【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #04-01
2017年12月27日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



とりあえず私が現状で考えているヘルニアについてのアレコレを前回までメモしてみました。
今回は、ちょっと追記です。

前回の続きです。
#01-12でこんなことを書きました。

またヘルニア状態になる理由として他には、解熱のためとも考えています。
ある対象物の熱を取るためには、対象物より温度が低い水を風船のような柔らかいもの入れて、対象と隣り合わせにすれば、対象の熱は水に移ります(対象の熱は下がります)。
椎間板は柔らかい水分を含んだもの(フルーツ・イン・ゼリーのようなイメージ)ですから、その役割を果たすには充分なものです。
となると、身体が痛みから逃れるためにヘルニア状態を作って、解熱しているとも考えられます。


身体には自然の防御反応があります。
それは菌やウィルスに対抗するために発生する発熱、擦り傷や切り傷に対して血液の流出を抑えるために凝固反応、火傷に対する水ぶくれ……。
全ての身体的な愁訴への対応は、本来は同じで『誰かが何かで治す』のではなく『自分の身体が治すのであって、外側からのアプローチはその力を補助しているに過ぎません。
そのようなことを基本に考えるとヘルニア状態になるということにも何らかの意味があるのではないか?と考えることはおかしなことではないようにも思います。
筋肉の過緊張が発熱を生み、発熱が痛みを発生させると考えると、人間の身体はその熱を取り除くために何らかの反応を起こすことは自然な考え方ではないか?と……。
つまり『何かがあるから、それに対応するために身体がヘルニア状態を作る』という考え方なのですが、そう考えると#01-04で書いたことにも理由付けができそうに思います。

ちなみに#01-04ではこんなことを書きました。

(1) ヘルニアの除去手術をしても痛みや痺れが取れない場合がある。
(2) 除去手術により一時的には良くなっても再発することがある。
(3) 手術はするもののヘルニアの除去をした場合と切開だけで閉じた場合で有意差がなかったこと。
(4) 腰痛や痺れがない者を画像診断した場合、ヘルニアが存在する者が少なくないこと。


これらについては、#01-10#01-11#01-12で一度考えていることを書きましたが、身体に発生した何かに対抗するためにヘルニア状態を作ることを身体が選択したと考えても、それなりの理由を付けることができます。
ヘルニアが原因ではなく結果であるとすれば、原因が取り除かれていないので、それらと矛盾はしませんし……。

椎間板ヘルニアについては、まだまだ色々と考えることがありそうです。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記