【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】東日本大震災被災地への応援派遣の対応について #06
2016年04月22日 (金) | 編集 |
東日本大震災の復興が終わらないうちに九州で大地震が起きてしまいました。
相手を人間と仮定すれば、応急処置が必要な九州と継続的に治療が必要な東北というイメージであり、その両方に携わる医療従事者が少ないという状況に似ているのではないか?と思っています。
そんな状況でも踏ん張るしかない……。
でも踏ん張り続けて危険水域に達している医療と同じような状態になる前に手を打った方が良いように思います。



前回の続きです。

確かに支所や分所のようなものを作らなければ、それなりに人員は削減できるでしょう。
しかし電話や窓口対応の件数は増えます。
待つ時間が増えれば、苦情対応も増えます。
そうなると末端については、大きく削減することはできないということになります(大きく人員に余裕があった自治体のような特例を除いて……の話です)。
ところが実際にはどうでしょうか?
合併することで確かに首長は減りました。
議員も減りました。
管理職も減りました。
そして実際に現場で動く末端の数は、大きく減ってしまっているのではないでしょうか?

これらが派遣しにくい状況になっている大きな要因だと思います。

どんな業種でも同じですが、現場を任せることができるまで育てるには、アル程度の期間を要します。
「今、人員が足りないから……」と言っても、スグには人員を補充することはできません。
人員を機械の部品と同じような発想に陥ってしまった……そういうことだと思います。

このような状況で復興・復旧を加速するために何をすべきか?
少なくとも国レベルで対応しなければならないでしょう。
そのために国は各自治体に派遣を要請するだけでなく、今後のことを考えて人員を確保するための財源を交付しておかなければならないと思います。
何かあれば必要になるのは人員です。
そうなると抜けた人員分の労働力を代替するための費用だけでは、次も同じ状況になります。
そのRISKをどう小さくするのか?
そこまで考えるのが仕事のはずです。

早急に対応し、似たような話を「また書こう!」と思うような状況にならなければ……と思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】せん : 段々と……
2016年04月21日 (木) | 編集 |
まだまだ引きこもり気味のセンですが……。

 sen@20160421dome.jpg

少しずつ……段々と元のセンに戻ってきています。

こうして膝に乗って甘えている時間が増えてきました。

 sen@20160421ama01.jpg

元気になって来ていることを感じて、とても嬉しい!です。

 sen@20160421ama02.jpg

少しずつで良いからね~!と話しかける毎日。
優しいマーフィーとコウメに見守られているのが良いのでしょうね。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ : お風呂あがり
2016年04月20日 (水) | 編集 |
お風呂あがりのコウメさん。
脱衣場でドライヤーを向けると……。

 ume@20160420furo01.jpg

ゴロン。

ドライヤーで温風を当てながらタオルで拭くと乾くのが速いんです。

 ume@20160420furo02.jpg

人間が髪を乾かす時でもこうして直接、風に当たらないようにしながら乾かす方が良いと聞いたことがありますから、コウメを乾かす時も同じようにしています。
もちろんマーフィーの時もセンの時も同様にしています。

これが気持ち良いようで、乾かしている時のコウメは、こんな顔。

 ume@20160420furo03.jpg

静かに拭かれて、綺麗に乾かさせてくれています。
濡れたまま布団に行かないで、いつもこうなら……と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【Goods】UWFのバンダナとパンフレット
2016年04月19日 (火) | 編集 |
かつて存在したUWFというプロレス団体については、何度か触れました【注①】が、思い出せば思い出すほど本当に大きなムーヴメントだったと思います。
一時のK-1ブームも格闘技界に大きな波を起こしましたが、UWFの存在は個人的にはそれ以上だったように思います。

これはそんなUWFのファンクラブでいただいたバンダナ(?)です。

 UWF(R)B.jpg

大きめのハンカチなのか???

こちらは1984年(だと思うのですが……)のパンフレットです。

 UWF@198404PF(F).jpg

裏側はこんな感じです。

 UWF@198404PF(B).jpg

本当に懐かしいです。

その後の格闘技界の流れを考えると本当に大きな影響があった団体だったと思います。
歴史に「たら」「れば」はありませんが、本当に「もし解散していなかったら……」とか「今でも存在していたら……」と考えてしまいます。
それぐらい社会現象になっていました。

個人的な話をすると今でも空手や柔道に関わっているのは、間違いなくUWFの影響から抜け出せないでいるからだろうと思います。
そして柔道や空手を介して知り合えた多くの方々との縁を考えると本当にありがたい存在だと思います。



【注①】
 ※参考:【Goods】UWF CAP
 ※参考:【Goods】UWFシューズandレガース
 ※参考:【Goods】色紙
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 散歩したら……
2016年04月18日 (月) | 編集 |
最近、よく歩くようになったマーフィー。

 mfy@20160418sanpo01.jpg

段々と年を取ってきたので、少しダイエットを……と思っていたところですから、良かったと思っています。
でも問題は、いつも!というわけではないこと。
たくさん歩いたり、用をたして終わってしまったり……その日によって全然違うことです。

 mfy@20160418sanpo02.jpg

「そろそろ帰ろうかなあ~」って顔のマーフィー。

そして帰ると……。

 mfy@20160418dakko01.jpg

密着するマーフィー。

 mfy@20160418dakko02.jpg

たくさん歩いたから、ご褒美ってところですかね……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【仕事】また引き継ぎが酷い……
2016年04月17日 (日) | 編集 |
この4月に異動になり、バタバタした日が続いています。
異動すると付き物なのが引き継ぎ。
異動と引き継ぎについては、これまで何度か書いています【注①】が、今回も酷いもので……と言っても前任者とのものではなく、部署間のものなのですが……。

今回の異動先ですが、もともと忙しい(残業も多い)にも関わらず他部署からの仕事が増え、とんでもない状態になっています。
以前も組織改編に伴う異動に巻き込まれたことがありますが、毎度毎度仕事が増えた側ばかり……。
思い出してみると色々と整理しなければならないことがあるところへの異動が多いような気がします。

さてさて……話を戻しますが、部署間で仕事を受け渡すのですが、まあ……引き継ぎが酷い。
一応、引継書を作ってきたのですが、目次のようなもので、何を引き継ぎたいのか?分からない代物でした。
仕事を引き継ぐということは、人や部署が入れ替わっても仕事が流れるためのものを相手方に伝えなければならないというのが前提です。
それが組織を守ることで、組織に属している以上、しなければならないことです。
それが出来るという前提があるので、異動や組織改編ができるのですが……。

したがって仕事の内容は当然ですが、取り扱っているお金とスケジュール、懸案事項や未処理事項……それらを伝えなければならないはずで……この人たちはどんな仕事をしていたのか?と疑ってしまいました。
それと仕事を引き継ぐと言うことは、当然ですが関連書類も引き継ぎますが、まあ……書類の酷さと言ったら……。
どう考えても要らないだろうと思われるものまで引き継ごうとするので……。

とりあえず整理できない人から引き継ぐのは、もう勘弁してほしいと思います。
整理できないから無駄な作業が増えている……効率が悪いですし、間違いの元になりますし……。
また整理整頓が始まるかと思うと気が重いです。



【注①】
 ※参考:【仕事】人事異動
 ※参考:【仕事】異動……
 ※参考:【Diary】異動……
 ※参考:【Diary】異動
 ※参考:【仕事】仕事を引き継ぐということ
 ※参考:【仕事】引き継ぐ

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsせん : 一緒
2016年04月16日 (土) | 編集 |
引きこもっていたセンがドームから出てきて、やってきたのは……。

 mfy-sen@20160416bed01.jpg

マーフィーの隣。
優しいマーフィーに密着するセン。

 mfy-sen@20160416bed02.jpg

この安心した顔。

 mfy-sen@20160416bed03.jpg

やっぱりセンにとってもマーフィーは安心できる相手のようです。

で……マーフィーは……。

 mfy-sen@20160416bed04.jpg

こんな顔。
この優しさが我が家の癒しの中心です。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【教育】学校外で行われる教育を義務教育として認めようという方向性について #04
2016年04月15日 (金) | 編集 |
この度、熊本で発生した大地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

まだ余震は続いていますし、地盤が緩んでいること、構造物が不安定になっていることを考えると、さらなる災害が発生しないことを願っています。

 maga-tama03B(L).jpg



前回の続きです。

フリースクールで受けた教育を義務教育の単位とすることは、否定すべきことではないとは思います。
しかし実施段階で
 (1)教育内容が義務教育で為されることと同レベルであること
 (2)費用負担の考え方
を整理するべきだと思います。

ただし(1)については高卒認定試験と同様の方法を採れば良いように思いますが、義務教育で為される教科全てを判断しなければならないのがネックになるでしょう。
体育や家庭科、図工……この辺りもありますから……。
これをどうクリアするのか?
これらの科目については、国語や算数(数学)を教えるのとは違って、教える段階で道具や場所が必要になります。
それなりの技能を持った者の確保も必要です。
理科についても実験をどうするのか?もありますし、それに伴う安全確保が必要ですから簡単にはいかないように思います。
それらを確保し、教えるということが義務教育上必要です(そうでないなら義務教育の課程に入りません)。
そして体育や家庭科、図工についてはどのように単位を認定するのか?を考えなければなりません。
フリースクールだったから教わっていないという状況が発生するのであれば、学校教育の代わりにはなりませんから。

(2)は私立学校と同様の手法で良いようには思います。
要するに公立とは違う費用負担を要しなければならないということです。
この辺りをキチンと整理しなければ、塾や家庭教師との違いがなくなり、制度がおかしくなっていくと思います。

何度も書きますが、フリースクールで受けた教育を義務教育の単位とすることは、否定すべきことではありません。
ただしキチンと整理しなければ、そのマイナスを実感するのはフリースクールで受けた教育を受けた者となってしまいますから注意が必要だと思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記