【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】すわん : 本当にモコモコ
2017年10月20日 (金) | 編集 |
本当にモコモコしているスウ。
全身に長い毛を纏っているので、これから先の寒くなってからは良いのでしょうね。

 suu@20171020gage01.jpg

今、一番よく食べるのがスウで、一番フックラして見えますが、抱っこしてみると本当にホッソリしていて、ビックリします。
食べたものがどこに行ってしまうのか???

 suu@20171020gage02.jpg

多分、センとの追いかけっこで、カロリーを消費しているのだろうと……。

いつものゲージから出て、寝室に移動したスウ。
布団ではなく、ベッドの横に置いている棚に乗って丸くなります。

 suu@20171020futon01.jpg

せっかく布団が隣にあるのに……と思うのですが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】せん : 抱っこ
2017年10月19日 (木) | 編集 |
窓際のセン。
センが敷布団代わりにしているのは、実はドーム。

 sen@20171019Living01.jpg

本来は中に入って、丸くなって寝るためのものですが、何度、丸く膨らませても敷布団にしてしまいます。
でも気持ち良さそうな顔を見ていると仕方ないかな???と思ったり……。

 sen@20171019Living02.jpg

そんなセンを抱っこ。

 sen@20171019Living03.jpg

お腹がかなりモコモコ。
そしてモフモフ。

 sen@20171019Living04.jpg

こうして抱っこしていると色々なストレスが飛んでいきます。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【Toy】おまけ
2017年10月18日 (水) | 編集 |
オマケで付いていると……ついつい買ってしまう……。
でも、その後はどこかに置いてしまって、置き場所が分からなくなる。
それがフッとした時に出てきて、集めた頃のことを思い出して……。

中でもガンダム・シリーズはよく集めました。
これはGスカイ(左)とスーパーガンダム。

 gundam@20171018sky-super.jpg

Gスカイは、ファースト・ガンダムにGファイターが合体したもの。
スーパーガンダムは、ガンダムMkⅡにGデフェンサーが合体したもの。
そんなことをよく覚えているものだと思います。

そして、やられ役のジム。

 gundam@20171018GM.jpg

こちらはジオン軍のマゼラ・アタック。

 gundam@20171018MAZELLA.jpg

まだまだあったと思うのですが……どこに行ったのか???



【参考】
 ※参考:【Toy】クレーンゲーム(ガンダムUC(ユニコーン)ユニコーンモード)
 ※参考:【Toy】Ζガンダム
 ※参考:【Toy】メッサーラ
 ※参考:【Toy】ガブスレイ
 ※参考:【Toy】ガンダムSEED系(Strike Freedom / ∞ Justice)
 ※参考:【Toy】ガンプラ(Ζ / G-Difencer / ΖΖ)
 ※参考:【Toy】Ζガンダム #02
 ※参考:【Toy】Ζガンダム系(百式 / MkⅡ)
 ※参考:【Toy】ボール
 ※参考:【Toy】GUNDAM
 ※参考:【Toy】ハロ
 ※参考:【Toy】ストライク・ガンダム
 ※参考:【Goods】ザク・バッグ
 ※参考:【Goods】名札and名刺入れ
 ※参考:【Toy】敵役
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめvsすわん : ディナー・タイム
2017年10月17日 (火) | 編集 |
そろそろディナー・タイム。
と思っていると、我が家の食いしん坊軍団がダイニングに集合します。
みんな一緒に集合……というわけにはいかないのが、不思議なところ。
で……やってきたのは、コウメとスウ。

 ume-suu@20171017Living01.jpg

この微妙な距離が何とも言えません。
テーブルの上のスウ。
椅子の上のコウメ。

この顔で、小さく「ミャー」とおねだりするのがコウメ。

 ume-suu@20171017Living02.jpg

熱い視線を送るのがスウ。

 ume-suu@20171017Living03.jpg

スウの場合、このまま熱い視線を送り続けるのですが、コウメはテーブルに上がってウロウロし始め、テーブルの上の物を次々と落とし始めるのが困ったところです。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : がるるる
2017年10月16日 (月) | 編集 |
トボトボと散歩に出かけたマーフィー。
どうしてこんなに散歩が嫌いなのか???不思議です。

 mfy@20171016sanpo01.jpg

何があるか?分からないからか???
でも何かを感じると「ガルルル……」とか「ウー」という声を出してみたりはします。

 mfy@20171016sanpo02.jpg

人間の目では、何かがいると確認できないこともありますが……。
威勢よく声を出してみても、その後は、こんな顔に。

 mfy@20171016sanpo03.jpg

ちょっと弱気な顔になるマーフィー。
人間の耳には聞き取れないような遠くから声が聞こえているのかな???と思ったりします。
近所にいるワンコの中では、マーフィーは大きい方ですから、そんなに弱気にならなくても……と思うのですが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】すわん : いろいろ
2017年10月13日 (金) | 編集 |
窓際のスウ。
本当に優雅に見えます。

 suu@20171013Living01.jpg

こんな風に顔を拭き拭きする姿は、何とも言えない可愛さです。

 suu@20171013Living02.jpg

スウが、コウメやセンと違うのが、隠れ家にこもっていることが多いことです。
コウメやセンは、割合、リビングや布団で大の字になっていたりますが、スウは隠れ家にいることが多いです。
で……。

 suu@20171013Living03.jpg

ここもスウの隠れ家になってしまうのか???
そこは……あまりユックリできる環境ではないと思うのですが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】せん : 走り回る
2017年10月12日 (木) | 編集 |
本当に元気いっぱい!なのは、セン。

 sen@20171012Living01.jpg

というか……動きが軽いので、元気いっぱい!に見えるのかもしれません。
コウメやスウとは、本当に動きが違うように思います。
リビングをキョロキョロしながら移動して、ピュッ!と動いて、ピタッ!と止まる……そんな動きをするのは、我が家ではセンだけです。

 sen@20171012Living02.jpg

最終的に行き着くのは、
 ・テレビの上の棚
 ・ソファー
 ・膝
 ・キャットタワー
のいずれかです。

 sen@20171012Living03.jpg

何を基準で選んでいるのか???
でもセンの中で何か基準があるように思いますが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】UIJターン #03
2017年10月11日 (水) | 編集 |
#01の最後を再掲します。

実際にはマイナス面だけではないのですが、移住してしまうとそのようなマイナス面と付き合い続けなければならなくなります。
「UIJターン」のプラス面は、色々と報道でも出てきますが、実際にはマイナス面もたくさんあります。
移住を考えられる場合には、そのようなことを色々と考えておかなければならないでしょうし、どこに移住するか?の選択も色々な要素を勘案して決めなければならないでしょう。


前回の続きです。

一方で確実に変わるのは、生活の中での移動手段です。
都市部のように公共交通機関が発達しているわけではありませんから、基本は自動車での移動になります。
自家用車を持っていれば、その維持費(自動車税や車検代等)が必要になりますし、動かせば燃料費も必要になります。
自家用車がなければ、不便を承知の上で公共交通機関を使うか、タクシーを使うか……になります(誰かと同居し、相手が持っていれば話は別です)。
これはコストだけの問題ではなく、公共交通機関であれば移動中にできていたことが、自分で運転しなければならなくなったためにできなくなり、生活スタイルを考え直さなければならないということも発生します。

特に昨今、高齢者の交通事故が増えています。
高齢者が増えたので、高齢者の事故も増えるのでしょうが、その多くは老化による身体の衰えと脳が一致しないために起きているのだと思います。
その意味では、直接的な事故に遭わなくても、間接的に事故に関係していることも増えているのではないか?と思います。
例えば高齢者が運転する自動車のブレーキのタイミングが遅れ、後続車の対応が遅れた場合、そのまま追突すれば高齢者の交通事故にカウントされますが、そこでの追突は免れても後方で発生することがあり、そこに高齢者が乗っていなければカウントされません。
そこまで考えると自動車での移動の是非を考えなければならないのですが、地方にはそれを支える財源はありません。
結局、自動車での移動になってしまうのだと思いますが、高齢者の事故が増えていますから、規制は強くなるでしょう。
言い換えれば、若い時に取得した免許が使えなくなる可能性が大きくなるということです。
そうなった時にどうするのか?は考えておかなければならないと思います。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記