【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ : 今年は……
2014年12月09日 (火) | 編集 |
足首は、見た目は酷いのですが、痛みはほとんどないという変な状態です。
一応、湿布をして軽く固定をしていますが、生活には支障がありません。
本来であれば、ご心配いただいた皆さま各々にお礼を書かなければならないところですが、ここへの記載でご容赦ください。



さてさて……やっぱり甘えん坊のコウメさん。
膝に抱かれて、ピッタリ引っ付いて、おやすみ中です。

 ume@20141209ama01.jpg

「膝にニャンコを抱いて、ミカンを食べる」って、小さい頃(実家にいる頃)は普通にやっていたこと。
それだけ我が家にニャンコがいることが多かったということでしょうね。
まあ……今では膝にワンコになることが多々ありますが、それはそれで良い感じです。

良い顔して寝てるなあ~。

 ume@20141209ama02.jpg

ところで、この時期になると乾燥が気になります。
毎年、加湿器を使うのですが、個人的にはコレを使いたい。

 ume@20141209mizu01.jpg
  ※以前、撮った写真です。

青い器に水を入れて、霧のように水蒸気を発生させる加湿器。
光を発して、器と霧を照らすのが、すごくキレイなんです。
でも……コウメが、水遊びをして、周辺が水浸しになるのが問題。

 kashitsuki@20141209.jpg

ということで購入したのがコレ。
性能的には問題ない(というか、こちらの方が良いかも)のですが、どうも風情が……。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!

詳しくは、ミケとチビの湘南海岸物語を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【健康】高齢者の癌検診について #07
2014年12月09日 (火) | 編集 |

#01からの引用です。)
実は、この話はUPしようかどうか……迷いました。
内容的には高齢者に冷たい内容になるので……。
でも「こういう考え方もある」ということも必要かも……と思い、UPすることにしました。



前回の続きです。

前回まで【注①】、分かりやすかったので日本乳癌検診学会の事例を考えてみましたが、他についても同様です。
結局は、止めない理由はありません。
個人負担で検診を受けることには反対しませんが、少なくとも税金を使っての検診は止めるべきでしょう。
何といっても現状では検診を推進する理由はないのですから……。

話を日本乳癌検診学会のホームページから戻して……。

時々検診の受診率の話題が出てきますが、それでも日本人は検診を受けすぎていると思います。
会社では健康診断が毎年ありますし、人間ドックや脳ドックもあります。
その上で〇〇癌検診がたくさん存在しています。
自治体主導で行われてるものの多いこと……。

しかしながら……もともと癌検診の有効性はどうか?と問われれば、それほど大きくなく、日本においても推奨されているものも少ないというのが現実です【注②】
ここで参考にした表は日本のものですから、先に書いたUSPSTF(US Preventive Services Task Force,米国予防医学専門委員会)のガイドラインを重ねれば、さらに有効性は小さくなります。
それも高齢者に限っていえば、全年齢を対象とするよりも有効性は小さいというのが現実です。

それに対して税金を投入すべきなのか???
大きな疑問です。

 ※続きはボチボチ書いて掲載します。

 helth(S).jpg



【注①】
 ※参考:【健康】高齢者の癌検診について #03
 ※参考:【健康】高齢者の癌検診について #04
 ※参考:【健康】高齢者の癌検診について #05
 ※参考:【健康】高齢者の癌検診について #06
【注②】
 ※参考:がん検診ガイドライン 推奨のまとめ
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記