【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー : うぉ~ん!
2013年07月22日 (月) | 編集 |
暑い中、散歩に出掛けたマーフィー。
ちょっと歩くと……すぐにバテバテになり、動きが止まります。

 mfy@20130722wan-wan02.jpg

でも何かに反応して……。

 mfy@20130722wan-wan01.jpg

うぉ~ん!
うぉ~ん!

別に気になるようなものは見えないんですけど……。
やっぱり人間より何倍も匂いや音に敏感なんですかね……。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】2013参院選
2013年07月22日 (月) | 編集 |
選挙期間中にも書きましたが、盛り上がりなく終わってしまった2013参院選。
そして……大方の予想どおりの自民党の圧勝で終わった2013参院選。
まあ、あれだけ盛り上がらなければ、この結果は分かっていたことなのですが……。
逆にこの結果が予想されたから盛り上がりに欠けた面もありますが、野党勢力がアンチ自民的な発言に徹していては、盛り上がらないのは仕方ないとは思います。

実際には論点は色々あったはずです。
沖縄の米軍基地と日本の安全保証の問題、尖閣諸島や竹島の領土問題、エネルギー問題、東日本大震災からの復旧、医療・年金等のセーフティネット……。
これらについての論戦が盛り上がらなかったように思います。
各々の問題と密接に関係する地域ではそうではないのかもしれませんが、これらは日本全国の問題ですから、もっと全国で盛り上がらなれければならないことではないか……と思います。

しかしながら野党各党がやりにくさを感じていたのは分からないではありません。
民主党が政権交代した時のようにバックデータのない公約を掲げても相手にしてもらえないでしょう。
その意味では民主党の政権交代は、国民から政治への期待と夢を失わせ、一方でバックデータの重要性を認識させたという影響を及ぼしたものだったのではないか?と感じています。
また橋下大阪市長の従軍慰安婦発言の影響からか、ギリギリのラインのようなところについての主張が控えられていたように思います。
各党・各候補者が本当はどう思っているのか???分からないことが多かったように感じています。
これらから野党の攻撃性が抑えられた結果、盛り上がりを欠いてしまったのだろうと考えています。

そもそも国民の最大の関心事は経済の立て直しで、これに自民党政権は応えていますから攻撃しにくいのでしょう。
自民党政権になって(戻って)実施された大きな政策は経済政策(アベノミクス)が際立っており……これは今回の参院選を睨んだために色々と実施を見合わせていたという面もあるのでしょうが……アベノミクスについて色々と意見は出ていましたが、あまりにもインパクトに欠けていました。
アベノミクスは良くも悪くも経済を動かしているのは事実ですし、その結果は今後の動向を見なければ可否を付けることはできませんから、攻撃のターゲットにしにくいのだろうと思います。

憲法改正については、尖閣諸島や竹島の問題で領土問題が国民の中に拡がったことから、うかつに口を開けない状態だったのはないか?と思います。
エネルギー問題については経済問題に影響しますし、具体的な代替案が提示できない(現状では)以上、武器としては脆弱ですし……。

そうなると盛り上がりに欠けますし、与党が強いのは仕方がないでしょう。
野党各党には、あまりに武器が少なすぎます。
しかし「選挙後にリスクを背負うような発言は控える」とか「安全圏にあるものについてしか発言しない」というのは、あくまでも与党の戦い方です。
以前の選挙では、この辺りに踏み込んでいたので、良くも悪くも国民に選挙についての関心を大きくさせ、そして選挙に活気が出ていたのだろうと今回の選挙戦を見ていて思いました。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記