【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ : 早く……
2014年06月15日 (日) | 編集 |
サッカー日本代表、残念でしたね。
まさか……の短時間での逆転劇。
次の試合を期待したいと思います。

毎日毎日……お風呂に……。
お風呂に行く気配を感じると先回りするコウメ。
そしてバスタブに入って……。

 ume@20140615furo01.jpg

早くお風呂でバチャバチャしよー!!!
そんな顔。

 ume@20140615furo02.jpg

あのね、コウメ。
ニャンコは、水が嫌いなはずなんだけどね……。



先日、拡散をお願いした記事についてです。
神戸市西区伊川谷町で迷子になっていたキジトラのアメリオ君、無事に発見されたようです(迷子のアメリオ君 無事保護!! / 迷子のアメリオ君無事保護その2)。
本当に良かったなあ~と思います。
まだ、たくさん迷子のコがいます。
一組でも多くの家族が再開できることを祈っています。



さてさて……明日は人間ドック。
胃カメラの担当、上手なら良いけど……。

スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【囲碁】ツケヒキ定石
2014年06月15日 (日) | 編集 |
以前、囲碁の代表的な定石(お互いが最善と考えられる手を行った場合の一連の手のこと)である「ツケノビ定石」について書きました
囲碁(将棋もそうでしょうが)は、板を挟んで言葉を使わないで会話しているような感じでゲームが進んでいきます。
「僕はココ」「では私はこう応じます」とか、「僕はココ」「そうなんですか、では私はそっちに展開します」とか……の繰り返し。
それゆえ「手談」と言われたりするのですが。
その中で「少しでも相手より有利に……」と考えますから、当然ですが相手が何を考えているのだろう?ということも考えます。
表情や仕草を見ながら考えますから、色々と役に立っているように思います。

で……ツケヒキ定石です。

黒が隅を陣地にしようとします。
この辺りを私の陣地にさせてください」と黒が言っている感じです。
 igo@20140517tsuke-hiki01.jpg
大体、囲んだ辺りが黒の勢力圏になります。
これに石を増やしていくことで、勢力圏を拡大していこうとします。

これに対して、その勢力を白を制限しようとします。
ツケヒキ定石より真ん中よりに打ちます。
白は「この辺り全部はイヤですから、片方(写真では下側)だけにしてください。こちら側は、私の陣地にさせてください」と主張します。
 igo@20140517tsuke-hiki02.jpg
板をみると、囲碁では端に近い方が陣地を囲いやすい(少ない石数で陣地を囲うことができる)ことは分かると思います。
しかし勢力の発展性は中央方向への方が大きい……それを考えながら「どこに打とう」と考えます。
ということで、この方が中央指向です。

放置していると白石の数が増えて、せっかくの勢力圏がなくなってしまいますし、陣地も減ってしまううので、石数を増やして陣地を確保します。
黒が「隅は私の陣地にさせてもらいます。でも、このままにしておくと、せっかく打った白石は取ってしまいますよ!」と返事をしている感じです。
 igo@20140517tsuke-hiki03.jpg
石を兵隊と考えると数が多い方が強くなります(全ての石が有功に働いていれば……ですが)。

それに対して白は「いえいえ、取られたくないですから、私の石も強くします。でも放置しておくと、さっき打った黒石を取ってしまいますよ。その上、隅の陣地も減らさせてもらいますよ」と主張します。
 igo@20140517tsuke-hiki04.jpg

対して黒は「取られたくないですから、石を強化します。でも、それだけでなく……次は白石を切り離しますよ」と返事します。
 igo@20140517tsuke-hiki05.jpg

で、白も「切り離されるのはイヤですから、連携させてもらいます。でも……このままにしておくと黒を隅に閉じこめて、中央への影響力を強くしますよ」と主張します。
 igo@20140517tsuke-hiki06.jpg

それに対して黒は、「そんなことはさせませんよ。私は陣地を確保して、中央への進出も目指します」と返事をします。
 igo@20140517tsuke-hiki07.jpg

白は「それでは、こちら側は私の陣地にさせてもらいます」と返事をします。
 igo@20140517tsuke-hiki08.jpg

この会話が、ツケヒキ定石です。
これを会話と考えると、当然ですが途中で方向性を変えることもできます。
黒が隅を確保しないで、白に陣地を与えるようなこともあります。
最終的に黒の陣地になった側を白の陣地になり、白の陣地になった側が黒の陣地になることも……。

そういう会話を板を挟んで、黒白の石を使ってするのが囲碁というゲームです。
自分の主張だけでもダメ。
相手の主張だけでもダメ。
どこを主張し、どこを妥協するか?
囲碁で学ぶことは、多いです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記