【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ : おやすみ
2013年09月29日 (日) | 編集 |
リビングで仲良くおやすみしているマーフィーandコウメ。
この微妙な距離が何とも……。

 mfy-ume@20130929gorogoro01.jpg

マーフィーはコウメのクッションに顔を埋めておやすみ中。

 mfy-ume@20130929gorogoro02.jpg

コウメはガサゴソ袋の上で……。

 mfy-ume@20130929gorogoro03.jpg

でもね、もう少し距離が近くても良いような……。
コウメが小さい頃は、よりそって寝てたじゃないか???
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【武道日記】少年柔道大会
2013年09月29日 (日) | 編集 |
涼しくなるこの季節、柔道大会が頻繁に開催されます。
今週は少年柔道大会。
その引率に行ってきました。

以前も書いたかもしれませんが、毎回、柔道大会の開始前に子ども達に言うことがあります。
まずはケガをしないこと。
武道の基本は勝つことではなく、より有効に身体を使うことだと思います。
そして本来は、それを競うのが武道における試合の意味だと思います。
また柔道大会で勝っても、ケガをして明日から学校を休み(もしくは体育の授業に支障が出る)のは本末転倒だとも思います。
ですから毎回最初に言うのが、「ケガをしないこと」です。

今日、二つ目に言ったのが、「キチンとした技を使うこと」です。
足払いで踵(かかと)や踝(くるぶし)が当たるのを見かけます。
酷いところでは、大外刈りで踵が当たったり……。
そういうことにならないように……と言う意味です。

三つ目が実は今回のメインで、「試合中は自分で考えて動きなさい」ということでした。
現行ルールでは試合中、「待て」と「始め」の間しか指導者はアドバイスすることはできないことになっています。
このルールに変更されるまでは、試合中に指導者が「あーしろ!」「こーしろ!」と大きな声を出していました。
これに対してスゴく違和感がありました。
これが現行ルールに変更になりましたが、個人的にはこれでも「何だかなあ~」っと思っています。
スポーツとしては有りなのかもしれませんが、武道としてはどうかと……。
まあ……試合の開始から終了まで、コーチも監督もアドバイスできない競技もあります(例えばテニス)し……。
もともと試合中にアドバイス的なことを言う方ではなかったのですが、今回は出来るだけ声を掛けないようにしようと思って会場に行きましたし、子ども達にも試合中は自分で考えて動くということを意識してほしいと思いました。

試合の結果は、そこそこでした。
いつもどおりと言えば、そうでした。
まあ、緊張してギクシャクしてしまった子もいましたし、後半まで集中が続かない子もいました。
それはそれで各々の勉強になったでしょうし、これからの練習の課題だとも思いました。


 budo.jpg
 (この写真については、こちらこちらをご覧ください。)
テーマ:日記
ジャンル:日記