【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】オフィスの温度設定 #06
2020年01月18日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

一方で温度が一定以上下がると血管が縮まるため、血流が悪くなります。
となると……当然ですが、脳に行く血液も減るということですから、決して良いことではありません。
また当然ですが、指先の感覚も悪くなりますから、作業効率も下がります。
こちらも実験した結果があるのですが(何でも実験しようとする人いるものだなあ~と思います)、仕事場の温度を20℃から25℃に上げるとタイピングのエラーが40%減少するとのこと【注①】です。
まあ……冬にキーボードのタッチが悪くなることを考えると、当然の結果なのだと思います。

で……この二つを単純に組み合わせると25℃が最も効率よく作業できる温度ということになります。
もちろん前者は日本、後者はアメリカで出た結果ですから、被験者の体格、体力等が同じではありません。
また湿度も違っています。
その意味では、同じ条件下で行われたものではありませんから誤差はあると思いますが、作業をするという意味ではその辺りの温度が効率よく働くことができるということになります。

 (続く)



【注①】
・コーネル大学(Cornell University、アメリカ)の実験
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記