【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】発電について #10
2017年03月15日 (水) | 編集 |

妙な誤解をされたくないので、#01で書いたことを再掲しておきます。
------------------
こんなことを言うと「原発推進派」と言われかねないのですが、(前にも書いたかもしれませんが)私は『原発は「ある」より「ない」方が望ましい』と思っています。
------------------
また#02で書いたように地球温暖化とCo2の関係も疑っていますので……。



前回の続きです。

前回、電気を必要とする主目的を書きました。
一つは、生活の維持・向上
もう一つは、経済活動の維持・向上
これらから考えると、生活や経済活動を圧迫する手段は、間違っていると言わざるを得ません。
分かりやすく言えば、現状の原発停止はそもそも目的を外れたものということです。

アベノミクスの影響で経済は上向きとの話も聞きますが、実質賃金は下がっています。
要するに社会的なコストの増加が、賃金の増加より大きいわけです。
収入が1%上がっても、支出が2%上がっては、何の意味もありません。
社会活動は、単純ではありませんが、最低でもこの辺りまでは視野に入れておく必要があります。

さてさて……そうなるとどうするべきなのか???と思うのですが、現状の社会活動や情勢を前提とすると早急にエネルギーの元を転換するのは難しいのではないか?と思います。
何より……世界的には「地球温暖化」と「二酸化炭素等の排出」が問題になっています。
この問題が大きな壁として存在している以上、簡単にはいきません。
原発を止めて、火力に戻しても何とかなっているという話は、この議論を抜けば……という前提でしか成り立たないものです。
実際、世界中で温暖化対策としての目標値が示される中、日本は示せないでいます。
火力発電に頼る方向に舵を切ったのですから、それ以前と比較すると確実に二酸化炭素を始めとする地球温暖化を促進するガスの排出量は増加しています。
原発否定論には「事故があった場合、次の世代に対する責任が持てない」という話が出ますが、その意味では火力発電は地球温暖化を加速されると考えられる温暖化ガスの排出量を増やしますから同様です。
地球温暖化を加速させないで、原発を廃止する……かなりの難題だと思います。

 (続く)



※妙な誤解をされたくないので……いう意味で、#02の冒頭に書いたものも再掲しておきます。

何人かの方(知人を含む)から「今、原発に少しでも肯定的なことを書くと袋だたきに合うかも」という忠告をいただきました。
確かにそうなのだと思います。
これは地球温暖化についても同様です。
ただ感情論を抜いて、少し考えてみたい……そう思ってキーボードに向かっています。
問題は私の知り得る(考え得る)範囲で書くということだろうと思います。
原発の話も地球温暖化の話も行き着くところはエネルギー問題です。
社会を支えると言うとピンと来ませんが、生活を支えているのがエネルギーです。
そんなことを考えながら指を動かしています。

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記