【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ : コードが……
2013年09月03日 (火) | 編集 |
相変わらず実がなる続けている我が家のミニトマト。

 tomato@20130903.jpg

いったい……いつまで育つのか???
それでも育つスピードはダウンしているようですので、そろそろ止まるかな?と思います。

さて、窓際でゴロゴロするコウメ。
腹を出すのは……いつもどおりですが、最近、多いのが電源コード遊び。

小さい頃に電源コードをガジガジしそうだったので、コウメがウロウロするようなところ(家中のほとんどですが……)の電源コードに100均で買ったコードチューブ(ケーブルチューブ)を巻いています。
一体、コードチューブを何本巻いたか……。

で、コウメは……ゴロゴロしながら、コードで遊んでいます。

 ume@20130903haradashi01.jpg

おいおい……コードを引っ張るなよ……。

 ume@20130903haradashi02.jpg

しかし……腹が全開とはなあ~。
無防備すぎだよ。。。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】予測できないか???
2013年09月03日 (火) | 編集 |
関東地方で竜巻が発生し、大きな被害が出たようです。
猛暑かと思えば、大雨になったり……今度は竜巻……。
大変な天候だと思います。

このような天災が発生するとテレビでは「予測できなかったのか?」という話が出たりします。
でも……そもそも予測できるということは管理できるということと同意です。
これは確率的な話でも同様。
管理できているからデータ化が可能ですし、そこから統計化することが可能です。
そして管理できるのは、あくまでも人間が作った範囲に限られます。
つまり自然に近いものになれば……それだけ曖昧さは増します。

例えば屋内に釘を放置して錆びてしまうまでの時間は、だいたい予測可能です。
しかし屋外だと……環境を係数化するのが難しく、予測は曖昧さが大きくなります。
これに異常気象が重なると予測の曖昧さは増加します。
自然の要素が大きくなれば、それだけ予測は困難になります。

実際、自然に対して予測するのは難しいことですし、これまでのデータが少ないものについては傾向が掴めていませんから予測することはできません。
これが毎日の天気予報と突発的に発生する異常気象の違いです。
この違いが理解できていれば、「予測できなかったのか?」という話は出てきません。

何でも予測しようとするのは悪いことではないのですが、データが少ない中で予測すると大きな間違いが起きる可能性が大きくなります。
自然は管理できない……もう一度それを認識すべきと思います。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記