【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー : 大アマさん
2015年10月20日 (火) | 編集 |
リビングでゴロゴロしていると……やって来たマーフィー。
そして……。

 mfy@20151020ama01.jpg

こんな格好に、こんな中途半端な格好で密着してきました。

起き上がってみるとこんな感じ。

 mfy@20151020ama02.jpg

マーフィー、別に良いんだけどね。
その体勢は辛くないのかな???

 mfy@20151020ama03.jpg

しかしマーフィーは、いつになっても大アマさんだよなあ~~~。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【組織】compliance #03
2015年10月20日 (火) | 編集 |

(注意)
 別に法令を守らなくても良いと言いたいわけではありませんので……、あしからず……。



前回の続きです。

さて……Risk Managementの項でもしましたが、この項でも言葉について考えてみたいと思います。

complianceは、complyという動詞から派生した言葉です。
complyは「守る、応える」という意味を持っており、「何かを守るために行うこと」という概念を内包しています。
これが前提となっています。

complianceを法令遵守と訳した結果、これが忘れられている傾向にあります。
よくあるのは法令遵守を進めた結果、組織の動きが悪くなる……という本末転倒な状態です。
まあ……もともとはラテン語のcomplereが語源であり、これは「 満たす、充足する」という意味ですから、その方向にシフトしないのであれば、それはcomplianceとは言えません。

語源を辿ることの意味を軽く考える人がいますが、どこかで書いたと思うのですが……、言葉は文化です。
complianceという言葉は、その言葉を母国語とする人々が感じることができる文化を纏っています。
また、そのような背景を前提としなければ、complianceは理解できません。
その意味では、日本語で法令遵守と位置付けているカタカナの「コンプライアンス」と「compliance」は同一ではありません
言い方を変えれば、日本語で法令遵守と位置付けているカタカナの「コンプライアンス」は、日本でしか通用しません。

(続く)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記