【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】はくと君 and あんなちゃん
2013年09月12日 (木) | 編集 |
帰省中のハクトくんandアンナちゃんの写真です。

廊下でおやすみ中のアンナちゃん。
モコモコの毛で目が隠れているので、寝ているのかどうか……ハッキリしません。

 hkt-an@20130912a.jpg

これは玄関先で横になっているアンナちゃん。
この写真でも目が隠れているので、起きているのかどうか???ハッキリしません。

 hkt-an@20130912b.jpg

一方のハクト君。
ソファーでおやすみ中です。

 hkt-an@20130912c.jpg

君たちも……よく寝るねえ~~~
と思っているとパッチリ目を開けたハクト君。

 hkt-an@20130912d.jpg

「僕は起きているもんね~」ってことでしょうか???
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【組織】楽な方へと反応する
2013年09月12日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

人間の身体(人間だけではないでしょうが……)は、楽な方向を選択するようにできています。
同じ動作をするにも、できるだけ楽な方法を選択しようとします。
この楽な方法は、各々に個体差がありますから、決して同一ではありません。
筋肉量の差、骨格の差……各々によって微妙な違いがあります。
これは当然のことで、決して無視することができないものです。
これを認識しておく必要があります。

しかし……どういうわけか組織を画一化しようとするムーブメントがあります。
特にコンサルタントを雇った場合、この傾向が強くなります。

そもそも組織によって目的も大きさも……何もかもが異なるわけですから、他組織で成功した事例がそのまま適用できる例はほとんどありません。
短期的には成功したように見える例でも、長期的にはデメリットになっている例が多々見受けられます。
これらは経営者や管理者の能力に起因するモノで、キチンと考えていないのか考える能力が欠如しているのか……いずれかの理由によって発生しているエラーです。
前回、『耳が鼻のような形でなく、鼻が耳のような形でないのは、各々「音を聞く」「匂いをかぐ・呼吸する」というような機能にふさわしい形態をとっているから』と書きましたが、経営者や管理者もその機能を果たせる人材を登用する必要があります。

話を戻しますが、「楽な方向」は組織の規模や存在する場などの要素で異なります。
それを前提に考えなければなりません。

 (続く)

------------------

【注①】
 ※参考:【組織】形と機能

 
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記