【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ : 僕も甘えん坊
2013年12月03日 (火) | 編集 |
マーフィーの散歩で今日は、こんな花を見かけました。

 hana@20131203.jpg

ここも花壇ではありません。
でも……これは絶対に誰かが種を蒔いたのだと思います。
こんなにキレイに集まっているのですから、自然に種が落ちたとは思えませんから。。。

で、散歩から帰るとコウメが甘えん坊。
膝を占領……というより密着しているのは良いのですが、その手は……なあに???

 ume@20131203hittsuku01.jpg

で、今後は左手が……。

 ume@20131203hittsuku02.jpg

本当にその手は???

 ume@20131203hittsuku03.jpg

気持ちよく寝ているようなのですが……どんな夢を見ているコトやら……。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】1票の格差と無効判決 #02
2013年12月03日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

国は、人が集まって作ります。
しかし出来上がった国の中で、人は生きていきます。
国の制度(在り方)によって、国民の守られ方は異なります
国によって人の命の重さにも差があるのは、誰でも分かっていることでしょう。
その意味では、国が出来上がった後は、人は国によって守られているとも言えます。

その国には、人だけが存在するわけではありません。
国という概念は、人間だけのものなのでしょうが、それは社会制度としての国
しかし物理的には、場としての国もあります。
そこ(その場)では、人は構成要素の一つでしかありません。
その認識が欠けています。

国政選挙は、国の方向性を決めるためのものです。
国の方向性は、人間社会の方向性だけでなく、国土(自然環境、場)の方向性も加味されなければなりません。
ここが理解されていないのではないか?と思います。

その意味では「1票の格差に重きを置いた制度」を推進することは、極論すれば「世界の中で人間が主役」という思想の上でしか成り立ちません。
では……司法は何を守るのでしょう???
法律を守る???
では……法律は何を守るのか???
そこを問い直してみるべきと思います。

自然を守ることも国の重要な役割ですから、自然環境も加味されるべきでしょう。
国土も重要な構成要素ですから面積も加味されなければなりません。

選挙制度は、それらを総合的に判断して考えるべきと思います。
今回の判決は、その辺りに偏りがあるような気がします。

(続く)




【関連記事】
 ※参考URL:1票の格差:参院選、初の無効判決 4.77倍「違憲」-高裁岡山支部(毎日新聞)
 ※参考URL:7月の参院選「無効」 1票の格差で高裁岡山支部(日本経済新聞)

 ※参考URL:【政治】1票の格差と無効判決 #01
 ※参考URL:【政治】Twitterにて
 ※参考URL:【政治】Twitterにて
 ※参考URL:【政治】Twitterにて
 ※参考URL:【政治】Twitterにて
 ※参考URL:【政治】日本維新の会(維新八策 #08)
 ※参考URL:【政治】民主党政権 #03-33(政権運営)
 ※参考URL:【政治】選挙制度
 ※参考URL:【政治】1票の格差と選挙制度
 ※参考URL:【政治】民主党政権 #03-20(政権運営)最悪のシナリオへ……#02
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記