【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】UIJターン #09
2018年09月01日 (土) | 編集 |
#01の最後を再掲します。

実際にはマイナス面だけではないのですが、移住してしまうとそのようなマイナス面と付き合い続けなければならなくなります。
「UIJターン」のプラス面は、色々と報道でも出てきますが、実際にはマイナス面もたくさんあります。
移住を考えられる場合には、そのようなことを色々と考えておかなければならないでしょうし、どこに移住するか?の選択も色々な要素を勘案して決めなければならないでしょう。



前回の続きです。

若年層が移住したいと考える場合、ある調査によると
・働き方を変えたい。
・都市部の騒々しい暮らしが合わない。
・広々とした住宅を確保したい。
等が挙げられるようです。
それらを考えた結果、移住し、成功した人は少なくありませんし、よく報道されます。
しかし当然のことなのですが、それが全てではありません。
当然、失敗した人も存在します。

都市部と決定的に違うのは、失敗した時に転身できる可能性の大きさです。
都市部には数多くある可能性と同じ分だけは、地方にはありません。
全国相手に仕事をしていても……です。

「働き方を変えたい」と言っても、思ったとおりに変えることができたのかどうか?は別の話です。
「都市部の騒々しい暮らしが合わない」と考えていて移住しても、地方には騒々しさとは別の面倒な部分があります。
「広々とした住宅を確保したい」と思っても、元手は必要です。
さらに……移住すれば、それまでとは環境が変わりますから、それまでのノウハウがそのまま活かせるとは限らず、逆に作用してしまう可能性もあります。
ただ本人が変わることができる可能性も大きい分だけは、マイナスは小さいのだと思います。

 (続く)
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記