【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー : また……
2014年02月08日 (土) | 編集 |
また……この格好です。
胡座(足の裏を合わせた状態)の上に乗るマーフィー。
今日は、股関節が硬くて……ピチピチ突っ張っていましたが、マーフィーには関係ないよね……。

 mfy@20140208hittsuku01.jpg

主は……ちょっと大変なんだけどね……。

そしてマーフィーは熟睡。

 mfy@20140208hittsuku02.jpg

でも個人的には好きなんですよね、マーフィーのこの格好。

で……雪についてのコメントをいただきましたので……。
我が家周辺は、こんな感じです。

 mfy@20140208snow.jpg

今年は雪が少なくて、マーフィーの散歩が楽ですね。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【整体日記】四肢関節講座
2014年02月08日 (土) | 編集 |
空手の後輩が整体を学び初めて、もう随分と日(年)が過ぎました。
カイロプラクティックの講習を終え、試験を受けて一段落していました。
時間が過ぎるのは早いモノだなあ~っと思っていました。
その後輩に整体の最終段階の講習をしていたのが、もう何年も前のことになるんだなあ~っと。。。
そしてカイロプラクティックの講習をし始めたのも。。。

で、私が所属する協会の最終の講習が四肢関節講座です。
カイロプラクティック講座では、頸椎~胸椎~腰椎~骨盤の歪みの確認法や矯正法を学びます。
それに続く四肢関節講座では、肩や股関節、肘・膝~手足の指までの歪みの確認法や矯正法を学びます。
これが大変なんですよね。
指先の感覚を磨いてきたかどうか?がハッキリ分かります。
とはいえ……大変なのは教わる側だけでなく、教える方も……。
柔道や空手でも同じですが、「できる」ことと「教える」ことは別物ですから。
私が普段整体するのは知人だけなのですが、その中にはスポーツ系の人がいるので、四肢関節講座で学んだことはよく使っていますが、それを教えるのは別の能力になります。
でも教えることで理解を深めることもできますから、頑張ろうと思います。

整体を一通り学んだ後にカイロプラクティックの勉強をしたのか?と聞かれることがありますが、以前も書きました
例えばこの辺りです)が、整体とカイロプラクティックでは考え方が違います。
どちらが「良い」とか「悪い」とか……効果が「ある」とか「ない」の問題ではありません。
柔道でも空手でも……身体を使うことには得手不得手が必ずあります。
誰かにとっては整体の方が効果を出しやすく、でも別の人にとってはカイロプラクティックの方が効果を出しやすい……そんなものだと思っています。

さてさて……限られた時間の講習でどこまで出来るのか???
教える私も、学ぶ後輩も……必死にやらないとダメだろうなあ~っと思っています。
でも四肢関節講座を修了するとカイロプラクティック講座で学んだことに一層深まりが出ます。
当然、整体で学んだことも深く理解できるようになります。
それが施術効果に繋がりますから、学ぶメリットはすごく大きいと思います。
第1回目は3月。
それまでに一通り復習しておこうと思います。


 mq-chiro.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)
テーマ:日記
ジャンル:日記