【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】オフィスの温度設定 #04
2019年10月19日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

温度の話をしたいのですが、前回書いたようにWBGTにおけるリスクは温度と湿度の関係で変わってきます。

 WBGT(ondo-shitsudo).jpg

ということで、とりあえず湿度の話を少しします。
この辺りの話をする時、まず頭に入れておかなければならないのが、日本という国がある位置です。
日本が他の先進国と違うのは、圧倒的に赤道に近いということですが、そこがスッポリと頭から抜けている議論が少なくありません。
その地理的要因が、四季を作っており、それが文化に影響しているのですが、それはそれとして……。

日本という国は、他の先進国(欧米)の真似をするのが好き(憧れがあるのか?)なようで、色々なことを導入しているのですが、それが良いのかどうか?はモノによって差が出ます。
今回の話で言えば、日本という国は亜熱帯地域を含む国で、先進国の中では湿度が高い時期が長い国です(もちろん地域によって差はありますが)。
さて……湿度が人体に与える影響ですが、湿度が40%以下になると人体は「乾燥している」という感じを感じるようになります。
敏感な人は、乾き目や肌の乾燥を感じて、不快な状態になります。
一方で60%を以上になるとカビ等が発生しやすくなります。
人にもよりますが、その影響で気管系に影響が出やすくなります(鼻炎や喘息等)。
その意味では、湿度は50%前後が身体への影響が少なく、範囲としては40%~60%の間を維持することで余分なところにエネルギーを使う必要がなくなります。

 (続く)
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記