【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【囲碁】囲碁で思うこと #02-02
2017年03月04日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

基本的に武道(武芸や武術を含みます)は、思想とセットとなっています(別項でも書いたように思います)。
ただの技術体系ではありません。
技術体系と言うのであれば、「どう身体を(有効に)使うのか?」という体系です。
そう考えると「着衣でするレスリング」を柔道と呼んで良いのか?と……。

話が逸れていますが、話が逸れたついでに……。

私が囲碁を打ち始めたのは高校生になってからで、それまでは将棋を指していました。
将棋で「もう少しで勝てる!」という時に安全な手を指すと、後で「決めるべき時にはキチンと決めなさい!」と言われていました。
それに「勝てば良いというものではない」とも……。
要するにキチンと先を読めば数手で終わる局面で、安全策を講じると倍以上の手数が必要になったりします。
それは……言い方は悪いのですが「相手をなぶり殺しにするのと同じ」ということであり、切腹で苦しんでいる者を介錯しないで放置しておくのに等しいと言われました。
その意味で「勝つ時にはスパッと勝ちなさい」と……。
逆に情勢が悪い場合でも同じです。
将棋(囲碁で同じですが)番組で解説を聞いている(見ている)と「こんな手は指したくない」とか「負けても指さない(打たない)」とか……そういう表現をされることがあります。

要するに勝っても負けても……格好悪いことはしないということなのだと思います。

 (続く)

 goban.jpg
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記