【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー : 呼んでみる
2015年10月24日 (土) | 編集 |
窓際のマーフィー。
「マーフィー」と呼んでみると顔を向けてくれます。

 mfy@20151024mado01.jpg

コウメもセンも……同じように名前を呼ぶと振り向いてくれるのは、自分のことだと分かっているのでしょうね。
もともと猫派で、どちらかと言えば犬が苦手だった私。
ハクト君と出会い、犬への苦手意識が小さくなった頃に我が家にやって来たマーフィー。
こんな風に暮らすようになるとは思いませんでした。

で……視線を逸らしたマーフィー。

 mfy@20151024mado02.jpg

でも「マーフィー」と呼ぶと……。

 mfy@20151024mado03.jpg

こうして視線を向けてくれます。
でも、あまり続けると「また?」という感じになるのは仕方ないでしょうね。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】維新分裂 #02
2015年10月24日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

維新の党の方向性については、橋下大阪市長がイメージする維新スピリットを持った議員集団ではなくなったということで、不満を抱えていたようです。
それでも自ら党を離れたのですから、その後は党に残っている人たちに舵取りを任せたということだと思っていたのですが……。
自分が作った党だと言っても、そこを出てしまえば発言権はないということは、組織を束ねていれば分かることだと思います。
その意味では、残留組の意見の方が正当性を持っています。
橋下大阪市長がすることにしては、何だか「らしくない」ような気がします。

さて……先日、現執行部が新党組の行動に対して現執行部が「党の結束を乱した」として除名(除籍)処分を行いました。
これは現行の維新の党の在り方が前提となっていますから、その方向性を示すのはあくまでも組織の頭である執行部です。
そこにキチンとした手続きを踏まないで反旗を翻したのですから、その主張の是非に関わらず、それは反党行為と見なされても仕方ありません。
そもそも集団(組織)は、それを維持していくことが前提ですから、それが維持できない方向への力を働かせるというのは、反党行為でしかないと言われれば、反論の余地はありません。
それは意見の是非とは別の問題です。

というか……その覚悟なしに行動していたとすれば、党という組織に所属していることをどう考えているのか?と疑問を感じます。
もしかすると橋下大阪市長が何とかしてくれるとか、橋下大阪市長がバックにいるから力関係で優位に立っているとか……そんなことを考えていたのかも……と思ったりします。
しかし維新の党からすれば、橋下大阪市長は既に党の外にいる人ですから、脅威になり得ないでしょう。
脅威とすれば、SNSによる発言ですが、それも正当性を欠いていればそれなりに……という程度を越えるものではないでしょう。
その辺りを判断して、執行部は除名(除籍)という処分に踏み切ったのだと思います。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記