【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ : リビングにて
2014年08月01日 (金) | 編集 |
みんな一緒……リビングでの一コマです。
ソファーでゴロゴロするコウメを見つめるマーフィー。

 mfy-ume@20140801issyo01.jpg

でも……マーフィーは相変わらず、ベッタリ引っ付いています。
本当にベッタリ!

 mfy-ume@20140801issyo02.jpg

その視線の先にはコウメ。
目つきが悪いぞ~!!!

 mfy-ume@20140801issyo03.jpg

寝るならキチンと目を閉じようね、コウメ。
そう言いたいのかな?マーフィー。



またまた……いただきものです。

いつもお世話になっているお店の方からいただきました。
沖縄の塩です。

 shio@20140801.jpg

特に今の時期は、塩分が身体から出てしまうので、塩分の補給が必要です。
そして……身体に入れるなら、良質のものの方がベターですから、ありがたいです。

こちらは伊勢名物「赤福」。

 akafuku@20140801.jpg

柔道教室に通っていた(今でも顔を出しますが)コが、3月で高校を卒業します。
その後の進路を決めるため、オープンキャンパスに行って来て、そのお土産です。
こういう話を聞くと……歳をとったものだと思います……。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!

詳しくは、ミケとチビの湘南海岸物語を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】大阪府警が犯罪8万件を報告しなかった件について
2014年08月01日 (金) | 編集 |
大阪府警は、2008~2012年の5年間警察庁に報告した刑法犯の認知件数を81,307件少なくしていたと発表しました。【注①】
大阪府は、都道府県別の街頭犯罪の認知件数で全国ワースト1が続いていましたが、2010~2012年には東京都を下回ったとされていました。
しかし……実際にはワースト1のまま……。
この背景には、当時、大阪府知事だった橋下大阪市長のプレッシャーがあったようです。【注②】
これについて橋下大阪市長は、
 ・府警には僕自身がかなりプレッシャーをかけた
 ・現場がプレッシャーを感じて虚偽の報告をした事実はあると思う
と言っているようです。
また「府民をだますことはあってはならない」と府警を批判しているようですが……。

TOPが現場にプレッシャーを掛けるのは悪いことではないのですが、それはTOPがやるべきことをやった上で……です。
そもそも環境(状況)が変わらなければ、実際に発生した犯罪の認知件数が減るはずがありません
それは例えば、ゴミの排出量の報告が多い地域で、何の改善もすることなく『報告される排出量を減らせ!』と指示するようなものです。
この例で言えば、指示されているのは『報告される排出量』ですから、その数値の算出方法や係数を変えたり……ということが起こることは予想されることでしょう。

また、この例で考えると本来、必要なことは「実際のゴミの排出量」であって、その報告量ではありません。
今回の件も同様で、本来、必要なことは「犯罪の認知件数の減」ではなく、「犯罪件数の減」です。
要するに「警察が犯罪を確認した件数」ではなく「警察が犯罪を確認していないものも含めた実際の件数」を減らさなければならないということです。
これを『認知件数』としてしまったのが、そもそもの間違いです。
そうでなければ、
 ・見てみないふりをする
 ・なかったことにする
等により数を減らすことができます。
今回行われたのは、この後者の方法でしょう。

このような手法が取られたのは、やはり評価主義の導入でしょう。
無理にでも何らかの結果を出さなければ評価されない……そのような制度を導入した結果に過ぎません(STAP論文の不正も類似の理由が根にあるのだと思いますが……)。
環境は変わらないにも関わらず、犯罪の『認知件数』を減らすとなれば、このような方法に向かうのは予測できるような気がします。
したがって本来、必要だったのは、
 1. 警察官を増員して見回り体制を強化する。
 2. 軽犯罪であっても注意等で済ませないようにする。
等により大阪府民にプレッシャーを掛けて環境(意識)を変えることです。
時間は掛かるでしょうが……。
これをTOPがその権限と責任において実行しなければならなかったのですが、それなしに「『認知件数』を減らせ」とプレッシャーを掛けてしまったというのが、この件の主因だろうと思います。

その意味では、橋下大阪市長は「府民をだますことはあってはならない」と府警を批判しているようですが、一番批判されるべきは橋下大阪市長自身だと分かります。
TOPは「何をすべきか」、「それには何が必要か」等を把握し、順序立てて方策をとらなければならない……それがよく分かる事例だと思います。



【注①】
 ※参考:大阪府警:犯罪8万件報告せず 280人処分(mainichi)
 ※参考:大阪府警、統計不正8万件…全署で犯罪過少計上(yomiuri)
【注②】
 ※参考:橋下氏「僕がプレッシャーかけた」 大阪府警の過少報告(asahi)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記