければ、結局は運営コストが上昇するだけ……という結果しかもたらしません。


------------------

【注①】
 ・上記のように『官公庁が行う業務には個人情報が連携しているモノが多々あること』、また『クレーマーと能動的に縁を切る手段を持たないこと』等を考えると、良くも悪くも「お役所仕事」に成らざるを得ない面があるように思います。
 ・わかりやすく言えば、官公庁の業務の根底にあるモノと現状はリンクしている可能性が高いので、それらの状況を変えずに「民間の考え方を取り入れる」ことは、実質不可能であり、結局はRISK(コストを含む)を高めていくことになるのではないか?と思います。
【注②】
 ・そうでなければ……クレーマーが口にするレベルのモノであって、CLAIMではない……ということです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ : 賑やかだな~
2012年11月24日 (土) | 編集 |
マーフィーの隣にガサゴソトンネルを引っ張ってきて、遊びだしたコウメ。

 ume@20121124gasagoso01.jpg

入ったり出たり……。
中で暴れてみたり……。
隙間から手や足を出してみたり……。
かなりガサゴソしています。

その音が気になる(うるさい)のか、場所を移動するマーフィー。
で、コウメは……。

 ume@20121124gasagoso02.jpg

マーフィーの行った先を確認しているのかな???
その後は、またガサゴソが続きました。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】Twitterにて
2012年11月24日 (土) | 編集 |
Twitter文字制限がストレスです。
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。


▼これを言っては橋下市長が言っていることも実際に教壇に立って教育をしたことがない者の意見になってしまいます。学者は学者の、現場の教員は教員、保護者は保護者の視点で意見を言うのが当然で、それらをまとめて政策に落とし込んでいくのかが政治の仕事では?
▼全ての人が政治家の視点で何かを言うのであれば、専門家に話を聞く必要があるのは、知識の入手に限られます。それためだけに話を聞くのか?ということです。政治家以外の人の話を聞く目的は何か?ということを理解しておかなければならないでしょうね。


これは【政治】のカテゴリの話なのかもしれませんが……橋下大阪市長が『大阪の教育委員会改革で首長が教育に関与した場合、首長が変わるごとに教育がコロコロ変わる!という意見が専門家から出たが、これは行政をやったことのない者の典型的な意見である』という内容のツィートに対するものです。
各々の立場で見方が違うのは当然であり、したがって出てくる意見が違うのも当然です。
これらの色々な視点から出てくる意見を集約して政策にしていくのが、政治家の仕事です。
全てが政治家の視点で意見を出すのであれば、専門家の意見は必要ありません(政治家が無知であれば、話は別ですが)。
いつから橋下大阪市長は、こんなに独善になってしまったのでしょうか?


▼石破氏の意見より「首長はそんなにヒマなのか?」ということの方が……。もしそんなにヒマなら、首長に支払う額はもっと少額で良いと思います。まあ……個人的には首長も議員も公務員の平均額程度で良いと思いますが。


これも【政治】のカテゴリの話なのかもしれませんが……自民党の石破氏が、橋下市長の「兼職禁止解除」に対して疑問を投げかけたものに対するものです。
石破氏は「行政の長は非常に大きな権力を持っている。権力を背景に選挙を行うのはどうなのか」と述べています。
でも……そういう問題なのか?と思います。
兼職できるほど首長がヒマ(要するに片手間で出来る程度)なら、それほど拘束されるわけではありませんから、高給取りである必然性はありません。
まあ……Twitterにも書いていますが、そもそも首長も議員も公務員の平均額程度で良いと思っています。
理由は単純で、まず特別職に支払われているものは「報酬」であって、生活するためのもの(給料)ではありません
言い換えれば、生活するための収入は別にあるべきで、特別職に対する収入はプラスアルファだということです。
その意味では高額である必然性はありません。
また耳に聞こえが良い話で「公務員人件費の削減」というものがあります。
これを簡単に口にできるのは、公務員人件費は自分たちで決めることができるが、それが自分たちの収入に関係しないからです。
こんな無責任な話はありません。
併せて言えば、支出を人件費で簡単に調整できてしまう(自分たちに影響しない)から、施策の無駄に切り込まなくて済んでしまいます
これでは本当の無駄を削減できません。
本来、必要なのは「無駄な施策を止めること」であり、税収が減っている中で最初に手を付けるべきは「何を止めるか?」という施策の選択です。
これをしなくて済んでしまっている原因が、ここにあります。
ですから、特別職への報酬も一般職給料との連動にしてしまうべきです。
それを平均程度にするか?それともプラスアルファだから最低額にするか?は、判断が分かれるところでしょうが。


▼日本にマスコミって存在するのか?と思ったりします。やっていることが「マス」の視点ではなく「ミニ」。ミニコミばかりかもしれません。


これはマスコミ報道が酷い……ということに対するものです。
その原因は、視点が「マス」でないことだろうと思っています。
そうなればマスコミなどと名乗ることは出来ないはずですが……。


▼問題は日本語をどう位置付けるか?だと思います。文化は言語を基盤にしていることを考えると、英語の第2外国語化で日本の文化(礼儀・作法を含む)はどうなるのだろう?と思います。
▼上手く言えないのですが、物事を英語で考えるようになると日本文化が上手く理解できなくなるように思います。第2外国語としてどこまで定着させるか(普段、使うか)?と関係するのでしょうが、何かを学ぶのも言語ですから日本の文化から離れていくのではないか?と。


これは今回の選挙で「教育」を政策として掲げている政党がいくつもあるというものに対するものです。
これは「英語の第2外国語化」についてもの。
書いているように文化は言語を基盤にしています。
正しくは「文化は言語に規定される」です。
日本文化の特殊性は、四季に大きく影響を受けています。
そこには『ワビ・サビ』があります。
この基盤になっているのが言語です。
これは「赤とred」のような「単語と意味」の関係もありますが、言語体系そのものの差違もあります。
例えば英語圏の言語では、規定のアルファベットで全てを表現するという言語体系を持ちますが、日本語は異なります。
これによって言語を使う時に働いている脳の部位も異なり、日本語を使っている時には英語圏の言語を使うよりも複雑に脳を働かせています
そのような言語に支えられているのが、日本の文化です。
したがって英語の拡大は、日本文化の退廃に繋がる可能性が大きいと思います。


テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 今日も……
2012年11月23日 (金) | 編集 |
今日は、お隣さんからカニを頂きました。

 20121123.jpg

ご近所さんには色々とお世話になり、ありがたく思っております。
マーフィーやコウメも可愛がってもらえますし……。
マーフィーやコウメがいたおかげで、親しくなった方もおられますし……。
人の縁って、大事にしたいものだと思っています。



で、マーフィーは今日も……。

 mfy@20121123hittsuku01.jpg

甘えん坊です。
コウメに取られる前に膝(というか腹ですが……)を占領です。

そして……寝る。

 mfy@20121123hittsuku02.jpg

その隣ではコウメが場所を狙っているんだけどね。

 mfy@20121123hittsuku03.jpg

写真の右下にコウメが写っています(チラチラ見てます)。
テーマ:日記
ジャンル:日記