【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】東京オリンピックの開催について #04
2016年05月31日 (火) | 編集 |
最初に#01の冒頭を再掲しておきます。

最初に書いておきますが、東京でオリンピックが開催されることに反対!と言いたいわけではありません。
勢いで……ではなく、色々な要素をキチンとテーブルに載せて考えるべきであり、そうしないとロス(無駄)が大きくなるだろうと言いたいだけですから。



前回の続きです。

もちろん飛行機以外の公共交通機関でも荷物・持ち物検査をするべき!と言いたいわけではありません。
公共交通機関で飛行機並みにセキュリティを高めると簡単には乗車できなくなりますから、大きな混乱を招くことになります。
当然ですが、セキュリティを担保するためのコストは小さくなく、それは運賃に跳ね返ります。
それで良いのであればいいのでしょうが、そうなると簡単には利用できなくなりますし、それが乗車率の低下、そしてさらなる運賃のアップに繋がります(そうでなければかつてのJRや飛行機のように赤字路線を廃止するか)。

日本における安全性の確保に大きな役割を果たしてきたのは、日本人が持っている精神性だろうと思います。
恥を根に置く文化、個人ではなく家を根に置く文化、そして曖昧なもの(こと)を大きな支障がなければ曖昧なままにしておく文化……そういう文化の上にある精神性が大きいのだと思います。
もちろん恥を根に置いたり、家という単位で考える文化は日本特有のものではありませんが、文化を支える土台である言語を考えると、それらから派生している精神性はかなり変わっている(善悪は別です)と言えるでしょう。
しかし学校や職場におけるイジメ(パワハラ等の各種のハラスメントを含む)の問題や意図の理解できない殺傷事件を考えると、それに頼っている場合ではないように思います。

 (続く)

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : モミモミ
2016年05月30日 (月) | 編集 |
体重は軽くなってきたものの、やはり脚に負担が掛かるようで、時々調子が悪い左脚を気にするマーフィー。
マーフィーが小さい頃、まだ我が家はフローリングのままの空間がほとんどで、踏ん張りが効かないために傷めてしまったのではないか?と思っています。
もっと早くタイルカーペットを敷いていれば……と思うことは少なくありません。
ですからマーフィーが密着している時に全身をモミモミするようにしています。
人間でも同じ(というか……人間を基準に考えてしまいますが)ですが、左脚の不調は腰の不調に、そして上半身に……首に……と連動していきます。

 mfy@20160530mss02.jpg

だから整体する時には全身を調整することになります。
ということでマーフィーに対しても同じ。
遠位(愁訴の発生している部位から遠いところ)から調整すると、全体のバランスで愁訴部位にあまり触れなくても改善したりしますから、マーフィーに対する時は、そうしています。

 mfy@20160530mss01.jpg

人間の場合と違うのは、言葉という壁があること。
マーフィーの様子(反応)から具合を感じ取るしかなく、マーフィーが「密着していられれば良い!」という感じなので、それを差し引いて考えています。

 mfy@20160530mss03.jpg

これが人間相手の整体に役に立つんです。
本当にマーフィーには色々と勉強させてもらっています。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【etc】数字を考える ~武道とケガについて~
2016年05月29日 (日) | 編集 |
私も柔道や空手をしていますが、武道をすると危なくないか?と尋ねられることは少なくありません。
その度に「身体を動かすことで危険性ゼロのことはない」と答えています。
当たり前のことなのですが、その点を確認することが第一です。
日本において体育活動中の事故(死傷)についてはいくつかデータがありますので、その中から参考になると思うものをご紹介します。

まず確認しておくべきことは、体育活動中の死亡事故のほとんどは突然死であるということです(1998~2009年度データ)。
その割合は実に70%以上を占めており、頭部外傷はそれに次ぐものです。
では突然死の原因は?というと最大の原因(80%)は心臓系です。
競技別では、陸上競技が約30%、それに次いでバスケットボール、サッカーとなっています。
第2位の頭部外傷の原因は柔道で、これらも約30%を占めています。
重度障害では脊髄損傷が約50%、それに頭部外傷、そして心疾患等が続きます。
脊髄損傷の原因としては、ラグビー・水泳・体操が各々25%程度となっています。
頭部外傷では柔道が60%程度、心疾患等では陸上競技60%程度となっています。
ちなみにこれらの件数を運動部活動別でみた場合、柔道が16%で最大で野球・バスケットボール・ラグビーと続きます。

一方で集められた統計から、病院や診療書にかかる必要があるケガというところまで拡げて、代表的な競技を考えると次のとおりになります。

順位:活動内容 (発生率) 加入者数 / 発生件数
1:アメリカンフットボール (9.51) 9,179 / 873
5:ラグビー (2.78) 50,965 / 1,417
6:バレーボール (2.71) 1,024,506 / 2,773
7:柔道 (2.53) 118,824 / 3,009
10:バスケットボール (2.06) 411,198 / 8,460
11:硬式野球 (2.04) 51,239 / 1,047
14:バドミントン (1.66) 246,394 / 4,080
15:相撲 (1.62) 7,079 / 115
16:サッカー (1.54) 992,698 / 15,256
17:ドッジボール (1.52) 55,058 / 838
18:アイスホッケー (1.43) 15,643 / 224
21:テニス (1.25) 91,665 / 1,149
23:スキー (1.18) 42,487 503
24:ソフトボール (1.14) 717,896 / 8,189
25:ハンドボール (1.12) 16,488 / 184
26:レスリング (1.11) 6,025 / 67
29:体操競技・新体操 (1.00) 100,804 / 1,003
30:硬式野球 (0.99) 1,066,573 / 10,540
31:スケート (0.89) 17,171 / 153
33:空手 (0.81) 213,082 / 1,716
35:合気道 (0.73) 28,858 / 211
36:サイクリング (0.71) 3,394 / 24
37:ソフトテニス (0.69) 77,646 / 535
38:卓球 (0.66) 132,778 / 870
40:ゲートボール (0.60) 47,981 / 290
42:少林寺拳法 (0.53) 50,616 / 266
43:剣道 (0.49) 325,842 / 1,604
44:ボクシング (0.49) 2,047 / 10
52:グランドゴルフ (0.27) 78,400 / 214
65:弓道 (0.12) 15,529 / 19
66:水泳 (0.12) 204,146 / 249
※スポーツ等活動中の障害調査から抜粋し、武道・格闘技に着色しました。



このデータをどう読み解くかには、色々な考え方があると思います。
前半のデータで陸上競技の比率が高いのは、『体育で陸上競技をしている時間が長い(多い)から』と考えられますから、特に陸上競技が危険というわけではないと言えます。
正確に比較するとすれば、同一時間内の発生確率を考慮する等が必要なのだと思います。
例えば1年に1件の死亡事故が発生したとします。
ここで問題になるのは「1年」という書き方です。
そのうちの何日練習もしくは試合(以下「練習等」)をしていたのか?で話が変わってきます。
極論すれば1年のうち1日しか練習等をしなかったことと365日毎日練習等をしていたことでは、比較のベースが異なるということです。
前者の場合は実質的には1日で1件の死亡事故が発生したことになりますし、後者の場合は365日で1件の死亡事故が発生したことになります(1/1と1/365の差です)。
同じ考え方で練習時間の違いもあります。
1日2時間の練習等をしていることと1日4時間練習等をしていることでは事故リスクは2倍の差になります。
その意味では屋内競技は天候に関係なく一年中練習等をすることができますが、屋外競技は天候に左右されます。

武道が安全とは言うつもりはありませんが、他のことと比較してどれぐらい危険なのか?は、そのようなことを考慮しなければならないと思います。
実際に上の順位から抜いているものには、

22:学童保育 (1.19) 105,964 / 1,259
41:ハイキング (0.53) 76,035 / 403


という数字があり、単純に出ている数字だけで考えてしまうと学童保育やハイキングは、少林寺拳法や剣道、ボクシングより危険な行為になってしまいますから……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめvsせん : これが逆だと……
2016年05月28日 (土) | 編集 |
窓際のコウメ。

 ume-sen@20160528Living01.jpg

キョロキョロして何かを気にしています。
周りを見ていたと思うと、こうしてジーっと何かを見つめて……。

 ume-sen@20160528Living02.jpg

これを繰り返しています。

で、何を気にしているか?というとコレ。

 ume-sen@20160528Living03.jpg

チョロチョロ動くセンのシッポです。
カーテンからシッポだけ出しているセン。
カーテンの中では、こんな感じで悠然としています。

 ume-sen@20160528Living04.jpg

でも……これが逆だと間違いなくシッポに向かって飛び付いているだろうと思います。
やはりコウメは立派なお兄ちゃんになったのだと……。
まあ……マーフィーのシッポだと飛び付いていたかもしれませんが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【整体日記】季節柄か……
2016年05月27日 (金) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載です。

最近、調子が悪いと言われる人が多いです。
季節柄か……。
それとも生活環境が変わる時期のためか……。
触れてみると首筋から肩、背中の上部がガチガチになっていることが多いです。

我が家の犬、猫を見ていると季節の移り変わりに応じて、身体に変化が現れます。
家の中で暮らしていても、やはり変化が現れます。
人間も動物ですから、本来は何かの変化があるものなのだと思います。
それを抑えて社会的な生活をするのですから、身体が受けるストレスが大きな時期なのだろうと思います。
そのストレスに対応するため、身体に力が入った状態での生活時間が長いのかもしれません。

何かに集中するのも良いのですが、身体が健康であってのこと。
少しでも身体が受けるストレスを軽減するため、
 ・定期的に立ち上がって身体を伸ばすこと
 ・深呼吸をすること
を薦めています。
できれば屈伸、伸脚、前後屈、肩や首を回す等も良いですし、何でも電話やメールでなく歩いて移動することも良いのですが……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】せん : 何か???
2016年05月26日 (木) | 編集 |
随分と元気になり、元の甘えん坊に戻ってきたセン。

 sen@20160526Living01.jpg

あの引きこもりも何だったのか?と思うような甘えっぷりになってきました。
リビングでユックリしていると足元にやって来てスリスリし始めるのは、復調してきた証拠ですね。
その後は当然のように丸くなって眠るセン。

 sen@20160526Living02.jpg

センが甘えてくれると本当にホッとします。
そんなことを思っていると……。

 sen@20160526Living03.jpg

「何か?」という顔で振り返るセン。
いやいや……「何か?」じゃなくてね、本当に心配したんだよ……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ : 時々
2016年05月25日 (水) | 編集 |
布団に行くと……いつも隣にいるのはマーフィー。
時々やって来てスリスリするのがセン。
でも今日は……。

 ume@20160525neru01.jpg

隣にコウメ(ちなみにマーフィーは足元に丸くなっています)。
こういう時は、とりあえずコウメ優先。
コウメも本当は甘えん坊なのだと思うのですが、あまり甘え方が上手でないように思います。
マーフィーのように堂々と甘えれば良いのに……と思うことが少なくありません。

 ume@20160525neru02.jpg

だからコウメが密着!という時は、気が済むまでそのままでいるようにしています。

 ume@20160525neru03.jpg

センの甘え方と全然違うのが面白いところで、やはり個性があるなあ~と思います。
まあ……マーフィーを見ながら育ったコウメと猫社会で育ったセンとでは違っていて当然なのかもしれませんが……。
というか……コウメも、もっともっと甘えても良いのになあ~と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】結婚についての最高裁の判断について #04
2016年05月24日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

さて……もう一つ制度上の再婚が認められるまでの期間が男女でちがうことについては、医療の高度化を考えると、男女で違う状態がベターとは言えません。
そもそも再婚後に子供が生まれた時、その子供の父親が再婚前後のどちらか?ということを決定するための制度ですから、見た目で判断しなくてもDNA鑑定で決定できるのであれば、それで良いのだと思います。
ただし再婚前後の相手が一卵性双生児の場合には、問題が起きるかもしれませんが……。
そういう問題まで考えると再婚時には「妊娠していないことを証明する医師の証明書」を必ず添付するという方法で解決しますから、期間を男女で一致させた上で、証明書を添付することを義務付ければ良いのかもしれません。
まあ……個人的には「期間が短い方に合わせる」のではなく、「期間が長い方に合わせる」方が問題が起きにくい(私的な感情を別にすれば)のだろうとは思うのですが……。

話は逸れますが、私の母も離婚して我々兄弟を育てました。
色々な苦労はあったと思いますし、最近も「あなたのお母さんは……苦労したんだよ」という話を聞きました。
また大きくなってから離婚の理由について色々聞いていますから、各々で色々なことがあるとは思います。

当時の環境は、今ほどは一人親家庭に対する社会的な支援が充実していませんでしたから、色々なことがありました。
その意味では、一人親家庭の苦労はそれなりに分かるつもり(子供の立場では……ですが)です。

それでも、大きくなって母に結婚や離婚の話を聞かされた時に「結婚も離婚も決めたのは誰?」と問いかけたことがあります。
そういう意味では冷たい子供だったのかもしれません……。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記