【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ : 仲良し???
2014年02月04日 (火) | 編集 |
コウメが私の隣にあった自分のクッションで丸くなっていると……。
ドタドタと足音を立ててやってきたマーフィー。
何をするか?と思っていると私とコウメの間に入り込んで……。

 mfy-ume@20140204issyo01.jpg

マーフィー、広いところはいっぱいあるじゃないか???
そんな狭いところに割り込まなくても……。

 mfy-ume@20140204issyo02.jpg

というか……この状態から考えると……コウメとも引っ付きたかったのかな~~~???
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【転載】2013年~2014年へ
2014年02月04日 (火) | 編集 |
※これは私が所属する協会の会報用に書いたものを再構成したものです。



「理事の広場」の原稿を書き始めて、この時期の記事で何を書こうか?と迷います。
理由は簡単で、毎年、同じようなことを思うからです。

さて、昨年の「理事の広場」でこんなことを書きました。

「何も変える必要がなければ変えない」で運用していくことは、とても重要なことです。

今年も同じように思っています。
世の中、完璧なものは存在しません。
特に人工のモノ・コト(制度等も含みます)には、どこかに欠点が存在します。
それを上手く運用していくのが知恵なのだろうと思います。

確かにベストを目指すことは格好が良いと思いますし、ベストを目指して色々と変えていくことが不要だとは思いません。
しかし大抵はそれによるプラス面(メリット・ベネフィット)に目が行ってしまい、マイナス面(デメリット・リスク)に目が行き届いていません。
格好の良いことは、やってみるとマイナス面への考慮が足らず、振り返しが大きいことが多いのではないでしょうか?
その意味で、今あるモノ(コト)を上手く運用していく方が、実際にはプラス面が大きかったりします。

今年も理事長と、また理事の間で色々な話をさせていただきました。
それらを上手く運用に載せられるかどうか……知恵を出していかなければならないと思っています。

日本には「壊して作り直す」のではなく「手入れをして使っていく」という文化があります。
そうすればベースを壊すことなく、またベースに立ち返りながら考えていくことができます。
アル意味で、発生するマイナスを小さく抑えることを考えたものだと思います。

そんなことを考えていると……昨年と同じような文章で終わりになるのですが……。

2014年も必要なところに手を入れながら、安定的に協会が動いていくように……と思っています。



 JTCA@fukurou sensei(S)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記