【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】病院の再編 #03
2019年12月21日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

ただ……地方には地方の事情があります。
近隣に診療機能を代替できる施設があるという前提であっても、その「近隣」がどれぐらいのものか?
地方に行くと、公共交通機関では暮らしが不便な地域はたくさんあります。
そうなると病院に通うためには、車の運転が必要になります。
高齢者の交通事故が増えているので、免許の返納を進めようとしている一方で、そんな状態がありますから、「近隣」の問題は小さくありません。

また病院の機能が現状であれば救えた生命が、救えなくなることも出てくるでしょう。
ただ病院だけがあっても、その機能は充分に果たせません。
病院に搬送しようとすれば、道路の整備(維持・管理)は必要ですし、そこには老朽化が言われている橋やトンネルもあるでしょう。
それらは病院への移動のためだけでなく、生活のためにも必要なものです。

今回、名指しされた病院が「公立・公的な病院」ですから、その母体は地方自治体です。
そういう母体の病院を再編・統合するとなると、首長や議員に対する反対の声が出ることは間違いないので、なかなか進まないだろうと……。

 medical(S).jpg
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記