【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー : 引っ付く
2013年09月26日 (木) | 編集 |
今日も甘えん坊のマーフィー。
全力で密着しています。

 mfy@20130926ama01.jpg

そんなに上に乗られると、ちょっと重いんですけどね。。。

 mfy@20130926ama02.jpg

それにしても……おだやかな顔をしてるなあ~。

 mfy@20130926ama03.jpg

スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【仕事】コスト
2013年09月26日 (木) | 編集 |
先日、この春に我が職場に就職した若者と話をしました。
その新採さんは新卒ではなく、他社で働いた後の転職です。
色々と話をしていましたが、我が職場に足りないのは何だろう?という話になりました。
結論は……コスト意識だろうと……。
どの組織でも同じでしょうが、一番コストが掛かるのは結局は人件費です。
そうなると効率よく人を動かさなければなりませんし、効率よく動くことができる環境を作らなければなりません。
しかし……それが足りないのではないか?
これは我が組織だけの構造上の問題ではないのでしょうが、管理部門が全体管理できてないのだろうと思います。
別項(Risk Management)でも書いたのですが、そもそも「Management」は調整です。
キチンと全体調整できなければ、全体的なコスト削減はできません。

さて……考えられているようで考えられていないのが、時間に対する意識です。
個々の作業が、どれだけの時間を要するのか?どれだけの人員を要するのか?それを勘案して調整するのが管理部門の仕事です。
しかし……上手くいっていない。
目鼻先のものに捕らわれた結果です。
例えばコピー機(パソコンプリンタやFAX兼用)の設置についてですが、電気代やリース代を削ろうと台数を減らしているのですが、人の移動距離が延びています。
それは移動のための時間を増やしているということで、それまで考えておかなければコスト削減はできません。
これが一つ。

もう一つは空間に対する意識の欠如です。
何でも資料を保存したがるために保管庫が拡大しているのが止まりません。
場所を借りている(借地だったり借家だったりということです)他組織では、保管する空間も賃借料で支払っているのですから、本当に必要なものかどうか?を考えて保存年限を決めたりしています。
特に今のように電子機器が発展したのですから、紙ベースで保存しなければならないかどうか?は精査すべきでしょうし、電子媒体の保存も無料というわけではありませんから保存については精査すべきでしょう。
我が組織は……自前の土地・建物ですから、保管する空間もコストであるという意識が足りないのでしょう。
その結果、資料は増える一方ですから、「あれはどこにある?」という時に探すのに一苦労です。
これでは空間に対する意識の欠如だけに終わらず、時間に対するコストが増大していることにも繋がります。

これらの意識が足りない……。
そのコスト削減ができないツケを人件費削減に転嫁しているのが現状でしょう。
この状況では、全体が上手くは回らないと思います。

同じようなことは、今の職場の人と話していて何人もが口にしています。
4月に異動してきたばかりですが、職場内で色々と話をしています。
本当は我が部署だけの問題ではないのですが、我が部署の中だけでも少しずつ改善していこうと思い、手を付け始めました。
これからドタバタと大変なのかもしれませんが……。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記