【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ : 窓際
2012年12月21日 (金) | 編集 |
窓際で佇むコウメ。
寒いのに……何をしているんだろう???

 ume@20121221mado02.jpg

そう思って、外を除いてみるのですが、別に変わったものは見えません。
でも外をチラチラ見るコウメ。

 ume@20121221mado01.jpg

コウメ、何を言おうとしているの?
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】Twitterにて
2012年12月21日 (金) | 編集 |
Twitter文字制限がストレスです。
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。


▼選択するためには多くの情報が必要です。それなしで選択する場合、「好き・嫌い」による選択になりませんか?


これは選挙期間中でありながらTwitter上で政治活動を続けていた某党代表代行の発言に対するものです。
彼は色々な問題に対して「政治家ごときが一から議論できるわけがなく、政治家が論戦は専門家からすれば『どうしようもない薄い議論』になるので、官僚組織や専門家に議論させ、最後は政治家が決定する」という内容をツィートしました。
しかしベターな選択には、最低限の知識が必要です。
そのためにはアル程度の議論はできなければならないのは当然です。
それを最初から放棄するのは、決定者として無責任と言わざるを得ません。
なぜか。
書いているとおり、情報なし(不足)の状態での決定は、「好き・嫌い」による決定になるしかないからです。


▼「やってみなければ分からないから文句を言うな」というルールであれば、戦後復興からの経済発展と同等のことをしてからでなければ、その舵取りをした既存政党に何かを言う資格はないのでは?


これは評論家(?)の竹田圭吾氏のツィートに対して、某党代表代行が「やったことがないのに、分かるわけない」という内容のツィートを返したものに対するものです。
しかし……某党代表代行の行動(発言)は、そのままブーメランと化して自らに突き刺さってしまいます。
「やったことがないなら分からないだろう。だったら口を出すな!」という論理は、既成政党を批判している某党代表代行の発言そのものへの批判になります。
既成政党を批判するのであれば、戦後の復興や今の豊かな(世界的には)日本を作った既成政党を批判する場合には、それと同等の発展をしてからでなければなりません。
でも……そんな実績はないのですから……。
段々と自滅型の発言が増えてきたような気がします。


▼橋下氏がウケているのはマスコミ報道が原因でしょうね。マスコミは良い/悪いではなく、新しい・変わった・単純な……そういうものが大好きで、そのイメージ操作によっているのだと思います。特に都会では、流行に乗り遅れないように(続く)
▼という気質があるのでは?と勝手に思っており、それが政治にも影響しているのでは?と思ったりします。根拠は何もありませんが……。ですから、さらに新しい政治家が出たり、時間が経過すると飽きられるのは?冷静に考えれば、彼が言っていることは全然新しくないので……。


これは橋下大阪市長の人気の理由が分からない……というツィートに対するものです。
別に言っていることが真新しいとか……そういうことはありません。
大雑把に言えば、どこかで聞いたことがあることばかりです。
それが……なぜ?と考えるとマスコミ報道によるものだと思います。
民主党政権の閉塞感が高まっている中で出てきた政治家、そこにマスコミが飛びついたのだと思います。
マスコミは良い・悪いではなく、記事になるかどうか(売れるかどうか)?を基準に報道します。
その意味では、報道に乗せやすいキャラクターだったのでしょう。
反応が大きかったのは、大阪という都会だったから。。。
都会は流行の種を生み、育てます
それが地方に拡がって、流行になる。
ですから都会は流行に敏感に反応します。
それが都会という場が持つ力です。
逆に言えば、さらに新しい誰かが出てくると忘れられる可能性があります(本物にならない限り)。
また、そういうことがなくても時間の経過によっても忘れられる可能性があります。
もう少し彼が言っていることを冷静に考えた方が良いと思います。


テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記