【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】発電について #01
2016年01月26日 (火) | 編集 |
東日本大震災からもう少しで5年になります。
震災で命を落とされた方々の冥福をお祈りすると共に、被災者の皆様の生活が安定すること、そして被災地の早い復興を願っています。



東日本大震災については、いくつか考えてみたいことがあります。
その一つがエネルギー問題。
東日本大震災以降、注目された再生可能エネルギー、要するに自然エネルギーですが、その導入は、あまり進んでいません。
原子力ムラが権力(お金を含む)維持のために色々と活動している……とか聞きますが、そんなに簡単な話ではないように思います。
再生可能エネルギーの拡大については、電力供給が安定的であることを前提(原則)とすれば、現状では……個人的には難しい話だと思っています。
現状の社会活動を破壊する前提であれば、話は別ですが……。
そもそもエネルギー問題は単純ではなく、色々なことを組み合わせて考えなければならないことです。
単純に原発を廃止すれば良いという話ではありません。

こんなことを言うと「原発推進派」と言われかねないのですが、(前にも書いたかもしれませんが)私は『原発は「ある」より「ない」方が望ましい』と思っています。
しかしながら現在の日本において、色々な条件を組み合わせて考えてみると原発を完全廃止することを肯定する材料があまりにも少なく、また影響も大きすぎるように思います。

原子力を止めても火力発電により電気は確保できているという話を聞くことがありますが、日本に確保できている石油の量は200日程度分しかありません。
また温暖化ガスの問題もあります(ただし「問題」ではあるものの科学的には疑問はあります)。
原発で事故が起きると……という議論をするのであれば、温暖化ガスで地球環境が変化すると……ということも同時に考えるべきなのですが、どうもセットになっていないような気がします。
この辺りをテーブルに載せて議論しなければならないと思います。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : おやすみ
2016年01月25日 (月) | 編集 |
いつものように布団で寝るマーフィー。
とは言っても、さっきまで布団の中(つまり隣)にいたのですが、暑くなったのか……出てしまいました。

 mfy@20160125neru01.jpg

気持ち良さそうな顔で眠るマーフィー。

 mfy@20160125neru02.jpg

でもね……夜中なんだよなあ~。
起きてしまったよ。

 mfy@20160125neru03.jpg

まあ……もう慣れたから良いんだけどね。
おやすみ、マーフィー。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめvsせん : ダメだよ
2016年01月24日 (日) | 編集 |
コタツに中途半端に入って寝ているコウメ。
これならズッポリ全身入っても良さそうなものなのですが……。

 

ねえねえ、コウメ。
コタツの中で丸くならないの?

 ume-sen@20160124Living02.jpg

で……コタツの中では……。

 ume-sen@20160124Living03.jpg

センがコウメの背中に興味津々な様子。
多分、密着したいのでしょうが……。

 ume-sen@20160124Living04.jpg

ダメだよ、セン。
見えないところからタッチするとコウメに怒られるよ!



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【医療】大きな病院を紹介状なしで受診する時の加算金について
2016年01月24日 (日) | 編集 |
先日、「紹介状なく大病院受診、追加で5千円以上支払い(読売新聞)」という記事を見かけました。

これまでも紹介状なしで大きな病院で診察等を受けると加算金が発生していたように思いますが、それは病院が請求するのかどうか?を選択できる仕組みだったようです。
それを2016年度から義務化する方針とのこと。
個人的には「遅すぎないかな?」と思います。

そもそも大きな病院に行くメリットは、
 ・複数の診療科を跨いで診察や治療を受けなければならない場合
 ・高度な機器を使用しなければならない場合
 ・近隣に行こうとする診療科の診療所がない場合
 ・手術や入院を必要とする場合
ぐらいだと思います。
そう考えると病院という規模になったところには、必ず紹介状が必要という制度にした方が良いような気がします。

以前も書きましたが、医療において、どこかに変な負担を作らないようにしようとすると
 ・コスト
 ・クオリティ
 ・アクセス

のうち2つ選択して、他の1つは制限するか、限界を認めるしかありません(Cost,access,quality.Pick any two.)。
そこに目を瞑ってきたのが、これまでの医療政策であり、その結果、
 ・リスクの高い診療科の医師不足(外科、産婦人科等)
 ・大きな病院や地方の医師不足
を招いています。
まあ……「かかりつけ医」を推奨しながら、その方向に動くような具体的な方策を取ってこなかったのですから仕方がないのですが……。

その意味では、ようやく……と思います。
今回の方針では、500床以上の大きな病院に紹介状を持たずに受診した場合、が5000円以上を追加料金として支払うことを義務化するようです(救急は別)。
これが少しでも医療の立て直しに役立ってほしいと思います。

 medical(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】せん : 本当は甘えん坊
2016年01月23日 (土) | 編集 |
いつも思うのですが、マーフィーともコウメとも……そしてセンとの縁も不思議なものです。
センは本当に不思議なコ。

保護主さんのところからセンを連れて帰る時、言われていたのは「本当に面倒見が良いコ」ということでした。
次々と増える保護猫(子猫)の隣で寄り添ったり、ペロペロしたり……していたそうです。
でも本当は、自分が甘えたかったのでしょうね。
我が家に来てからのセンは、甘えん坊。

 sen@20160123dakko01.jpg

隣に来てスリスリして見上げて抱っこをおねだりする姿は、「聞いていた話と全然違うし……」という感じです。
でも、その方が嬉しいので、良いことだと思っています。

 sen@20160123dakko02.jpg

そして我が家に来た頃の「黒い弾丸」はどこへやら。
すっかり丸くなっています。

 sen@20160123dakko03.jpg

センを見ていて、いつも思うのは、結局は相性なんだろうなあ~ということです。
センは何度かアチコチの家にお試しで連れて帰られたようですが、なかなか譲渡先が見つからなかったとのこと。
でも我が家に来た頃から、すごく良いコで、「なんでだったのだろう?」と思うことが度々ありましたし、今もそう思っています。
本当に不思議な縁だと思います。

まあ……「ここで良いとするかな……」とセンが諦めたのかもしれませんが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ : 日向ぼっこ
2016年01月22日 (金) | 編集 |
コウメの姿が見えないので、探してみると2階でこんなことに……。

 ume@20160122kougousei01.jpg

少し太陽が出ると窓際で日向ぼっこするコウメ。
家から出さないので、日光浴をして健康管理をしているのかな?と思うのですが、どうなのでしょう?
エアコンは切っている状態ですから、ここが決して暖かいわけではありませんから……。

 ume@20160122kougousei02.jpg

腹まで全開にできるのは、間違いなくセンに慣れてきたから。
段々と以前の大胆な寝方に戻ってきたように思います。

 ume@20160122kougousei03.jpg

そして段々と立派な「お兄ちゃん」になってきたようにも思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【組織】compliance #04
2016年01月22日 (金) | 編集 |

(注意)
 別に法令を守らなくても良いと言いたいわけではありませんので……、あしからず……。



前回の続きです。

例えば「comply with another's wish.」というcomplyの使用例があります。
そのまま訳すると「他の人々の願いに応える」という意味ですが、それには『その者が属する集団の利益を損ねない範囲において』という前提があります。
ここを間違えると……。

さて、complianceは、それ自体が単独で存在するモノではありません。
別項で書いているRisk Managementの一部です。
あまりにもココが意識されていません。
そもそもRisk Managementについてもキチンと学ぼうとしているようには思えない状況を見聞きしますが……。

話を戻します。
近年、「コンプライアンスからリスクマネジメントの時代へ」とも言われているようですが、誰が言い出したのか……と思います。
このような言葉が出てくることがcomplianceを意識していなかった証拠だろうと思います。

そうなると……もっと真面目にcomplianceを考えなければならないのでは?と思います。
日本が国際化の中にあることを考えると、カタカナの「コンプライアンス」で良いのか?は大きな疑問です。
そこに縛られれば、国際競争には勝てませんし、それは経済的な発展を妨げる要因になる可能性があります。【注】

(続く)



【注】
 近代以降の日本という国は、揺れ幅が極端な国です。
 右でなければ左、そんな考え方が横行しています。
 例えば「食の安全を唱えるあまりにゼロリスクを提唱すること」や「脱原発を掲げて、いきなり原発ゼロに向かおうとする動き」等がそうです。
 このような話は分かりやすく、聞いていると耳に心地よいだろうと思いますが、「木を見て森を見ず」になりやすい面があります。
 本来、幅があるものまで極端な方に持っていくのですから……。
 しかしながら日本企業のそのような……ある意味で真面目な態度は、海外の企業では考えにくいものであり、その体質が信用に繋がっている面もあります。
 その意味では、カタカナの「コンプライアンス」を一概に否定することもできないとは思いますが、これから国際競争で勝とうと思えば、それだけでは無理でしょう。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 抱っこ
2016年01月21日 (木) | 編集 |
マーフィーと言えば、甘えん坊。
甘えん坊と言えば……やはり抱っこ。

 mfy@20160121dakko01.jpg

大きくなっても抱っこが大好きなマーフィー。
もともと完全な猫派だったので、こんなにワンコを可愛いと思うとは……。
でも、これだけ甘えられるとたまらないですね。

そして、この寝顔。

 mfy@20160121dakko02.jpg

角度を変えると……。

 mfy@20160121dakko03.jpg

その顔は「甘えてやっているんだよ!」ということですか?マーフィー?
テーマ:日記
ジャンル:日記