【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ : Tシャツ
2012年12月06日 (木) | 編集 |
コウメの抜け毛が酷いので、ガードするためにTシャツを買ってみました。

 ume@20121206Tsyatsu01.jpg

着せてみると、こんな感じです。
ちょっと短い……。

 ume@20121206Tsyatsu02.jpg

割りとピチピチだし……。
これでは抜け毛のガードにならないなあ~。

 ume@20121206Tsyatsu03.jpg

少し大きめのサイズを選んだつもりなんですけどね。
やっぱりコウメもダイエットが必要かな~。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【Critical Thinking】#06-04 構造化のためのツール (3)
2012年12月06日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

(3)は、考える「枠組み」を基に思考を進めることで、通常、MECEで分類された枠組みを使います
これには、コンサルタント等が長い歴史の中で生み出した汎用的に使えるフレームワークもあり、大きな視点を失わず、見落としを防ぎながら効率良く分析や解決策の立案が可能になります。
その一方で、
 ①.分析麻痺(分析そのものが目的化してしまう)
 ②.なまじフレーム・ワークを知っているために、そこで思考が停止してしまい、掘り下げが浅くなる
等のデメリットもあります。

最初に「構造化するためのツールについては、色々なものがあります」と書きました。
これらは、あくまでも「ツール(道具)」です。
道具を上手く使うことができれば効率よく作業できますが、上手く使うことができなければ道具に振り回されることになります。
また、道具ですから使う練習をすれば上手くなりますが、練習しなければ上手くはなりませんので……。


(続く)


------------------

【注①】
 【Critical Thinking】#06-02 構造化のためのツール (2)
【参考】
 ※参考URL:MECE(ミッシー)
 ※参考URL:ロジック・ツリー
 ※参考URL:フレームワーク思考
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記