【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道】柔道世界選手権2018 #05
2019年04月13日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

柔道が世界に拡がった一面として、謙虚さを学ぶ等の教育的要素があります。
世界を考えなくても、柔道教室に通うようになる一因は、単に強くなるということだけが望まれているわけでもありません。
そこを考えると、国際大会という場で、日本を代表する選手がガッツポーズをすることが良いことのようには思えません。

ただスポーツだからガッツポーズをしても良いか?と言えば、そうでもなかったりします。
学生スポーツの中には、スポーツが教育的な意味を持つことから、ガッツポーズは控えるようにする方向で開催されているものもあります。
ガッツポーズそのものを相手を侮辱する行為と考えられているものもあります。

柔道世界選手権2018を見ていて、面白かったと思ったのは事実です。
その一方で、子供達に指導している立場としては、色々と考えさせられました。

 budo.jpg
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記