【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【保険】介護保険料を巡る判例 #03
2019年09月07日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

さて……二つ目の問題は、今回の訴訟は「市民税を2年より前に遡って減額したものの、「料」の時効は2年であるという解釈により、2年より以前の介護保険料は変更されなかった」ために起き、裁判では市民税を算定基礎としているということから、市民税の遡及期間である5年まで遡って減額するという判決が出ました。
この判決をそのまま理解すると「介護保険料の増減は、市民税の遡及期間である5年前まで遡りなさい」ということになります。
それは減額だけでなく、増額にも当てはまることになるのではないでしょうか?

税務署の調査で、申告漏れが指摘され、遡って税額が増額されるケースは少なくありません(増額と減額では、多分、増額の方が多いでしょう)。
この増額は、当然ですが市民税に影響します。
したがって介護保険料も増額にある……そういう理解で良いのかどうか???
この辺りは判例にハッキリと書いてありませんが、判決の理由が「市民税のデータを算定基礎としているのだから、市民税の遡及期間は再計算すべき」ということであり、これが賦課権の時効とすると、判決に増額について特に(別途)言及されていない以上、介護保険料の増額についても同様にすべきなのでしょう。
どちらかというと、こちらの影響の方が大きいように思うのですが……。

 (続く)

 medical(S).jpg
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記