【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ : よいお歳をお迎え下さい。
2012年12月31日 (月) | 編集 |
平成24年も大詰めになりました。
残りも数時間。
今年の最後は、マーフィーandコウメが大好きな近所のおばあさんの家にお邪魔しました。
玄関で……ではなく、いつも家に上げてもらうマーフィーandコウメ。
青と黄色は、いつでも玄関に準備してある(らしい)マーフィーandコウメ用のバスタオルです。

 mfy-ume@20121231baachan01.jpg

イイ子で伏せをするマーフィー。

 mfy-ume@20121231baachan02.jpg

この後、おばあさんからオヤツを、おじいさんからジュースをいただきました。
ご満悦です。

一方のコウメは……。

 mfy-ume@20121231baachan03.jpg

ウォーキングマシンの上で遊んでいました。

そして皆さんにイイ子イイ子してもらって、嬉しそうにしていました。

 mfy-ume@20121231baachan04.jpg



さてさて。

今朝(というか夜中なのですが)、皆様のブログにお邪魔して一年間のお礼のコメントを書かせていただきましたが、【拍手コメント】がエラーになってしまうので、普段つかったことがない【コメント】を使いました。
使い方がよく分からないので、上手く入力できたのかどうか……。
中には【コメント】を閉鎖されている(私もですが……)方もおられ、お礼のコメントを送ることができませんでした。
そんな意味で……ここでもう一度書いておこうと思います。

一年間、応援をいただきまして、ありがとうございました。
おかげさまで今年も最後の一日を無事に迎えることができました。
来年もよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
【インフル】インフルエンザ情報
2012年12月31日 (月) | 編集 |
いつの間にか犬・猫ブログになってしまいましたが、もともとは自分用のメモ帳のような感じ(そのあたりはココで……)でブログをスタートしました。
スタートした最初のネタがインフルエンザ情報だったので、今年も最終日にそれを書いておこうと思います。



インフルエンザはノロとは違い、市販のものを使えばアル程度は予防することが可能です。
気温が下がり、空気が乾燥するシーズンですから、ウィルスの活動力は強くなります。
それでもインフルエンザはアル程度は予防できるものですから、気を付けましょう。
また症状を感じた場合には、感染を拡大しないことを考えて行動しましょう。

------------------

【インフルエンザ情報(全般)】
 ◆2012/12/27 インフルエンザウイルス分離・検出状況 2012年第36週(9/3-9)~第50週(12/10-16)
 ◆2012/12/27 インフルエンザ抗体保有状況-2012年度速報第2報
 ◆2012/12/25 IDWR 2012年第49号<注目すべき感染症>インフルエンザ
 ◆2012/12/21 インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)
 ◆2012/12/21 インフルエンザ流行レベルマップ 第50週(12/21更新)
 ◆2012/12/19 インフルエンザウイルス分離・検出状況 2012年第36週(9/3-9)~第49週(12/3-9)
 ◆2012/12/14 インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)
 ◆2012/12/14 インフルエンザ流行レベルマップ 第49週(12/14更新)
 ◆2012/12/12 インフルエンザウイルス分離・検出状況 2012年第36週(9/3-9)~第48週(11/26-12/2)
 ◆最新情報:インフルエンザ発生状況-アメリカ、2012年9月30日~11月24日
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ : 隠れてる……つもり……
2012年12月30日 (日) | 編集 |
「コウメ!」と呼ぶのですが、なかなか姿を見せない。
ということで探しに行ってみるとベッドの上で布団の影に隠れていました。

 ume@20121230kakurenbou01.jpg

それでも出てこないコウメ。
まだ隠れているつもりなのか???

 ume@20121230kakurenbou02.jpg

しっかり見えてるんだけどね、コウメ。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】自民党
2012年12月30日 (日) | 編集 |
衆院選があったためでしょうか……政治ネタが多いのが気になりながらも色々と書いてしまいます。

さてさて……前回【注①】、自民・民主・維新を除いた政党について、ブツブツと書いてみました。
このブログの中で民主党をボロボロに書いていたり、維新の会をボロボロに書いていたりするので、後は自民党について……です。


自民党について思うのは、良い/悪いを別にすれば「上手に運営する政党」ということです。
多分、自民党内部には、民主党内部にあったような意見の対立は多々あるはずです。
それが表面化することもありますし、郵政の時には離党者が出たりしました。
でも……あれだけの規模の政党の割には、割合と離党者が少ないように思います。
分裂も……。
郵政の時には色々とありましたが、それ以外では大きなものは記憶にありません。
これは多分、自民党内では主流派と意見が違っていても、それを内包できる環境があるからだろうと思います。
その意味では、党内に野党がいる状態で、党を上手に運営していると言えるでしょう。
そして党としての決定が下れば、党として動きます。

そこが下手だったのが民主党。
上手に調整できなかった結果、大量の離党者が発生したり、分裂したり……しました。
話し合うという民主主義の根幹に関わることが出来なかった結果なのですが……。
そして「これではダメだ!」という思いからでしょうが、今衆院選前には党に対して誓約書を提出させ、それが出来なければ党推薦を行わないという姿勢を取りました。
これは「党の決定に従わないのであれば、最初から民主党に入るな!」ということです。
それを否定するつもりはないのですが、それは話し合って上手くまとまれば良いだけの話で、それが出来ないと公表していることに他なりません。

その姿を見て、最初から「党の決定に従わないのであれば、最初から党に入るな!」という姿勢だったのが橋下大阪市長が率いていた維新の会です。
ところが石原氏(太陽の党)との合流時に、そこがグズグズになってしまいました。

これらの様子を見ていると、本当に自民党は上手に党を運営しているんだなあ~と思います。
普通に考えれば、集団の中に異質な存在がいることは、本来はマイナスよりプラスの方が大きく、全体が同じでは機能の限界は低くなります。
人体を考えれば分かりますが、右手と左手、右足と左足では方向が逆です。
それでも何かをしようとする時には、全体で調和を取りながら動きます。
この構造が分かっていれば、今衆院選の民主党の対応や維新の会の方針がおかしいと気が付くのですが……。
大切なのは、それらの各部を調節して全体が上手く動作するようにすることなのですが、そうではない方向に向かってしまっている政党が多いように思います。
まあ……政党だけでなく、色々な集団でも同様なのでしょうが……。

個別の政策については、与党として動き出してから、書きたいことができれば書こうと思います。


------------------

【注①】
 ※参考URL:【政治】各政党について

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 寝る!
2012年12月29日 (土) | 編集 |
寒くなったので床暖房を入れて過ごしているのですが、それでも寒い!と言うのがマーフィー。
膝掛けの中に潜り込んできます。

 mfy@20121229hittsuku01.jpg

気持ち良さそうに眠りに入るのですが、そこに近づくヤツが……。

 mfy@20121229hittsuku02.jpg

この微妙な距離が……。
コウメは、この距離のまま眠りに入りました。
でも……マーフィー。
全く反応なし!ってことはないんじゃない?
目を覚まして警戒態勢を取っても良いと思うけどなあ~。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】各政党について
2012年12月29日 (土) | 編集 |
衆院選があったためでしょうか……政治ネタが多いのが気になりながらも色々と書いてしまいます。

別に自民党が良いと言うわけではないですが、民主党をボロボロに書いていたり、維新の会をボロボロに書いていたりする割には、自民党については書かないんだなあ~と言われることがあります。
ですから一度、各政党について個人的に思っていることを書いてみようと思います(自民党は後回しにします)。

▼公明党
言っていること自体は悪くはないのですが、基本的には最大与党になろうと思っていないところが……。
そうなると責任は最大与党が背負い、小さな責任で自らが掲げる政策を実施しようとする……アル意味で「何だ!それ!」という立場を取っています。
言ってみれば「コバンザメ政党」。
キャスティングボードを握ると言えば聞こえは良いのでしょうが、公約とかマニフェストとか……言い方は色々あるでしょうが、実現できなくても「最大与党ではないから仕方がない」という言い訳が最初からできあがっているので、結局は大きな責任を負わない立場にいるということになります。
その意味では、個人的にはコバンザメ政党は好きになれません。

▼社会民主党
所謂「野党ボケ」政党だと思います。
与党になる可能性がないので、与党や野党第一党が言うことに「No!」と言っているだけで、実現可能性があるような政策をキチンと発信しているのか?という疑問が大きいのですが、民主党政権の時に与党に入ってしまいました。
その結果が、与党になったにもかかわらず公約も何も……という状態……。
それが気に入らずに与党を脱退したのは、アル意味で利口だったのかもしれません。
ここが掲げる政策は、実際に実行した場合の影響(プラス/マイナス)を評価していた上で掲げているようには思えません。
言ってみれば「イデオロギーだけの政党」ということでしょうか……。
そういう政党が、何かの勢いで最大与党になってしまい、評価を落としたのが……民主党政権なのですが……。

▼日本共産党
ここも所謂「野党ボケ」政党だと思います。
与党になる可能性がないので、与党や野党第一党が言うことに「No!」と言っているだけで、実現可能性があるような政策をキチンと発信しているのか?という疑問が大きく、掲げる政策によるプラス/マイナスを評価しているのか?と思います。
まあ……これだけ共産主義国家が破綻していく中で、共産党を名乗る意味も分かりませんが……。
要するに思考のテーブルが違うので、何とも言い難い政党です。

▼国民新党
ここは郵政以外に本気で何かをしようとしているのか?と思います。
国家の未来を提示できていないという意味では、政策集団としては「あり」なのかもしれませんが、政党助成金をもらうような政党としては「なし」でしょう。
民主党政権下では与党にいましたが、特別に郵政以外で何かをしたのか?と思います。
その意味では、ここもコバンザメ政党を目指しているのではないでしょうか?
しかも郵政改革に反対していた顔のような亀井氏を放り出したのですから、何がしたいのか?理解に苦しみます。

▼みんなの党
党首のイメージが強すぎて、好感を持つ人と反発を持つ人とが極端な政党だろうと思います。
その党首も「言語明瞭・不明瞭」だったりしますから、何とも……。
でも党首以外では、キチンと政策を語れたり、話し合えたりする人もいます(テレビの討論番組を見ていて思いました)し、掲げる政策は夢物語ではないようにも思います。
ただ掲げる政策を実行する場合、アル程度の日本社会の安定性というか余裕というか……そういうものがなければ、社会の混乱が大きくなるリスクを持っています。
この政党は最初から「キャスティングボードを握る」という内容の発言をしているのが、個人的には嫌いです。
要するにコバンザメ政党ですから……。

▼新党大地
北海道がメインの政党ですから、国政に出ることの意味が理解できません。
確かにロシアとのパイプはあるのでしょうが、それ以外に何があるのか?
国政はロシア外交だけではありませんから、色々な方向性を持たなければならないはずです。
要するに人材不足
その上に人員不足ですから、国政での影響があるのか?と思います。

▼新党改革
個人的には党首の舛添氏の考え方は、嫌いではありません。
でも……政治家になってからの舛添氏の発言は、そうなる前の切れ味がなくなっており、面白みに欠けています。
まあ……政治家になる前の舛添氏の発言は、もしかすると今の橋下氏(維新の会)より攻撃的だったかも……と思いますから、政治家としては今ぐらいの方が嫌われることは少ないように思います。
それでも時々は舛添節を聞きたいなあ~と思ったりします。

▼新党日本
田中氏の考え方も、個人的には嫌いではありません。
割合と現実路線だろうとは思いますし、良いことを主張しているのですが、あまりにも影が薄い……。
今後、どうして行くのだろう?と思います。

▼未来の党
今衆院選でいきなり出てきた未来の党。
自治体TOPが党首という意味では、本当に運営できるのか?と不思議に思います。
そもそも自治体TOPに時間的余裕があるなら、専業である必要はなく、非常勤(要するにパートさん)扱いでも良いわけです。
そうすれば報酬も低く抑えることができますし……。
国政に関わる政党のTOPが自治体TOPであることは、自治体TOPとしての仕事が出来ていれば問題ありません。
しかし……どこのTOPも忙しいのが実情です。
普通には出来るはずはありません。
では普通でないとすると……結局は、ナンバーツーから下がTOPの仕事を請け負うことになります。
それでは本末転倒だと思います。
そもそも、この党は政党の代表者より小沢氏の印象が強く、立ち上がった時点で分裂へのカウントダウンが始まっているという声をたくさん聞きました。
結果、衆院選が終わって1ヶ月もしないうちに分裂……。
衆院選で未来の党に投票した人を何だと思っているのでしょう……。

▼その他
ここで挙げていない政党(自民・民主・維新を除く)は、特段に書くことはありません。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsこうめ : 玄関にて
2012年12月28日 (金) | 編集 |
ちょっと出掛けようとすると「ドコ行くの~?」と追いかけて来たマーフィーandコウメ。
でも君たち留守番だよ~と言って、ちょっと外出。

 mfy-ume@20121228genkan01.jpg

そして返って扉を開くと……。

 mfy-ume@20121228genkan02.jpg

君たち、待ってたの~?
そんなわけないよね~?
今、あわてて出てきたでしょ……音がしたよ……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】Twitterにて
2012年12月28日 (金) | 編集 |
Twitter文字制限がストレスです。
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。


▼どの放送局を見ても……なぜか自民党叩きに走っている理由が分からない。


ここから暫くは衆院選挙の開票後に書き込んだものです。
第一に思ったのは、開票の時点で既に自民党叩きに走っているマスコミ報道(テレビですが)って何なんだ?ということでした。
まだ何も始まっていないにも関わらず、ネガティブな質問の数々……。
開票後ぐらいは、おめでとう!で終わっても良いのに……と思ったりします。


▼もうテレビでは解散の話を出して……理解不能。


1票の格差が解決されない状態での選挙だったとはいえ、開票後すぐに「定数是正、1票の格差是正をして解散総選挙」という発言には呆れました。
国民が何を望んでいるのか?は、選挙前に各社が行ったアンケートによると圧倒的に景気対策。
「定数是正、1票の格差是正」は、アンケートの上位には見られませんでした。
そうなれば、後回しにするのが正しいのでは?と思います。


▼やっぱり近畿は維新が強いなあ~。


今回の衆院選、日本中が自民党の一方的な勝利のように見えたのですが、唯一近畿ブロックだけは維新勝ち
ちょっと不思議な感じがしました。


▼安倍さん、顔に疲れが出てる。これから大変なんだから少し休ませてあげてほしい。


安倍総裁、忙しかったのでしょうから、かなり顔に疲れが出ていました。
顔色も悪い。
本気で少し……1日でもユックリした方が良いと思います。
長い目で見れば、それぐらいはしておいた方が、ベターだと思います。


▼この結果を見ていると……ネガキャンがなければ、自民党の票はどこまで伸びたのだろう?と思う。
▼自公で3分の2確実との報道あり。マスコミのネガキャンの意味がなかったなあ~。


選挙前の自民党に対するネガティブキャンペーンの凄かったこと……。
報道ベースでどれだけマイナス面(実際にはないようなことまで)が拡がったのでしょう?
それでも結果は……。
あのネガキャンがなかったとするとどうなっていたのだろう?と思ったりします。


▼今の報道を見ていると……自公と他党のインタビューでの回答の差、それが選挙戦の差の全てだったのでは?と思ったりします。


開票後の各党議員へのインタビューを聞いていると、自民党議員は冷静に回答しています。
自分たちの力ではなく、他党が自滅しただけ……との分析も出ていました。
でも……自民党以外の政党議員の発言は、自滅した原因を考えない発言ばかりでした。
感情的になっていたりして、言っていることの意味が分からなかったり……。
多分、選挙期間中も同じような感じだったと思います。
公示前の討論会でも、似たような雰囲気でしたし……。
それが結果を生んだのでは?と思います。


▼選挙戦で、自民党vs他政党にして(なって)しまったのですから、対(反)自民の票が割れれば、今衆院選の結果は仕方ないのかも……と思ったりします。


多分、自民党以外の政党は、自民党を叩くことで票を稼ごうとしたのでしょうが、結果的には反自民の票が割れるだけの結果になったように思います。
明らかに戦略ミスでしょう。


テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記