【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ : 引っ付く!
2012年11月07日 (水) | 編集 |
これ、どういう状態か???分かりますか?

 mfy-ume@20121107issyo03.jpg

寒いのか?脚の間にモゾモゾ……と身体を捩りながら入り込んで(嵌り込んで)きて、この状態です。
伸びてま~す!という状態。
膝に乗って丸くなるなら分かるような気がしますが、これは……あんまりじゃないかな?
コウメ、その格好って変だよ~。

その状態を眺めていたマーフィーが近づいて来て、脛に顎乗せ。。。

 mfy-ume@20121107issyo01.jpg

アップにすると、膝を取られて不満なのか……こんな感じです。

 mfy-ume@20121107issyo02.jpg

まあ、良いんですけどね……。
マーフィー、それって割りと負担が大きいんだよね。
ちょっとポジションを変えてほしいなあ~。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #01-31(責任)
2012年11月07日 (水) | 編集 |
相変わらず……無責任民主党政権。
田中文部科学大臣が来年春の開設を予定していた3つの大学の認可を見送ったという暴挙に出ました。
その後、撤回したようですが……あまりにも無責任な行為(見送るのも撤回も)。
こんな人を大臣に任命する者に権限を持たせていることが、信じられません。

もともと行政は、ルールの中で運用されるものです。
それが公平・公正を担保します。
そのルールにより申請し、ルールから外れていないのであれば、「No!」という権利はありません。
それが法治国家です。
その土台を大臣が無視してしまった……。
この大きさを考えなければなりません。

さて……「少子化が進む中、大学が多すぎる」そんなことを言い訳にしているようですが、それは見方によってという面を持ちます。
マクロでは多いかもしれませんが、それでは視野狭窄というものでしょう。
大学に行くには、学費だけがあれば良いわけではありません。
衣食住をどう確保するのか?
近隣に希望する学部を持った大学があれば良いのですが、そういうわけでもないでしょう。
そうなると学費以外にどれだけの費用を要するのか?
それを考えると『どれぐらいのエリアに存在させるのが妥当か?』が前提になければなりません。
そこには当然ですが、通学手段と要する時間を考えなければなりませんから、単純に半径xxの中に……というわけにはいきません。
それを担保するのが、教育を受ける権利を担保することです。
それをマクロの数で「多すぎる」と言ってしまうような人が大臣って???
そういう人を任命するって???
あまりにも無能すぎる……。
全く理解できません。

また自らの行動が、どう影響するのか?を理解できていないから、無責任に行動できるのでしょう。
決定するなら、進路決定する時期より前でなければなりません。
そうでなければ、実際に進学や就職を考える学年にいる者に対して、あまりにも無責任でしょう。
そういう意味では、新しいルールを作っても、実施するまでには少なくとも1~2年の猶予期間が必要です。
これは今回の件だけの話ではありません。
影響を受ける者がいる以上、事案によって猶予期間は変わりますが、それ自体は絶対に必要です。
それが責任というものです。
新しいルールを作ったからといって、即実行できるものではありません。

その上で最終的には「事務方が……」ですから話になりません。
政治主導を掲げたのが民主党なのですから、「事務方が……」という言い訳は通用しません。
それにマスコミに向かって自分が言っていたはずですが……。
まあ……仮に事務方の問題であったとしても、責任をとるのがTOPの仕事です。
「事務方が……」という話では済みません。
いずれにしても大臣が責任を取るのが筋でしょう。

民主党政権については、これまでも色々書いてきましたが、この政党は「選挙に勝てば、何をしても許される」という発想しか持っていない……それが全ての根底にあるように思います。
まあ……この発想は、維新の会も同様のようですが……。
そもそも多数決は、「どれだけの人が賛成しているのか?」よりも「どれだけの人が反対されているのか?」を知った上で、方向性を考えるためのツールです。
多数決に勝とうが負けようが、「No!」という少数意見を頭に置いて考えなければ、意味がない……そういうツールです。
というか……民主主義は、少数意見をどう取り込むのか?を考えるのが前提の制度です。
そういうことが理解できない人が立候補し、政治に関わっているのが不幸の始まりなのでしょう。
やはり……立候補する前に資格試験は必要なのだろうと思います。

とりあえず、こういう無責任な人には政治の舞台から降りてほしいものです。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記