【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ : 一緒だよ~
2012年11月25日 (日) | 編集 |
毎日毎日……引っ付いているマーフィー。
今日もベッタリです。
この写真では分かりませんが、実は身体は膝掛けの中に入り込んでいます。

 mfy-ume@20121125issyo01.jpg

でも……マーフィーがいるスペースをコウメが狙っていたり……。
ゴソゴソと近づいてくるコウメ。
上の写真では、保護色なので分かりにくいかもしれませんがマーフィーの左上にボディが写っています。
下の写真は、テーブルの影になって見にくいかもしれませんが、コウメの横顔~肩の辺りが写っています。

 mfy-ume@20121125issyo02.jpg

しかし……何度見ても保護色で分かりにくいコウメ。
マーフィーは完全におやすみモードです。

 mfy-ume@20121125issyo03.jpg

寒くなると暖かくて良いのですが……重くて足が痺れるのが難点です。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】官公庁と民間
2012年11月25日 (日) | 編集 |
官公庁でも「民間の考え方を取り入れて……」という話をよく聞きます。
多くの人は、これを良いことだと思っているようです。

でも……本当に良いことなのでしょうか???

官公庁と言えば税金ですが、官公庁からは税金関係の書類が多く送られてきます。
民間では封筒詰め等の単純作業を正規社員にではなく、一時的にアルバイトを雇ったり、外部に発注したり……という形で行う方向にシフトしています。
これは正規社員の給料で封筒詰めのような作業をされては、コストに見合わないからです。
しかし、官公庁で同じようにすることがベターなのでしょうか???
官公庁が抱えている情報には、個人情報の類のモノが多くあります。
これが大前提です。
この個人情報を一時的雇用したアルバイトの目に触れさせること、また外部業者に渡すこと……これを是認できるのかどうか?という問題があります。
民間でも同じではないか?と思われるかもしれませんが、そもそもの個人情報の量・質が異なります。
そのような多量で質の高い情報の取り扱いについて、どう考えるのか?これが是認できるかどうか?の基準となります。

また、そのようなところから個人情報が流出したとしても、責任は官公庁に戻ってきます。
そうなると、個人情報を管理・監視するためのコストが発生します。
これらを考えると……そのようなRISKを背負ってまで外部委託のような形態にシフトすることがベターな選択であるとは思えません

さらに言えば、民間であれば、あまりに酷いクレーマーとは能動的に縁を切ることができます。
何らかのRISKがあっても、それは可能です。
しかし、官公庁はそうはいきません。

これらは例の一部にすぎませんが、「官公庁に民間の考え方を取り入れて……」と言う場合に『場の論理』を無視した意見が多いと思います。【注①】
要するに民間と同じような考え方で業務を行えば、RISKを高めるモノやコストを高めるモノが多々ある……と言うことです。
確かに官公庁にも民間と同じような意識を持った方が良いこともあるでしょう。
ただし、それは官公庁の業務を理解した上で口にしなければなりません。【注②】
そうでなければ、結局は運営コストが上昇するだけ……という結果しかもたらしません。


------------------

【注①】
 ・上記のように『官公庁が行う業務には個人情報が連携しているモノが多々あること』、また『クレーマーと能動的に縁を切る手段を持たないこと』等を考えると、良くも悪くも「お役所仕事」に成らざるを得ない面があるように思います。
 ・わかりやすく言えば、官公庁の業務の根底にあるモノと現状はリンクしている可能性が高いので、それらの状況を変えずに「民間の考え方を取り入れる」ことは、実質不可能であり、結局はRISK(コストを含む)を高めていくことになるのではないか?と思います。
【注②】
 ・そうでなければ……クレーマーが口にするレベルのモノであって、CLAIMではない……ということです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記