【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ : おらおら!
2015年11月30日 (月) | 編集 |
センと追い駆けっこして最後に行き着いた先がキャットタワー。
そして掛けているものに猫パンチ!
かなり激しく「オラオラ!」って感じ。

 ume@20151130CT01.jpg

それが一段落するとキャットタワーの上からリビングを見下ろすコウメ。

 ume@20151130CT02.jpg

その視線の先には当然センがいます。
結局、センの方が動くスピードが速いのが気に入らないのか……。
でもセンも丸々としてきて、スピードが落ちてきたような……。

 ume@20151130CT03.jpg

で……最近ではコウメがセンを追い掛けることもありますから、もしかしてターゲット・ロック・オン!なのかな???
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 久しぶりに……
2015年11月29日 (日) | 編集 |
窓際のマーフィー。
でも寒くなってきたので、膝掛けを敷いて、その上に伏せています。

 mfy@20151129Living01.jpg

分かっていてやっているのか?
たまたまなのか?
そこは分かりませんが、器用に膝掛けを動かすんです。
まあ……マーフィーが持って行くと主が寒いのが問題なのですが……。

すっかり「僕のもの!」という顔で、膝掛けを占領するマーフィー。

 mfy@20151129Living02.jpg

こんな顔をされると「譲って!」とは言いにくいですし、コウメやセンが乗っていて動かせないこともあるので、リビングには多めに膝掛けを準備しています。

で……そんなマーフィーを久しぶりに魚眼レンズで撮ってみました。

 mfy@20151129Living03gyogan.jpg

相変わらずマーフィーを魚眼レンズで撮ると変化が大きいなあ~と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【整体】腰への負担(他所でUPしたものの転載)
2015年11月29日 (日) | 編集 |
色々と困っている人が多いように感じる今日この頃。
私のところに舞い込んでくる話の多くは、事務職の方からが多いのですが、腰痛の話もポロポロあります。
そんな時、よく話をするのが、腰への負担は立っている時よりも座っている時の方が大きいというデータがありるということです。
約40%増です。

座っていて楽になるのは脚部だけです。
したがって座りっぱなしは身体、特に腰には悪い状態と言えます。
またキチンと座っていないと左右の筋肉を均等に使っていないので、そんな状態で座っていると左右で緊張が違う状態が続きます。
それによって片側だけ負担が大きくなります。
時々席を立って少し歩いた方が良いかなと思うのですが・・・。
問題は「仕事をしていること」と「座ってパソコンに向かっていること」が同意になっていることではないか?と思います。

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめvsせん : お風呂!!!
2015年11月28日 (土) | 編集 |
いつもどおりお風呂にやってきたコウメ。
お風呂でユックリしていると……。

 ume-sen@20151128furo01.jpg

その後を追うようにやってきたセン。

「コウメ兄ちゃん、またお風呂なの?」
そんな感じで眺めています。

 ume-sen@20151128furo02.jpg

対するコウメ。
「ここが落ち着くんだよ。」
多分、これがコウメの返事だろうと思います。

 ume-sen@20151128furo03.jpg

センが我が家にやってきた頃、コウメは2階の寝室に引きこもってしまいました。
何とか以前の状態に……と思ってやったことで、一番効果があったと思うのが、いつも使っているお風呂の入浴剤を加湿器に入れて、家の中を入浴剤の匂いで満たすことでした。
これを実行するとコウメが家の中をウロウロし始め、今の状態になりました。
それだけお風呂が好きなんだ~と思いました。

そんなコウメにつられて最近はセンもお風呂に来るようになっています。
でも……これからは寒くなるので、あまり濡れないように……と思っています。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】せん : まだまだ赤ちゃん?
2015年11月27日 (金) | 編集 |
マーフィーでもコウメでも経験しましたが、ワンコもニャンコも生まれて1年もすれば立派にオトナに成長します。
一般的にそう言われています。
でもこれは肉体的には……という前提で言われているのだろうと思っています。

で……センは、やることがまだまだ赤ちゃんですね。
スリスリして甘え声を出して、そして……。

 sen@20151127dakko01.jpg

抱っこ。
しかも腹を出して……。

センのこの表情。
こんなに甘えん坊だとは思いませんでしたし、こんな表情で甘えるとは思いませんでした。

 sen@20151127dakko02.jpg

でもマーフィーやコウメと違うのは、暫くするとキチンと腹を隠すこと。

 sen@20151127dakko03.jpg

まあ……ベッタリと密着しているという面は変わりませんが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】「安心は心の問題」発言について #03
2015年11月27日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

さて……「1キロ当たり1万ベクレル超の放射性セシウムが沈殿しているとされている」ということがどういうことなのか?を考えてみるとマイナス因子は2つに分けられます。
一つは『放射性セシウムが沈殿している可能性』であり、もう一つは『沈殿していたとして、その放射性セシウムが1キロ当たり1万ベクレル超である可能性』です。
逆の言い方をすると前者は『放射性セシウムが沈殿していない可能性』もあるということですし、後者は『沈殿していたとして、その放射性セシウムが1キロ当たり1万ベクレルを超えない可能性』や『沈殿していたとして、その放射性セシウムが無害なレベルの可能性』もあるということになります。

本当はどうなのでしょう?
水道水の放射性セシウムが検出限界値未満であることが確認されているのであれば、矛盾する話のように思います。
一方でどちらも事実であり、水道水として使うところに来れば、無害なレベルになってしまうのであれば、ことさら問題を大きくする必要はないように思います。
報道ベースでは、帰還を考えておられた方々の反発や不安な意見が取り上げられていますが、これも問い掛けの問題があるのではないか?と思ったりします。

マイナスイメージの積み重ねがあると問題が大きく複雑になります。
まあ……マスコミにとっては話題を作りやすいのでしょうが……。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ : 僕の場所!
2015年11月26日 (木) | 編集 |
職場の若者に誕生日プレゼントもらいました。
でも……。

 pic@20151125.jpg

なぜか?メリークリスマス?
まあ……もらえるのは嬉しいことなのですが、なぜ???
でもありがとう!!!



寒くなると膝にいることが増えるコウメさん。
センが2階にいたりして、気配を感じない時にはこうして甘えん坊になります。

 ume@20151126dakko01.jpg

目を閉じて寝ているようですが、姿勢から考えると寝ていないんですね。
耳もピクピク動いていますし……。

 ume@20151126dakko02.jpg

こういう状態の時とそうでない時、何が違うのか???

そんなコウメの寝顔を魚眼カメラで撮ってみました。

 ume@20151126gyogan.jpg

元々丸いのですが、一層丸くなったような……。



ちなみに先日の発熱の後日談です。
あまりにも熱で辛かったので、結局、丸一日水分とゼリー系の栄養食だけを補給して、タップリ汗を流しました。
その結果、丸一日で何と……3kgも体重が減少……。
早く戻さないと空手や柔道が辛いことになりそうです。。。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【Goods】消毒
2015年11月26日 (木) | 編集 |
 inful@20151117.jpg

インフルエンザについては別項で書いていますが……。
インフルエンザは飛沫感染。
となると注意すべきは、自分の手です。
手で何かを触り、その手で目や口に触れると感染リスクが高くなります。
ですから手を消毒しておくことは重要です。

ということで買っている消毒液。
それをスプレーに入れて持ち歩いています。

まあ……そもそも少し調子が悪いとか風邪気味とか……そんな時に外出を控えるという習慣が根付けばなあ~と思います。
そんな体調で外出することが、誰かの感染リスクを上げることだともう少し認識しても良いような気がします。
そうすればインフルエンザによる医療費は、もっと抑えることができるのではないでしょうか?
テーマ:日記
ジャンル:日記