【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー : 抱っこ
2014年08月29日 (金) | 編集 |
外は暑くても寒くても……マーフィーが引っ付くことは変わりません。
どんなに暑くても一日一度は抱っこの状態になるマーフィー。
そして今日も……。

ソファーで横になっていると……ジャンプしてソファーに飛び乗るマーフィー。
着地地点は大抵、腹筋ですから……大変なんです。

 mfy@20140829dakko01.jpg

この時点では、まだ私は横になっており、マーフィーは狭い空間(脚の間)に身体を捻り込みます。
でも……その体勢は、私がチョット窮屈。。。

ということでソファーに座るとマーフィーも顎乗せに体勢を変えます。

 mfy@20140829dakko02.jpg

角度を変えると、こんな感じです。
そして……スヤスヤ……。

 mfy@20140829dakko03.jpg

って、マーフィー……君は眠りに入れる体勢になったんだろうけど、主は……。



栄養剤を追加して少し元気になった朝顔ですが、栄養が足りないのか葉が……。

 asagao@20140829.jpg

元気になってほしいよなあ~~~。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!

詳しくは、ミケとチビの湘南海岸物語を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。

スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】頑張れ!
2014年08月29日 (金) | 編集 |
先日、盲導犬への攻撃についての記事を書きました。【注①】
そんな酷いことをする者がいる一方で、人間のために頑張っているワンコはたくさんいます。

広島市の土砂災害現場で行われている行方不明者の捜索で、災害救助犬が重要な役割を果たしています。【注②】
鋭敏な犬の嗅覚を頼りにした作業で、盲導犬と同様に人間のために訓練された大切な存在です。
現場は倒木等があり、足場が悪くため災害救助犬は脚をすくませることもあったようですが、懸命に捜索をしています。
ワンコは、人間と共存する存在です。
都合が良い時だけ頼るのは、どうか?と思います。

災害救助犬の中には、人間に捨てられた経験があるワンコもいます。【注③】
このコは、殺処分寸前で奇跡的に命拾いをした経験を持っています。
人間に酷いことをされても、人間のために頑張っています。

人間は、もっと命に対して真剣に考えた方が良いと思います。
そもそも命に対する行為を「処分」と称する時点でどうか?と思います。

この話はどこかで書くとして……。
災害救助犬のみんなには、ケガをしないで!と思います。



【注①】
 ※参考:【社会】考えられない……。
【注②】
 ※参考:恐怖に立ち向かう災害救助犬 隊員が感じた「気迫」 泥だらけで不明者発見 1/2(2014/08/26 msn-sankei)
 ※参考:※参考:恐怖に立ち向かう災害救助犬 隊員が感じた「気迫」 泥だらけで不明者発見 2/2(2014/08/26 msn-sankei)
【注③】
 ※参考:広島土砂災害:殺処分寸前だった救助犬「夢之丞」1人発見(2014/08/25 mainichi)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記