【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ : 安定的な仲の良さ
2015年02月06日 (金) | 編集 |
マーフィーとコウメの仲の良さは、相変わらずです。
右膝にコウメ、左膝にマーフィー。

 mfy-ume@20150206nakayoshi01.jpg

コウメ……。
本当にマーフィーと一緒だと落ち着いているねえ~。
本当にマーフィーのことが好きなんだねえ~。

 mfy-ume@20150206nakayoshi02.jpg

で……マーフィーは……。
寝る……。

 mfy-ume@20150206nakayoshi03.jpg

コウメとセンのジャレ合いに付き合って、疲れたのかな???
ユックリおやすみ。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!

詳しくは、ミケとチビの湘南海岸物語を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【PC】クラウド
2015年02月06日 (金) | 編集 |
「クラウド」という言葉、多分、聞かれたことはあるでしょう。
簡単に言えば、システム本体やデータをどこかのサーバに置いて利用する方法です。
ここ数年、この言葉をよく聞くようになりました。
インターネットの普及により、どこからでもアクセス可能な状態になったことが大きな要因であり、それに併せて通信速度の高速化と使用する端末の高性能化が、流行に拍車を掛けています。

確かに便利なのですが……問題がないというわけではありません。
クラウドの一番の問題は、手元に「もの」がないことです。
例えば50km先の建物に設置されているサーバにデータを置いているとすれば、そこまでの通信が確保されなければ何もできなくなってしまいます。

どういう影響があるのか?と言えば……。
例えば企業でトラブルがあった時の対応状況データを遠隔地に設置されているサーバに置いていたとします。
この場合にサーバ周辺で事故があり、接続ケーブルが切れてしまったとします。
そして前にトラブルがあった者が来訪し、対応しようとすると……それまでの経過を知ることはできません。
これを言い換えれば、通信網が確保されていることが仕事の前提となります。

クラウドのRISKは、これだけではありません。
回線だけでなくハード保守等の管理が、サーバを貸し出す側の基準で運営されますから、自社で行うような細かいセキュリティ設定ができるわけでもありません。

それでも色々な企業がクラウドを利用するのは……多分、流行が一番の要因なのだと思います。
もう一つはハードの保守管理が不要になり、コストカットできるから……。

そもそも「クラウド」の概念は、新しいモノではありません。
大昔の専用端末は、クラウドの概念の上にあります。
データもシステムもホストコンピュータにあり、、それらを使った計算もホストコンピュータで行います。
端末機側は、それらを表示することと命令を出すことしかしません。
これは端末機の性能が低かったから、そうなっていました。

これが端末来(パソコン)の性能が向上したことで、端末機そのものでデータやシステムを保存し、計算できるようになりました。
これがクラウドの流行前の状態です。

そして……最近は、クラウドに向かっています、というか……戻っています。
個人的にはクラウドは好きではありませんが、どうもそういう流れになっています。
バックアップデータを保存しておくという意味では、クラウドの有用性は認めますが、それ以外は……。
今後、どうなっていくのだろうと……思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記