【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】観光地 #06
2017年12月20日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

そもそも「おもてなし」という言葉は、「もてなす」という動詞の連用形名詞である「もてなし」に美化(丁寧)語の接頭辞「お」が付いたものです。
では、「もてなし」は何か?ということですが、広辞苑によると

もて-なし【持て成し】
1 とりなし。とりつくろい。たしなみ。
2 ふるまい。挙動。態度。
3 取扱い。あしらい。待遇。
4 馳走。饗応。


という意味があります。

これらの意味から考えると、そもそも「もてなし」は「できる範囲内で」しかできませんし、受ける側がそれ以上を望むのは礼に反します。

ただし相手があることですから、相手の好みを知り、そこに向かって行うようにしなければならない面があります。
言い換えれば、もてなす側の思い込みではダメということです。

この辺りを間違うとコストを掛けた割には、喜んでもらえない状態になります。
まあ……前者はサービスをキチンと理解していれば良い(サービスは対価に応じて行うものであって、無制限ではない)ことですし、後者は市場調査をすることが前提と考えると、それほど特別なことではないとは思いますが……。

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記