【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ : 僕も……
2012年12月27日 (木) | 編集 |
マーフィーに負けず、密着するコウメ。

 ume@20121227dakko01.jpg

マーフィーと違って軽量(マーフィーの1/3)なので、コウメが乗ったからといっても足が痺れることはないのですが、中途半端に乗るので不安定で……。
ツメが刺さります。
ズボンが……。

 ume@20121227dakko02.jpg

そんなことを思っていても「良いじゃないかよ!」という顔をするコウメ。
まあ……良いですけどね。
そんなに高いものを着ているわけではないからね~。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】地方自治体の長と参議院議員の兼職について
2012年12月27日 (木) | 編集 |
橋下大阪市長は「地方自治体の長と参議院議員を兼職可能に!」と言っていますが、これについては賛否が分かれるところです。
実際、私の周りでも賛否両論あります。
私は……というと反対派です。

理由はいくつかありますが、一つ目は「そんなに時間に余裕があるのか?」ということです。
橋下大阪市長は、色々なところに挨拶に行くのが市長の仕事なのか?というようなことをTwitterに書き込みましたが、実は大切な市長の仕事だと思います。
別に挨拶すること自体が重要だと言っているのではなく、色々な集団の中で意見を聞くこと、雰囲気を感じること……そういう機会を持つことが大切です。
脳が判断するためには、全身からの情報が必要と書いたことがあります。
それらの情報に優先順位を付けて判断するのが脳の仕事です。
これは組織も同じ。
組織のTOPに一番必要なことは、判断することなのですが、そうなると必要となるのは様々な情報です。
それも出来るだけバイアスの掛かっていないものが必要となります。
その情報を入手するための場として捉えるなら、色々なところに挨拶に行くことの重要性が理解できると思います。
それが為されないなら……自分の側近だけの意見によって状況判断をすることになります。
これは色眼鏡を掛けて見た景色と同じであり、間違った判断を下すリスクを大きくします。
そのリスクを避けるためには、色々な場に顔を出さなければならないので、本来、時間的な余裕はありません

二つ目も橋下大阪市長のTwitterでの発言に関するものです。
橋下大阪市長は、Twitterで首長と参議院議員の兼職について
 ・首長と参議院議員の兼職が出来るわけがないとか、首長はそんなに楽なのかとか言われるが、やらせてみてダメなら選挙で落とせばいい
 ・首長と参議院議員の兼職ができるかどうかは、一度やらせてみて確認したらいいだけのこと。
ということを書いています。
それは首長の立場だけしか視野に入れていないのであって、それによってマイナスが発生すれば、そのマイナスを被る人がいても一度はマイナスを受け入れて、その後に選挙で対応しなさい!と言っているのと同じだと気付いていないのだろうと思います。
その一方で原発については、
 ・活断層で大騒ぎするのであれば、家はどこにも建てられなくなるとの意見があるが、これらを一緒にするのは間違い。
 ・家は居住人保護、原発は他者加害規制の視点で考えるもの。
ということを書いています。
そうであれば首長はどうなのか?と言えば、その影響力を考えると当然ですが他者加害規制の視点で考えるものでしょう。
他者加害規制の視点で考えるのであれば、マイナスが小さいと結論を出せなければ実施すべきではありません。
御都合主義でロジックを切り替えているようにしか思えません。

三つ目ですが、大体において議会の時期は重なるものです。
国会も自治体の議会も……。
それは節目に実施するべきものですから、時期をズラせば良いという話ではありません。
また会期を短くすることも議論を深めることとは反対方向の話ですから、それもしてはいけないことでしょう。
その意味では、一つの身体では無理です。
でも実際に「議会の時期に国政選挙の応援活動をしていたのでは?」という意見もあるでしょう。
しかし、これは『市長の都合で議会を早期に閉会したこと』や『公務を入れないようにしたこと』によって可能となったものです。
これらは首長として本当にしても良いことだったのか?を考えなければなりません。
個人的には、Noです。

まあ……それ以前に首長は「この人に自治体を任せたい」ということが、直接選挙で問われた結果なのですから、その責任は重いということを自覚しなければなりません。
その意味では、兼職するぐらいであれば自治体のためにもっとやるべきことがないのか?を考えるべきでしょう。
兼職するということは、自治体のことを考えない(首長の仕事をしない)で国政のことを考えるということです。
これは「この人に自治体を任せたい」ということで選ばれたことへの裏切りでしかないと思います。

そもそも首長の意見を国政に反映したいのであれば、そういう人を国政に送れば良いだけの話です。
何も兼職する必然性はありません。
それが出来ないのであれば、それは国政というレベルでは、その主張は望まれていないというだけのことです(者を選ぶのではなく、政策を選ぶという視点で考えれば)。

他にも幾つか否定する理由はありますが、現時点で兼職を可能とすることに積極的に賛同する理由は見当たりません。
真面目に首長をするのであれば、無理なことですから……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 寒いんだもーん
2012年12月26日 (水) | 編集 |
「寒いんだもーん」
マーフィーの呟きが聞こえてきそうな感じです。

 mfy@20121226ama01.jpg

ベタッ~と引っ付くマーフィー。

 mfy@20121226ama02.jpg

そして体勢を整えると……。

 mfy@20121226ama03.jpg

やっぱり寝るわけね。
寒くなると一段と密着度が大きくなるので、私も動かなく(動けなく)なります。
太らないように注意しなければ……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】Twitterにて
2012年12月26日 (水) | 編集 |
Twitter文字制限がストレスです。
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。


▼方向転換は何をするにしても金銭的な余裕がなければ国も企業も家庭も破綻リスクを高くします。その意味では原発もTPPも社会保障も国際関係も……景気の上向き(できれば回復)が前提では?ですから今の日本に必要なのは景気をプラス方向に刺激できるリーダーだと思います。
▼耳に心地の良いことを言っても、それを実行するにはお金が掛かりますし、それによる影響は企業や家庭にも波及しますから、最低でも景気全体が上向きになって、余裕が出来なければ社会を破壊するリスクが高いと思います。


これは家計を考えてみれば分かることですが、余裕無しで方向転換しようとする者がどれだけいるでしょうか?
そんなリスクを取るのは、ジリ貧になる可能性が高い場合……それもギリギリの時だけでしょう。
自分の財布でさえ、そうなのですから、他人の財布(公共財)を使う場合にはもっと慎重であるべきです。


▼都合が悪いからといって無かったことにするのはどうか?と思いますね。


これは……もともとは評論家の田原総一郎氏が「日本人は原発ゼロを望んでいる」と言ったことに対して、あるアンケートでは「7~8割は望んでいないという結果があったのでは?」というツィートに対するものです。
このアンケートですが、未来の党が実施したのかどうか?は確定できませんが、その代表の写真を使ったHPで実施されました。
その結果が「日本人は原発ゼロを7~8割は望んでいない」という数値が出て、何度かリセットされ、その後に閉鎖されました。
これは……アル意味で問題だと思います。


▼とりあえず……他党の批判ではなく、自前の政策を語ってくれ~。段々と違いが分からなくなってきた。


これをツィートした後、知人から「?」のメールをもらいました。
普段、色々と話をしているので……。
このツィートは、正確には「段々と(自民党との)違いが分からなくなってきた」です。
通常、国政選挙では『政権与党 vs 野党各党』なのですが、今回の衆院選は『最大野党 vs 政権与党and野党各党』になっています。
で、選挙の公示前は各政党の独自路線が見えていて面白く、でもコロコロと内容が変わったりして内容の違いを整理が出来ない状態でした。
しかし選挙戦が進むにつれて言うことが自民党寄りに変化していく政党の多いこと多いこと……。
全体が自民党に近づくことはないのですが、段々と内容が自民党っぽくなっている……。
言い方は違うのですが、よくよく考えると「自民党と何が違うの?」と問いかけたくなることが多い。
しかも「自民党は……」と言っていたりしますから、なおさら分からない……。
そうなると各野党間の違いも小さくなってきて、おいおい!という状態です。
そんな気持ちを込めたツィートでした。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsこうめ : リビングにて
2012年12月25日 (火) | 編集 |
Merry Christmas!
さてクリスマス本番です。

部屋の中をダッシュ!ダッシュ!ダッシュ!していたコウメ。
急に静かになったと思ったら……今度はガサゴソ・ガサゴソ。

 mfy-ume@20121225neru01.jpg

忙しいコだなあ~。

一方のマーフィーは、正反対(今日は)。
密着してダラダラしています。

 mfy-ume@20121225neru02.jpg

コウメ、ガサゴソするとテレビの音が聞こえないんですけど……。
マーフィー、重くて足が痺れてきているんですけど……。
まあ……良いんですけどね、それで君たちが良いのなら……。

でもね~ケーキが出ると態度が変わるんだろうなあ~。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【組織】Twitterにて
2012年12月25日 (火) | 編集 |
Twitter文字制限がストレスです。
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。


▼お稽古に行くと色々なことを思ったりする。同じコトを聞いても、人によって出来ることに上手・下手が出る。それは言葉が通じているのかどうか?の問題もあるが、実際に見たり体験しても差が出る。理由は多分……脳へのインプットが上手で出来ていないため、(続く)
▼イメージを上手に作ることができていないか、もしくはイメージは上手に作れていても全身へのアウトプットを上手く伝えることができていないか……。そんな時は、目を閉じてスピードを落として動きを反復しながら、身体に動きを覚えさせると動きが修正されやすい。(続く)
▼どうも目を閉じてというのが大切なようで、それによって全身で感じるモノを上手く脳が捕まえやすくなるのでは……と思っている。また、スピードを落とすことで全身に上手くアウトプットすることも上手にできるのではと思う。これは誰かを指導する時に行う方法で、(続く)
▼私自身は動きを分解して絵を描く。キレイに描けると大体は出来るようになる。アクロバティックなものでなければ……とか、記録を気にしなければ……という条件は付くが。結局、脳の仕事は、全身からの信号を受けて、的確に判断して全身へ信号を送り返すことでしかない。(続く)
▼そもそも脳そのものは、それ以外の方法では外界にアクセスして何かを為すことはできない。だから脳に求められるのは、的確な判断、それだけであり、そのために必要となる情報を双方向に伝えるラインを作ったのだろう。このような身体の考え方で色々なモノ・コトを(続く)
▼見てみると、上手くいっていないアレコレは、脳に当たる部分が外からの情報をインプットしていないからではないか?と思えてしかたがない。あらゆる情報を判断しようとして、最終的な判断基準となるのは「好み」だろう。しかし最初から「好み」が判断基準になってしまうと、(続く)
▼身体の動きはどうなるのだろう?上手くいっていないアレコレは、それに似たことをしてはいないのか?と思う。コンピュータという外部記憶・演算装置を使う時代になっても、人間は、その身体感覚から離れてはいけないのだと思う。自分の身体でも上手く使うことは難しい。(続く)
▼そうであれば他者を上手く使わなければならない組織は、もっと難しい。その時に考えるべきは、脳に当たる者がキチンと情報を受け取っているのか?受け取った情報をキチンと判断しているのか?判断した結果をキチンと情報を伝えているのか?ということだろう。(続く)
▼身体をベースにして考えると組織が上手く動いていない場合、指示を伝えても動かないのではなく、上手く伝えることが出来ていないことの方が多いのだと思う。もしくは危険な状態であれば、身体は脳の判断を待たずに反射行動で危険を回避する。(続く)
▼それと同じ状態になっているのでは?と思ったりする。それが全てではないだろうが、少し違う角度から見直してみると面白い見え方がすると思う。


これは柔道から帰った後に夜中になって書いたものです。
書いているとおり、色々な動作について自分自身が上手くできないことがある時には、大体は絵を描きます
動きのポイント毎に簡単な絵を描きます。
そうすると何故か出来るようになることが多い。
そこから頭の中のイメージを作る重要性に気付き、感覚の脳へのインプット、それを全身に伝えるアウトプットという考え方をするようになったと思います。
でも誰もが絵を描くのが好きというわけではないので、余計な感覚を遮断するため目を閉じる(目からの情報は、他と比べて多いため)ことと、スピードを落としてユックリ動作を繰り返すという方法を行き着きました。
また、上手くいかないことを情報伝達のエラーと考えると分かりやすいのでは?という考え方(身体をベースにした考え方)を組織に当てはめると、色々と面白い切り口で考えることができます。
脳が上手く判断するために情報を仕入れる必要性があり、それが全身に神経として張り巡らされ、それに電気信号が流れることで情報のインプット・アウトプットが行われています。
組織が上手く動いていない場合、それに対応するものが欠けている可能性があります。
そういうものを張り巡らせても、情報を受け入れなければ意味がありませんし……。
それが後半に出てくる「好み」の問題です。
脳が、脳の好み(要するにバイアスですが)を基に判断すると大抵は失敗します。
あくまでも脳は、インプットされた情報を判断するのが仕事であり、判断が難しい時に最終的に「好み」というバイアスを使うのは仕方ないのですが、最初からバイアスを用いたものを正しい判断とは言いません。
それによって身体が危険を感じれば、当然ですが動きを修正します。
その場合、反射行動になりますから脳の判断を待つことはありませんし、脳の判断が間違った結果なのですから判断を待つ必要はありません(再度、間違った指示が出る可能性もありますから)。
柔道をした後、親御さんと色々と話をする機会がありましたので、その時に話をした内容をまとめてツィートしてみました。

 
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ : ジョーバ
2012年12月24日 (月) | 編集 |
Merry Christmas(まだイブですが……)!
今日もコウメはハイテンション!です。
コウメがリビングを走り回った後、動きが止まったのはジョーバの上。

 ume@20121224joba01.jpg

床暖房を入れているので、フローリングの方が暖かいはずなのですが……。
なぜかジョーバの上。

ジョーバの上で方向転換したりするので、ジョーバのシートが痛まないようにカバーを掛けました。
それが気に入らないのか……必死にツメを立てていましたが、ようやく諦めたようです。

そして……こんな顔。

 ume@20121224joba02.jpg

やっぱり……ちょっと不満そうな顔してるよな~。
ケーキがもらえないからかな~。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】Twitterにて
2012年12月24日 (月) | 編集 |
Twitter文字制限がストレスです。
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。


▼相変わらずお騒がせな橋下大阪市長。政務と公務を分けないで、記者会見を一本化だと言ったり、維新の会は石原氏と橋下氏が共同代表にしてみたり……でも橋下大阪市長の行動は、表舞台で置いていかれない(忘れられない)ように必死に話題作りをしているようにしか見えない。


最近の橋下市長の行動を見ていると何だか痛々しく感じています。
何故だろう……と考えてみると合理的な理由が見当たりません。
どうも……無理にでも表舞台に出ていたいのでは?という雰囲気が漂っているように感じるのは、私だけでしょうか?
柔道教室に限らず、子どもたちの相手をしていると必ず(と言っていいぐらい)いるタイプで、私の周りでは「かまってちゃん」と呼んでいる子どもたちにソックリです。
とりあえず他の子どもと違う行動をしてみる。
とりあえず他の子どもより極端に行動をしてみる。
色々なところに登場してみる。
……などなど……。
橋下市長の行動を見ているとそんなことを思います。
確かに維新の会を作ったのは橋下市長ですが、今衆院選において太陽の党と合流してからは石原氏の露出が増え、しかも石原氏の存在感が大きいので影が薄くなっているのは否めません。
それを感じているからか……派手な行動をしているのでは?と思ったりします。


▼橋下市長の行動は、派手なパフォーマンスにしか見えない(というか段々と酷くなっているように見える)。本当に実力があれば、そんなことをしなくても評価は自然と付いてくるはず。それに派手なパフォーマンスの行く末は民主党を見れば分かると思うのだが。


橋下市長の行動について常々思うのは、何故あんな派手なことをするのだろう?ということです。
本当に実力があれば結果は出ますから、地道(地味)にやっていても高評価を得ることができます。
そうなると逆から考えると……やっていることで結果が出ていないのか?と疑いたくなります。
大体において人間がすることに大きな違いはなく、やっていることに自信がなければ、発言は過激になりますし、行動は派手になります。
そうやって自分を優秀に見せかけようとするものです。
そう考えると……本当に大阪市は良くなっているのでしょうか?


▼「1票の格差」の問題で、27選挙区の選挙無効(やり直し)を求めて提訴があったらしいが、そんなことよりも日本を立て直すことが先だと思う。


今回の選挙で一番求められていたのは、経済の立て直しです。
そのために動き出そうとしている時に、こんな話はないと思います。
この人たちは何を考えているのだろう?と……。
「1票の格差」の問題については、本当に人数だけをベースに考えて良いのか?と疑問に思います。
日本全国からの情報を取り入れてどうするのか?を決定するのが、国会という場です。
人体に例えれば、手足からの情報をどう取り入れるのか?を考えなければなりませんし、その情報をどう評価するのか?を考えなければなりません。
そのためには多くの(それも色々な)情報を取り入れるための部位と多くの視点が必要となります。
現状は、それを担保している状態ではないのか?と思います。
これを本当に人数だけをベースとした状態にするとどうなるのか?
人体をベースにして考えれば容易に想像できると思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記