【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー : ボール
2013年02月01日 (金) | 編集 |
ボールを自分で投げて、走って……遊んでいるマーフィー。
リビングを走り回っていたのですが、疲れたのか……ボールを抱えて座り込みました。

 mfy@20130201ball01.jpg

でもボールは「僕のだよ~」と抱えています。

 mfy@20130201ball02.jpg

ボールを取ろうと手を出すと……。

 mfy@20130201ball03.jpg

「あげないもんね~」
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】聖職だから?
2013年02月01日 (金) | 編集 |
議員、医師、教師など聖職と呼ばれる職業だけではなく、公務員や弁護士、医師以外の医療従事者にも同じことが言えるのですが、こういう職業は本来、世間の経済性とは別のベースで動いているものです。
ですからバブルが崩壊し景気が冷え込んでも直接的な影響を受けにくい分野です。
例えば医師を含む医療従事者であれば、景気の上下に関わらず、病気は発生します。
例えば教師であれば、教える内容と景気の上下は関係ありません
まあ……全く関係ないわけではなく、医療従事者であれば景気の上下によって食べ物の質が変わり、その影響を受けることがあります。
弁護士であれば、景気の上下と犯罪の発生が無関係ではないでしょう。
公務員であれば、景気の上下は税収に関係します。
ただ直接的な影響を受けにくく、併せて言えるのは「全く不必要」という状況にはならないということです。
で、「所得が多い!」という批判の対象とされてしまいます。

しかし……よく考えてみると、こういう職種には能力が高い人になってもらいたいものです。
そうなると一定以上の所得が保証されなければ、その職種を選んでもらえません。
逆に一定以上の所得が保証されないことが、そのような職種の質を落としている原因ともいえます。
ただ……これは個別の能力が主因ではなく、構造的な問題を大いに内包しています。
近年、構造的な問題を見ないで、個別の問題に転嫁しようとする動きが大きすぎるように思います。
これは無責任極まりなく、問題を大きく複雑化しているだけです。

この種の業のほとんどは、もともと保証されていた額は高額ではありませんでした。
例えば議員という業は、自らの行動(発言を含む)により何か大きなマイナスがあった場合には、できるだけ所有する財産で埋め合わせをするという覚悟のもとになっていた職種です。
そのリスクを考えれば高額とは言えなかったのですが、近年、その覚悟なしになってしまっているので、高額に感じてしまうのだと思います。

さてさて、これらの職種で正規な報酬以外に何か(現金を含む)を受け取ると賄賂と騒がれます。
しかし事後に付け届けでお礼の気持ちを表すのは、礼儀としては間違っていません。
お金を払えないから、家でできた農作物を届けるとか……そういうことが間違っているとは思えません。
個人的には、保証される金額を抑えて、付け届けを可にしても良いように思います。
というか……それが元々の姿なのかもしれません。
問題があるとすれば、付け届けを目的にしてしまう可能性があることです。
これを防ごうと思えば、そんなことを考えないようにアル程度の金額を保証しておく必要があります(能力が高い者を望みますから)。
構造的に考えるなら倫理感だとか……そういうことを言っていても何の意味もありません。

色々な職種で「そんなことは誰でも出来る!」という人がいますが、実際に「やってみて下さい」と言われてどれだけの人が出来るのか?と思います。
実際、これらの職種につくためには何らかの試験にパスする必要があります。
それにパスできるのか???
これが最低条件ですから……。
結局、都合の良い想像で誰かをスケープゴートにしているだけなのでしょう。
そのようなことに左右されてしまうと、社会がドンドン変になっていくだろうと思います。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記