【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー : 動こうよ
2015年07月24日 (金) | 編集 |
散歩に出掛けたマーフィー。
とは言っても近くの公園まで……ですが……。
調子が良かったのは、そこまで。
座り込んでしまったマーフィー。

 mfy@20150724sanpo01.jpg

そして遠くを見るような目をして動きを止めてしまいました。
マーフィー、もう少し歩こうよ!と思うのですが……。

 mfy@20150724sanpo02.jpg

今度は伏せ。

 mfy@20150724sanpo03.jpg

しばらくこの状態のままのマーフィー。
この後は、当然のように家に向かって歩いて行きました。
もう少し歩いてほしいんだけどなあ~~~。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!

詳しくは、ミケとチビの湘南海岸物語を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【医療】国保の都道府県への移管について #03
2015年07月24日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

難しいのは保険料でしょう。
現在、市町村によって保険料額に差があります。
本来は、この差は一人当たりの医療費の差によるものなのですが、実際には首長や議会(議員)の思惑が絡んでいます。
要するに……制度上は徴収しなければならない金額を賦課していない可能性が大きいということです(この辺りは別に書いています【注①】)。
その部分は税金で負担していますから、本来であれば税金で出来たことが出来なかったり……ということが起きています(これについても以前書いたように思います)。
こうなってしまうのは、市区町村役場は住民との距離が近いためです。
首長も議員も公務員も……住民との距離が近いためにあまり無理な保険料にできない状況にあったわけです。

これが都道府県に移管されると、市町村よりも距離が離れますから、これまでのようには行かないようになるのではないか?と思います。
簡単に言えば、本来、徴収するべき金額が賦課されるようになるということなのですが……。
ただし計算のベースが一人当たりの医療費ですから、病院が集中している地域とそうでない地域ではアクセスが違い、医療費に差が出ています。
この差を無視した金額になるのかどうか???
それによって保険料の増減額は変わってきます。

さてさて……都道府県に移管された国保はどうなっていくのか?
マイナンバーとの連動はあるのか?
今後、色々と議論になると思います。

 medical(S).jpg



【注①】
 ※参考:【医療】国保と健保 #01
 ※参考:【医療】国保と健保 #02
 ※参考:【医療】国保と健保 #03
 ※参考:【医療】国保と健保 #04
 ※参考:【医療】国保と健保 #05
 ※参考:【医療】国保と健保 #06
 ※参考:【医療】国保と健保 #07
 ※参考:【医療】国保と健保 #08
 ※参考:【医療】国保と健保 #09
 ※参考:【医療】国保と健保 #10
 ※参考:【医療】国保と健保 #11
 ※参考:【医療】国保と健保 #12
 ※参考:【医療】国保と健保 #13
 ※参考:【医療】国保と健保 #14
【参考】
 ※参考:国民健康保険、18年4月に都道府県移管へ
 ※参考:国保の都道府県移管、知事会など了承 18年度から(nikkei)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記