【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】医療費の削減 #02
2017年03月18日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

ビタミン剤に続いてターゲットとなったのが、うがい薬。
風邪(インフルエンザも)の予防には「うがい・手洗い」と言われますが、屋外でウイルスに感染した場合、帰宅してからうがいをしてどれだけの効果があるのか???
また感染後にうがいをして、どれだけの効果があるのか???
それに同種のものがドラッグストアで販売されており、医師からの処方で同じモノが安価で入手できてしまうこともどうか?と思いますから、これも合理的な判断だろうと思います。

さてさて……これまで以上に強烈だと思われるのが次のターゲットです。
それは……総合感冒薬(要するに風邪薬)です。
まあ……風邪薬の保険適用除外は世界的潮流になっていますから、これも合理的判断なのですが……。
日本では、風邪らしき症状が出ると病院に行って注射や点滴、そして薬を処方してもらって安心……というのがパターンになっています。
ここにメスを入れるのは、アル意味で大きな決断になるだろうと思います。
世界的に風邪薬の保険適用を除外されるのは、そもそも風邪薬に風邪を治す作用がないからです。
あるのは症状を抑える効果だけで、それは医者が処方するものもドラッグストアで購入するのも効果に大きな差はありません。
風邪は暖かくして寝る(もちろん栄養と水分補給をして)のが一番の治療法です。
薬を使っても使わなくても影響はありません(これが医学的な根拠(エビデンス)です)。
そういうものを保険の対象にしておく方が非合理的です。

この先に何が来るのか……。

 (続く)

 medical(S).jpg
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記