【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道】身体の使い方 #04-03 背中を使う
2017年09月20日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

相手を引くとか押すとか……そういう動作をする場合、意識しておくのが「背中を使う」ことです。
腕力に頼るのではなく、上手く背中を使う、これが大切なことです。

例えば50kgのものが地面に置いてあるとし、それを持って立ち上げようとするとします。
  ●  ←頭
 | | ←腕
 |■|
(荷物)
これを両手の力を使って持ち上げて立ち上がろうとすると割と力が必要です。
では、そのモノを背中に乗せて立ち上がろうとするとどうでしょう?
この場合は「両手の力を使って」の場合より軽く立ち上がることができます(重心が上にあるのですから当然なのですが)。
次に、そのモノを紐で括っておき、紐を背中に回して立つとどうでしょうか?
  ●  ←頭
 | | ←紐(この紐が背中側を通る)
 |■|
(荷物)
これも「両手の力を使って」の場合より軽く立ち上がることができます。
ここから腕を紐のようなイメージで使うことができれば、両手で持ったとしても「両手の力を使って」の場合より軽く立ち上がることができます。
要するに背中の力で持ち上げる感じですから、当然です。
注意することは、関節の使い方ですが、これは文字情報では表現しきれません。。。

 (続く)



【参考】
 ※参考:【武道】身体の使い方 #04-01 背中を使う
 ※参考:【武道】身体の使い方 #04-02 背中を使う

 budo.jpg
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記